Home >News > ProMED翻訳情報(273回) ~バリ島における狂犬病対策の現状~

ProMED翻訳情報(273回) ~バリ島における狂犬病対策の現状~

2014.08.13

RABIES – INDONESIA (07): (BALI) CANINE
**************************************
[1]
Date: Mon 23 Jun 2014  Source: The Jakarta Post, Bali Daily [edited]

The Bali Husbandry and Animal Health Agency had found 7 rabid dogs in 5 regencies by mid-June [2014]. The 5 regencies are Jembrana, Bangli, Buleleng, Klungkung, and Karangasem.
Head of the agency, I Ketut Gede Nata Kusuma, said in May [2014] that 9 canines had been infected by rabies. During the January-June 2014 period, the office checked 86 samples and found 46 dogs had tested positive, with Buleleng regency topping the list with 12 cases.
 バリ畜産動物衛生局は2014年6月中旬までに5つの行政区で7頭の狂犬病のイヌを発見した。5つの行政区はジェンブラナ県、バンリ県、ブレレン県、クルンクン県、カランガスム県である。当局の局長I Ketut Gede Nata Kusumaは9頭の犬が狂犬病に感染していた、と5月(2014年)に述べた。2014年1月から6月の期間当局は86件の材料を検査し46頭の犬が狂犬病陽性だったことを見つけた。うち、ブルレン県はリストのうち12事例と抜きん出ていた。

Nata Kusuma said Bali would be struggling to end rabies on the island by 2020. Early this year [2014], the provincial administration launched the 5th phase of its mass rabies vaccination program, targeting 350 000 dogs.
 Nata Kusuma氏はバリは2020年までに島内の狂犬病を終わらせるよう奮闘している、と述べた。本年(2014年)の初頭、バリ州行政当局は35万頭を対象とした狂犬病ワクチンの集団接種計画の第5期を開始した。

Bali is confronting a skyrocketing birth rate among stray dogs, with an increase of 2.5 million per year scattered throughout the island. [This is not correct — see below. – Mod.JW]
Since a rabies outbreak hit the island in 2008, there has been greater public awareness of how to responsibly care for dogs and how to deal with dog bites. Rabies on the island has so far claimed 146 lives.
 バリは島内のあちこちで年間250万頭も増えているという、放浪犬の中で飛躍的に増加する出生率に直面している。(これは正しくない・・以下を参照のこと-モデレータより)
2008年に島内で狂犬病の流行が始まって以降、いかに責任を持ってイヌを飼育するか、またイヌの咬傷事故をどう取り扱うかについての国民の認識が非常に高まっている。バリ島ではこれまでに146人が狂犬病で命を落としている。

Communicated by Dr Lisa Warden   Director, DOGSTOP

******
[2]
Date: Tue 24 Jun 2014  From: Merritt Clifton [edited]

Dr Lisa Warden, Director, DOGSTOP, questioned: “….the dog population on Bali is growing by “2.5 million dogs per year.”
The maximum carrying capacity of Bali for dogs is about 400 000 max. At any given time it is probably about 300 000. However, there is a very high birth rate and high rate of turnover, between culling and road kills.
 DOGSTOP理事長のLisa Warden博士が疑念を唱えた:「バリのイヌが年間250万頭増加している…」について。バリにおけるイヌの最大扶養数は、最大で約40万頭である。いかなる季節にあってもおそらく30万頭程度だろう。しかし、処分や道路上の死(交通事故死)の傍らで、非常に高い出生率であり、非常に高い世代交代比である。

Back when the rabies outbreak began in 2008, I had just done some dog censusing in Bali and told everyone concerned that the dog population in need of vaccination would be in the 300 000 to 400 000 range. All the officials, though, kept insisting on implausibly high numbers, and insisting that vaccination couldn’t be done without killing huge numbers of dogs first. After that got them nowhere for 2 years, Janice Girardi of the Bali Animal Welfare Association [BAWA] vaccinated 275,000 dogs in 2010-2011 and nearly eradicated rabies. This was her report to me on 21 Aug 2011:
 狂犬病の流行が島内で始まった2008年に戻ると、私はバリの中でまさにいくつかのイヌの頭数調査を行ない、ワクチン接種が必要なイヌの頭数は30万頭から40万頭であろうと全ての関係者に話した。しかし、全ての当局者は信じがたいほど大量の頭数を主張し続け、また、先に大量のイヌを殺処分しないでワクチン接種は行なえないと主張し続けた。無駄な2年間のあと、バリ動物福祉協会(BAWA)のJanice Girardi氏が2010年から2011年の間に27万5千頭のイヌにワクチン接種を行ない、狂犬病をほぼ根絶した。このことは2011年8月11日の彼女の私への報告だった。

“As a very quick update, BAWA finished the vaccination phase one program the end of March [2011] (on budget and on time). We vaccinated 275 000 dogs total under BAWA management. This includes re vaccinating a portion of Gianyar in April and May this year [2011]. We estimate 310 000 dogs in Bali (keep in mind 150 000 were culled before our program started) which is 1 dog to 12.5 or so humans. The Government is continuing the program with some support from the FAO. They are continuing to vaccinate dogs throughout the island. They are also continuing to cull dogs, which is not good news as of course this will immediately lead to a loss of herd immunity.”
 「非常に迅速な最新情報として、BAWAは3月末(2011年)に第一期のワクチン接種計画を終了しました(予算および時期上)。私たちはBAWAの管理下で計27万5千頭のイヌにワクチン接種を行ないました。この中にはこの年(2011年)の4月と5月にギャニャール県の一部へのワクチン再接種が含まれます。私たちはバリ島内に31万頭のイヌがいると推定しています。(私たちの計画が始まる前に15万頭のイヌが処分されたことに留意してください。)この推定値はほぼ12.5人にイヌ1頭がいることになります。政府はFAOからの幾らかの援助を受けて計画を継続しています。政府は島内全部のイヌにワクチン接種を行なうことを継続しているのです。政府はまたイヌの淘汰も続けていますが、もちろんこれは即座にイヌの集団免疫を失うことにつながるのですから、悪いニュースです。」

The government, however, badly botched the program, and rabies reappeared. Now we are seeing the absurdly high numbers again. This might be because using absurdly high numbers provides an excuse for failure. Whatever numbers they fling around, though, the carrying capacity for dogs on Bali is under 400 000. There are not the food resources to sustain more (or even that many — the 310 000 Janice projected is probably right on the nose.)
 しかし、政府は愚かにも計画をしくじり狂犬病は再び現れた。今や私たちは再びお話にならないくらい狂犬病の高い発生数に遭遇している。そして政府は、お話にならないくらい多くの発生数を失敗の言い訳にしている。しかし、どの様な数字が飛び交っていても、バリにおけるイヌの扶養能力は40万頭以下である。より多く補給できる食料源もない(あるいはその数でさえ多い…Janice氏が推定した31万頭は多分ぴったり正確だろう。)

Merritt Clifton  Editor   POB 101, Greenbank, WA 98253 USA

[Many thanks to Merritt for this clarification, which makes a great deal of sense and matches the 350 000 target for vaccination by the provincial administration.
Merritt氏の明快な説明に深謝する。このことは大変道理にかなっており、州の行政当局によるワクチン接種数35万頭の目標と一致する。

PageTop