Home >News > ProMED翻訳情報(276回) ~インドで発生した狂犬病による人の死亡事例~

ProMED翻訳情報(276回) ~インドで発生した狂犬病による人の死亡事例~

2014.08.13

RABIES – INDIA (06): (MAHARASHTRA) MORE DEATHS
**********************************************
Date: Fri 27 Jun 2014   Source: The Times of India [edited]

An elderly person and a young boy died of rabies infection at the PMC-run Naidu infectious diseases hospital on Wednesday [25 Jun 2014],taking the death toll in the city [Pune, Maharashtra state] so far to 17. Civic officials said both the victims were bitten by dogs 3 months ago and that they had not taken the anti-rabies vaccines on the
scheduled days.
 高齢者と少年が、2014年6月25日(水)にPMC経営のNaidu伝染病病院で狂犬病感染により死亡し、その都市の死亡者数[Pune県 Maharashtra州]は、17にまで達している。 犠牲者は両者とも3か月前に犬に咬まれたが、抗狂犬病ワクチンをスケジュール通りに接種しなかったと、市の職員は語った。

“65-year-old BK, a resident of Savalgaon in Mulshi taluka [Pune district, Maharashtra], was admitted to Naidu hospital on [24 Jun 2014]. He died at 4:15pm on [25 Jun 2014]. The other victim, 2-and-a-half-year-old SS, a resident of Jalungaon in Satara district[Maharashtra], was admitted at 5:40 pm on [24 Jun 2014]. He died at 12:40 am on [25 Jun 2014],” said S T Pardeshi, medical officer of health (MoH), PMC. Both patients had developed symptoms of rabies like hydrophobia (fear of water) and aerophobia (fear of air) and were extremely breathless at the time of admission.
 Mulshi talukaのSavalgaon[Pune県, Maharashtra州]の住人である65歳の人(BK)は、2014年6月24日にNaidu病院に入院した。彼は2014年6月25日午後4時15分に死亡した。他の犠牲者である2歳半の少年(SS)は、Satara県[Maharashtra州] Jalungaonの住人で2014年6月24日午後5時40分に入院した。彼は2014年6月25日午前12時40分に死亡した。と医療官吏(MoH)のS T Pardeshiは述べた。両患者とも恐水症(水に対する恐怖)及び恐風症(風への恐怖)といった狂犬病の症状を発現して、入院時にはもはや呼吸停止状態であった。

“They had suffered category-III dog bite wounds. As per the medical history produced by victims’ relatives, they had neither taken the anti-rabies vaccination on the scheduled days, nor did they receive rabies immunoglobulin, a ready-made antibody which is extremely effective in deactivating the virus in category III dog-bite injury,”
Pardeshi said.
 ”彼らはカテゴリーⅢレベルの犬噛まれ傷を受けた。犠牲者の親族によって作成された医療記録によると、彼らはスケジュール通りに抗狂犬病ワクチンの接種を受けておらず、カテゴリーⅢの犬噛まれ傷によるウイルスを極めて効果的に失活させる市販抗体である、狂犬病免疫グロブリンも受けていなかったと、Pardeshiは述べた。

As per the World Health Organization, the incubation period for the infection is typically 1-3 months, but may vary from one week to a year. WHO guidelines advise that rabies immunoglobulin (RIG) should be given for all category III exposures, irrespective of the interval between exposure and beginning of treatment.
 世界保健機構によれば、狂犬病の潜伏期間は一般的に1-3ヶ月であるが、1週間から1年まで多様である。WHOのガイドラインは、曝露と処置の開始時期との間隔に関係なく、全てのカテゴリーⅢレベルの暴露に狂犬病免疫グロブリンの投与を勧告している。

[The rabies slaughter of humans continues, aided by tragic non-compliance — whether it is voluntarily or involuntary is unclear. But it is clear that the Public Health Service needs to be much more aggressive.
狂犬病は、人類の殺戮を継続している。故意か故意でないかは明白でないが、悲劇的な法律不順守の助けにより。しかし、公衆衛生医療はより一層の積極性が必要であることは明白である。

PageTop