Home >News > ProMED翻訳情報(279回) ~カリフォルニア州のスカンク狂犬病の現状~

ProMED翻訳情報(279回) ~カリフォルニア州のスカンク狂犬病の現状~

2014.08.20

RABIES – USA (08): (CALIFORNIA) SKUNK, COMMENT
**********************************************
Date: Tue 8 Jul 2014   From: Tony Arnold

I was surprised to see that the moderator’s comments on the California skunk case [Rabies – USA (06): (CA) skunk 20140708.2592158] excluded Pennsylvania from common skunk rabies regions. If one visits the Pennsylvania Department of Agriculture’s website, they will note that from the period 1988 to 2011 (the only period for which we have published county-by-county numerical data), skunks were almost invariably the 2nd most common rabies vector after raccoons, often numbering 50, 60, or even over 70 cases per year:
.
 私はカリフォルニア州のスカンク事例について、スカンク狂犬病が多く発生している地域からペンシルバニア州を除外したモデレーターのコメントを見て驚いた。(Rabies – USA (06): (CA) skunk 20140708.2592158)もしどなたかがペンシルバニア州の農業省のウェブサイトを見れば、1988年から2011年までの期間に(我々が州ごとの数値データを公刊したわずかな期間だが)スカンクは常にアライグマにつぐ2番目に多く見られる狂犬病の伝播動物であり、年間たびたび50例とか60例、70例以上さえも数えられているのに気が付くであろう。

It is extremely common in our state, and I am willing to wager the relative prevalence of this vector extends to several of our border states.
そのことは我々の州においてはきわめて普通のことであり、私はこの伝播動物の相対的分布が自分たちに隣接するいくつかの州にまで広がることは間違いないと思っている。

Tony Arnold
Administrative Officer 2
Pennsylvania Department of Agriculture
Bureau of Animal Health & Diagnostic Services
2301 North Cameron Street
Harrisburg, Pennsylvania 17110
トニー アーノルド
行政職員2 ペンシルバニア州農業省
動物衛生及び診断部

PageTop