Home >News > ProMED翻訳情報(275回) ~ウズベキスタンで発生した大規模狂犬病に関する情報~

ProMED翻訳情報(275回) ~ウズベキスタンで発生した大規模狂犬病に関する情報~

2014.08.13

RABIES, ANIMAL – UZBEKISTAN: (JIZZAKH) CANINE, LIVESTOCK, REQUEST FOR INFORMATION
*********************************************************************************

Date: Tue 4 Mar 2014  Source: UZ News [summ., edited]

Jizzakh [province] doctors have been making house calls in the province telling parents not to let their children outside, while other medical personnel have been seen shooting the infected animals.
 ジザフ[州]の医者は、他の医療関係者が感染動物を射殺するのを見ている間に往診をして、そこの親に彼らの子供たちを外に出さないように言っていた。

Mass rabies infections have been observed in at least 2 Jizzakh districts — Bakhmalsky and Gallyaarsky.
 大規模な狂犬病感染は、ジザフ地区の少なくとも2つの地域 -Bakhmalsky と Gallyaarsky -で確認された。

Local residents told an Uznews.net correspondent that the 1st cases of dogs attacking humans occurred in the village of Saroj in the Gallyaarsky district. The phenomenon then spread to the Bakhmalsky region where a 13-year old girl has been attacked.
 地元住民は、ヒトを攻撃するイヌの第1のケースが、Gallyaarsky地区のSarojの村で生じたとUznews.net特派員に伝えた。その事象はその後、13歳の少女が襲われたBakhmalsky地域に広がった。

Local doctors are confirming that rabies has spread among many animals in the region, including cows and sheep.
 地元の医者は、狂犬病がその地域で、ウシとヒツジを含んだ多くの動物の間に広がったことを確認している。

The local medical services are currently trying to capture and eliminate stray dogs and cats as well as livestock [a photo shows sheep] with signs of rabies.
 地元の医療サービスは現在、狂犬病の徴候を示した家畜[写真はヒツジを示している]と同様に、ノラ犬とノラ猫を捕えて排除しようとしている。

The news has spread to the province’s center, the city of Jizzakh, where some residents have also been warned not to let their children outside.
 ニュースは州の中心部のジザフ都市部に広がり、そこでは何人かの居住者もまた、彼らの子供たちを外へ出さないように警告されていた。

Rabies is known to be endemic in Uzbekistan, but updated information on the incidence of the disease is lacking. Though OIE members are obliged to submit 6-monthly and annual reports on their animal disease (including rabies) situation, no reports have been submitted by Uzbekistan since mid-2008. According to the last 6-monthly report (available at ), covering the period January-June 2008, rabies was present in dogs, cattle and “fauna” (wildlife), no quantitative information provided. The number of dogs vaccinated during the said 6 months was given as 350 700.
 狂犬病は、ウズベキスタンの風土病であることが知られているが、狂犬病の発生頻度についての最新の情報はない。OIEメンバーは、半年ごとおよび年間の(狂犬病を含む)動物の病気状況の報告書の提出が義務付けられているが、ウズベキスタンでは2008年中ごろから全く提出されていない。最後の6か月レポート(それはで利用可能である)によれば、2008年1-6月に、狂犬病はイヌ、ウシ、動物群(野生動物)に存在するが、量的情報は提供されなかった。前述の6か月間で予防注射を受けたイヌの数は、ほぼ350,700頭と伝えられていた。

During previous years, the situation was reportedly similar, dog vaccinations given as 891 212 (2007), 688 985 (2006) and 598 640 (2005). According to the reports, vaccination was also applied in fauna. We would welcome confirmation of wildlife (oral?) vaccination in Uzbekistan, details, and additional information on the rabies situation there, in animals and humans, since July 2008.
 その前の数年間も、イヌのワクチン接種数は、891,212頭(2007)、688,985頭(2006)、598,640頭(2005)で、状況は似通っていた。報告書によれば、ワクチン接種は、野生動物群にも適用された。私たちは、ウズベキスタンにおける野生動物への(経口)ワクチンの確認と詳細、加えて2008年7月以降のそこでのヒトと動物の狂犬病状況の情報を歓迎するだろう。

CDC Health Information for Travelers to Uzbekistan includes the following updated text:
 ウズベキスタンへの旅行者のためのCDCの健康情報は、次の最新のテキストに含んでいる:

“Rabies can be found in dogs, bats, and other mammals in Uzbekistan, so CDC recommends rabies vaccine for the following groups:
– Travelers involved in outdoor and other activities (such as camping, hiking, biking, adventure travel, and caving) that put them at risk for animal bites.
– People who will be working with or around animals (such as veterinarians, wildlife professionals, and researchers).
– People who are taking long trips or moving to Uzbekistan.
– Children, because they tend to play with animals, might not report bites, and are more likely to have animal bites on their head and neck.” – Mod.AS]
 ”ウズベキスタンにおいて、狂犬病はイヌ、コウモリその他の哺乳類で見つかるので、CDCは以下のグループにワクチンを推奨する:
‐動物咬傷のリスクを負う、アウトドアや他の活動(キャンプ、ハイキング、自転車、冒険旅行、洞窟探検)に関与する旅行者。
‐動物と一緒あるいは動物の周りで働いている人々(たとえば獣医師、野生動物専門家および研究者)。
‐ウズベキスタンへ長旅をしているか、引っ越しする人々。
‐子供。なぜなら彼らは動物と遊ぶ傾向があり、咬みつかれても報告しないかもしれないし、動物の咬傷は彼らの頭部や首にありそうだからである。” – Mod.AS]

PageTop