Home >News > ProMED翻訳情報(277回) ~ジンバブエで発生した狂犬病による子供の死亡事例~

ProMED翻訳情報(277回) ~ジンバブエで発生した狂犬病による子供の死亡事例~

2014.08.20

RABIES – ZIMBABWE (02): (MANICALAND) HUMAN, CANINE
**************************************************
Date: Fri 9 May 2014   Source: Manica Post [edited]

Another child has succumbed to the deadly rabies virus at Rusape General Hospital after being attacked by a rabid dog at her parents’ home in St Theresa, Makoni West [Manicaland Province]. Sources at Rusape General Hospital confirmed the death of CM (2) on Wednesday [7 May 2014] as the rabies-related deaths continue to rise in the district.
 また別の子供が、Makoni West[マニカランド州]のSt Theresaの彼女の両親の家で狂犬病に罹ったイヌに襲われた後、Rusape総合病院で致死性の狂犬病ウイルスによって亡くなった。狂犬病関連の死がその地区で増え続けていて、Rusape総合病院の情報筋は水曜日[2014年5月7日]にCM(2)の死亡を確認した。

The minor was attacked by a rabid dog about a month ago [April 2014] and her condition deteriorated on Sunday [4 May 2014] when her parents rushed her to St Theresa Hospital where she was transferred to the district referral hospital. Apart from being infected with the deadly virus, CM sustained injuries which were treated at St Theresa. Her parents were advised to take her to Rusape General Hospital for rabies vaccines, but did not do so after failing to raise money for the doses. The rabies vaccine costs [USD] 35 per dose.
 未成年者は、約1か月前[2014年4月]に狂犬病に罹ったイヌに襲われ、彼女の状態は彼女の両親が彼女を地区の紹介病院として移されたSt Theresa病院へ急いで連れて行った日曜日[2014年5月4日]に悪化した。致死性のウィルスに感染することとは別に、CMは、St Theresaで治療による損傷を受けていた。彼女の両親は、狂犬病ワクチンのために彼女をRusape総合病院へ連れて行くように助言されたが、接種するためのお金を集めることができなかったためにそうしなかった。狂犬病ワクチンは1回の投与あたり、35[USドル]かかる。

The rabid dog which attacked [the child] is said to be alive and prowling the area, raising rabies scare and serious concerns over the safety of children, who are particularly at higher risk because of their proximity to pets.
 [その子どもを]襲った狂犬病のイヌは生きていて、その地域をうろついていて、狂犬病の不安を増大させ、特にペットの近くにいるため、より大きな危険がある子供たちの安全に対する重大な懸念である、と言われている。

“She died this morning. She was exhibiting some schizophrenic behaviour prior to her death. The condition could not be reversed as the rabies had taken long before being treated and was already manifesting,” said a source at the hospital. A relative [of the child] who refused to be named blamed St Theresa medical staff for the death of the child. “When she was bitten by the dog, her parents took her to the local hospital where the nurses just treated the wound and told the parents to look for [USD] 80 to take her to the veterinary department for tests to determine whether or not the dog had rabies.
 ”彼女は今朝亡くなった。彼女は、死の前に少し統合失調症患者のふるまいを示していた。狂犬病が治療される前に長い時間がかかっていて、すでに狂犬病の症状を現していたので、症状を回復させることはできなかった。” 病院の情報筋はそう述べた。名前を明らかにされることを拒否した[子供の]身内は、子供の死についてSt Theresaの医療スタッフを非難した。” 彼女がイヌに咬まれた時、彼女の両親は彼女を地方の病院に連れて行った。その病院では、看護師がただ傷の治療をして、イヌが狂犬病を持っていたかどうか検査するのに獣医部門に連れて行くために80[米ドル]を用意するように言った。

“This scared off her poor parents who opted to stay with her home, yet the correct procedure was to refer the minor to Rusape General Hospital for rabies treatment. They must have assigned an ambulance to transfer her to Rusape because rabies can only be treated within 24 hours,” said the source.
 ”これは、彼女の貧しい両親をおびえさせ、彼女を家においておくことを選択した。それでも正しい手順は、狂犬病治療のためにその未成年者をRusape総合病院に紹介することだった。狂犬病は24時間以内に治療されるしかないので、彼らは彼女をRusapeに移すために救急車を割り当てたに違いない。” 情報筋は言った。

The incident came barely a month after 6 pupils from Chigudu Primary School (Chiendambuya) were bitten by rabid dogs prowling the area. The worst attacked victim was a Grade Zero pupil. The victim was admitted at Rusape General Hospital for several days and had his face stitched.
 その事件は、Chigudu小学校(Chiendambuya)の6人の生徒が地域をうろついていた狂犬病のイヌに咬まれた1ヶ月後起こった。最もひどく襲われた犠牲者は、1年生にもならない生徒だった。その犠牲者は、Rusape総合病院への数日間の入院を認められ、顔を縫ってもらった。

Poor implementation of licensing and vaccination of pets are the main reasons for the menace, which need to be addressed immediately. In situations where the owner refuses, the community contacts local law enforcement officials amid consensus that one need not make choices between human life and animal rights when it comes to stray dogs.
 ペットの認可とワクチン接種が十分に行われていないことが、脅威の主な理由である。それらをすぐに取り組む必要がある。飼主が拒絶する状況では、ノラ犬に関してはヒトの命と動物の権利のどちらかを選択するかを考える必要がないという総意の中で、地域社会は、地元の法施行当局者に連絡を取っている。

Makoni District Medical Officer, Dr Alfred Kumbirai, confirmed the incident and said all victims were treated and discharged. Dr Kumbirai could not take further questions, saying he was on leave. He referred The Manica Post to hospital medical superintendent Dr Tembo, who was not readily available for comment. The Makoni District Veterinary Officer Dr Edwin Kupahwana is on record encouraging the community to eliminate all suspected rabid dogs as they were a danger to the community, especially children.
 Makoni地区医療事務所のAlfred Kumbirai博士は、事件を確認して、すべての被害者が治療されて退院したと述べた。Kumbirai博士は休暇中だったと言って、さらなる質問を受けることができなかった。彼はManica Postに病院長であるTembo博士を紹介したが、すぐにコメントを得ることはできなかった。Makoni地区獣医事務所のEdwin Kupahwana博士は、地域社会にとって特に子供に危険なので、狂犬病が疑わしいイヌを排除することを地域社会に公式に奨励している。

Rabid animals lose their fear of humans and wander into human dwellings.
狂犬病にかかった動物は、彼らのヒトへの恐れを失い、ヒトの住居をうろつく。

[Sometimes we get too used to the numbers and fail to see the human tragedy embedded in them. If treatment with immunoglobulin and vaccine had been initiated soon after this child was attacked, she would be alive and thriving. With family poverty and a weak infrastructure she was condemned to die and in pain from the moment she was bitten.
 [時々私たちは、その数にあまりにも慣れてしまって、それらに埋め込まれているヒトの悲劇を気にしなくなる。もしこの子供が襲われた後に免疫グロブリンとワクチンによる治療がすぐに始められていたら、彼女は生きていて育っていたことだろう。家族の貧困と弱い社会的生産基盤によって、彼女は咬まれた瞬間から死ぬことと苦痛を余儀なくされた。

Rabies is a countrywide problem in Zimbabwe and has been so for some years. There are no hard numbers latterly; OIE merely reported “+” for human cases and deaths from 2009 to 2012; 2008 and 2013 were blank.
狂犬病はジンバブエの全国的な問題で、ここ数年にわたってもそうである。最近信頼できる数字は出ていない;OIEはただ単に、2009年から2012年までのヒトの症例と死亡者を”プラス(有る)”と報告し、そして2008年と2013年は空白である。

PageTop