Home >News > ProMED翻訳情報(271回) ~ベトナムの山間地域における狂犬病の現状~

ProMED翻訳情報(271回) ~ベトナムの山間地域における狂犬病の現状~

2014.07.25

RABIES – VIET NAM (03): (YEN BAI), HUMAN, IMPORTED DOG TRADE
************************************************************
Date: 6 Jun 2014   Source: Animals 24-7 [edited]

Closing the Vietnamese border to imports of dogs for human consumption as a rabies control measure may have come 2 years too late for Yen Bai province, high in the ethnic Hmong region of the north. At least 1900 Yen Bai residents were bitten by suspected rabid dogs during the 1st 5 months of 2014. Three people who failed to obtain post-exposure vaccination died. Since suspected rabid bites were reported at nearly 10 times the rate reported in 2012, when 16 people died, Yen Bai health officials braced for the worst.
 狂犬病制御対策の1つとしてヒトが消費する犬の輸入に対するベトナムの国境閉鎖は、北部のモン族が多く居住する地域の中にあるYen Bai省で実施するのに2年間あまり遅れてしまっている。2014年が始まって5ヶ月の間に少なくともYen Baiの住民1900人が狂犬病疑い犬に咬まれた。暴露後ワクチン接種をすることができなかった3人が死亡した。疑い犬による咬傷事故は16人が死んだ2012年の報告数の10倍近い件数が報告されたため、Yen Baiの衛生当局者は最悪の事態に緊張した。

Unknown or at least undocumented in Yen Bai before mid-2012, rabies arrived with a scattered series of outbreaks that also hit 4 other mountainous largely Hmong provinces: Son La, Lai Chau, Dien Bien, and Lao Cai. The 5 provinces are contiguous, but the other 4 lie along the Vietnamese borders with Laos and China and had been hit before by rabies outbreaks spreading with the dog meat trade.
 2012年中盤以前にYen Baiで不明もしくは少なくとも未報告の狂犬病流行が連続して散発した。また、その発生は主に山岳部のモン族の居住する他の4つのSon La省および、Lai Chau省, Dien Bien省, Lao Cai省でも発生した。5つの省は隣接しているが、他の4つの省はラオスおよび中国とのベトナム国境にそって存在し、以前に犬肉の貿易にともなって流行が広がったことがあった。

Lai Chau, for example, on 1 Jul 2009, declared itself afflicted by a rabies epidemic, after at least 4 people died and 500 others sought post-exposure vaccination after being bitten by suspected rabid dogs.
“Due to the high demand for dog meat, many local people transported dogs from Phu Tho and Vinh Phuc provinces,” Lai Chau health department director Nguyen Cong Huan told the Viet Nam News Service. “These dogs then infected the local dogs, leading to the rabies outbreak.” The route from Phu Tho and Vinh Phuc to Lai Chau runs through Yen Bai.
 例えば、Lai Chau省では2009年7月1日に狂犬病の流行に苦しめられたことを公表した。その流行では、少なくとも4人が死亡し、他の500人が狂犬病と思われる犬に咬まれたあと暴露後ワクチン接種を求めている。「犬肉の高い需要のため多くの現地人がPhu Tho省やVinh Phuc省からイヌを運搬しました。」とLai Chau省保健省のNguyen Cong Huan所長はベトナムニュースサービス社に語った。また、「これらの運搬されたイヌが現地のイヌを感染させ、狂犬病流行を起こしたのです。」とも述べた。Phu Tho省やVinh Phuc省からLai ChauへのルートはYen Bai省を通過している。

The Vietnamese, Thai, Laotian, and Cambodian governments on 28 Feb 2014 agreed on plans to intercept traffic in dogs for slaughter along the Vietnamese/Laotian border and the Thai/Laotian border, 2 weeks after the Vietnamese Department of Animal Health on 13 Feb 2014 ordered provincial authorities to enforce a 5-year moratorium on trans-border transport of dogs.
 ベトナムおよび、タイ・ラオス、カンボジアの政府は、ベトナム動物衛生省が2014年2月13日にイヌの国境を超えた輸送に5年間の禁止措置を強化するよう各省の当局に要請した2週間後の2014年2月28日、ベトナムとラオス、タイとラオスの国境にそって食肉処理のためのイヌの運搬を阻止する計画について合意した。

Partially implementing the Association of Southeast Asian Nations strategy for eradicating canine rabies by 2020, the moratorium was reinforced in Viet Nam by a prohibition of movements of dogs and cats across local district boundaries. “The central authorities would like to see a more active rabies vaccination program in the districts but are not offering support funding,” observed ProMED infectious diseases moderator Martin Hugh Jones [See: 20140522.2491932].
 東南アジア諸国連合が2020年までに犬の狂犬病を駆逐するための戦略を部分的に実施しており、地方行政区をまたいでのイヌやネコの移動を禁止することによって、禁止措置はベトナムで再強化された。「中央当局は行政区においてもっと積極的にワクチン接種計画を行って欲しがっていますが、財政的支援はしていません。」とProMEDの感染症モデレータのMartin Hugh Jonesは述べた。(投稿文書番号20140522.2491932を参照のこと)

Soi Dog Foundation chief executive John Dalley told ANIMALS 24-7 that he understood that the US Centers for Disease Control and Prevention is “in advanced talks arranging large supplies of vaccine for the northern region of Viet Nam. I believe the current outbreak is not unusual,” Dalley added. “The rural northern provinces have always had high incidence of rabies but poor reporting and health care.”
 Soi Dog財団の最高責任者John DalleyはANIMALS 24-7に対してアメリカ疾病対策予防センター(CDC)が「あらかじめ、ベトナムの北部地区に大量のワクチン供給を準備中であると詳細に話しました。私は最近の流行は普通に起きていることだと思います。」と述べ、さらに付け加えた。「北部の僻地では日常的に狂犬病の大きな発生が起きていますが、報告は少なく医療も不足しています。」と。

The Soi Dog Foundation has since 2011 housed and fed dogs intercepted from the clandestine Thailand-to-Viet Nam dog meat traffic and is a founding member of the Asia Canine Protection Alliance, along with the Animals Asia Foundation, Change for Animals Foundation, and Humane Society International. Formed in May 2013, ACPA has worked closely with the governments of Viet Nam, Laos, Cambodia, and Thailand in their efforts to restrict the spread of rabies by constricting the dog meat traffic.
 Soi Dog財団は2011年より、タイとベトナム間で秘密裏に行われている犬肉輸送を阻止したイヌ達を収容し餌を与えている。また、Animals Asia財団および、Change for Animals財団、Humane Society International(HSI)と協力してAsia Canine Protection Alliance(ACPA)を設立した。2013年5月に組織されたACPAは狗肉輸送を取り締まることで狂犬病の拡大を防ぐ努力のためベトナムや、ラオス、カンボジア、タイの各政府と緊密に連携して活動している。

A potentially politically difficult question for ACPA and the governments involved is why the Yen Bai outbreak appeared to intensify after the international borders were closed. One answer may be that since the formerly large supply of dogs from Thailand has been cut off, dog meat traffickers are sourcing more dogs from high-risk areas, where little canine vaccination has been done.
 ACPAと政府を含む潜在的政治的難問は、なぜ国境の閉鎖後にYen Baiで流行が拡大したかである。一つの答えは以前タイから大量のイヌの供給が止められた時から、犬肉輸送業者はイヌの狂犬病ワクチン接種がほとんど行われていない非常に危険な地域からより多くのイヌを調達するようになった可能性がある。

“ACPA have recently appointed a full time officer working out of the Animals Asia Foundation office [in Viet Nam] to monitor, amongst other things, where dogs are being sourced and if the ban is being implemented,” said Dalley. “The Thai dogs to our knowledge were all destined for Hanoi,” Dalley added. “Recent reports indicate many dog meat restaurants have closed there. This is being investigated as to reason; could be lack of dogs, change in public opinion or quite likely fear of bad karma.”
 「ACPAは最近、イヌがどこで調達されているのか、禁止措置は実行されているのか、他のことも含めて監視するために(ベトナムにある)Animals Asia財団から出向してフルタイムで働ける役人を任命しました。私達の知識ではタイのイヌの到着地はハノイ市でした。」とDally氏は述べ、以下のように付け加えた。「最近の報告は、ハノイ市では多くの犬肉を供する食堂は閉鎖されていると示しています。このことは、イヌの不足が、社会の考え方の変化もしくは悪い業(カルマ)へのおそらく強い恐怖に関する理由について調査することにつながっています。」

Said Change for Animals Foundation chief executive Lola Webber: “Based on existing research and using expert knowledge of rabies virus transmission and the workings of the trade, maintaining and/or regulating the dog meat trade is not a viable option if the Association of South East Asian Nations’ rabies control goal is to be met. Given that the dog meat trade involves the only current mass movement of known or suspected rabies-infected dogs, there is a strong argument to stop the cycle of infection by banning this trade entirely. This is in accordance with recommendations and guidelines from the World Health Organization and World Organisation for Animal Health (OIE), which clearly cite “controlling trade in and movement of dogs” as key components for dog rabies control and eventual elimination.
 Change for Animals財団の最高責任者であるLola Webberは以下のように話した。「今行われている研究や狂犬病ウイルス伝達に関する専門家の知識を用いること、貿易の労働に基づいて考えると、犬肉貿易を維持し、且つ(もしくは)管理することは、もし東南アジア諸国連合が狂犬病制御を達成したいなら実行可能な選択肢ではない。犬肉貿易が最近の感染または感染の疑いがあるイヌの集団の動きと関連しているならば、この貿易を完全にやめることによる感染環を止めるための強い論拠となる。このことは、イヌ狂犬病の制御と結果としての制圧の鍵となる要素として「貿易の制御とイヌの移動」を明確に引用している世界保健機関(WHO)および世界獣疫事務局(OIE)の推奨と指針と合致する。

Chinese-trained military personnel appear to have popularized dog eating in North Viet Nam during the Viet Nam War years, but – while dog eating was noted in Laos — dog eating was rarely recorded in the memoirs of US soldiers who fought in South Viet Nam and Cambodia. Dog eating as it is now practised in South East Asia appears to have spread mostly since the end of US military involvement in Viet Nam in 1975. This occurred partly through resettlement of ethnic Chinese refugees from Viet Nam after Viet Nam and China fought a border war in the late 1970s, but primarily through increasing Chinese, South Korean, and Vietnamese commerce with nearby nations.
中国の訓練を受けた軍隊の人員が、ベトナム戦争が起きていた数年の間に北ベトナムにおいてイヌを食べることを普及させたと思われる。しかし、ラオスでは犬を食べることが指摘されていたが・・イヌを食べることは南ベトナムおよびカンボジアで戦った米兵の回顧録にもほとんど記録されていなかった。今や東南アジアで慣行されているイヌを食べることは1975年米国軍の関与が終了して以来、主に広がりを見せている。1970年代後半にベトナムと中国が国境戦争をしたあとベトナムからの中華民族の避難民の再定住を通して一部起きた。しかし、そもそもは中国や韓国、ベトナムの隣接した国との交易の増加を通じて起きた。

Medical researcher Heiman Wertheim and colleagues from the National Institute of Infectious & Tropical Diseases and the National Institute of Hygiene & Epidemiology in Hanoi, Viet Nam warned in the 18 Mar 2009 edition of PLoS Medicine that at least 2 recent human rabies fatalities had resulted from the slaughter and preparation of dog and cat meat. “Vietnamese doctors already consider dog slaughtering a risk factor for rabies transmission, but it is important that other health care workers and policy makers, both inside and outside Viet Nam, are aware of this risk factor,” Wertheim wrote.
 ベトナム、ハノイにある国立感染症および熱帯病研究所と国立衛生疫学研究所の医学研究者であるHeiman Wertheim氏とその仲間は最近少なくとの二人がイヌ・ネコの屠殺や犬肉と猫肉の調理の結果狂犬病で死亡しているとPLoS Medicineの2009年3月18日号で警鐘を鳴らした。その中で「ベトナムの医師はすでにイヌの屠殺が狂犬病伝播の危険因子になっていると考えているが、ベトナム内外両方の他の健康管理従事者や施策立案者がこの危険因子に気づいていることが重要である」と書いた。

communicated by: Merritt Clifton   Animals 24-7  Merritt Clifton  Animals 24-7

[This is an admirable review of the current situation by Merritt, and the situation seems likely to continue. If you check out the map of Viet Nam (see:

PageTop