Home >News > ProMED翻訳情報(281回) ~インドで発生した犬からの狂犬病感染による人の死亡事例~

ProMED翻訳情報(281回) ~インドで発生した犬からの狂犬病感染による人の死亡事例~

2014.08.20

RABIES – INDIA (04): (MAHARASHTRA), HUMAN, DOG BITE
****************************************************
Date: 22 Jun 2014  Source: Times of India [edited]

A 45-year-old woman succumbed to rabies at the civic-run Naidu Infectious Diseases Hospital on Friday [20 Jun 2014], taking the fatal infection’s death toll in the city to 15 this year [2014].
 45歳の女性が、2014年6月20日金曜日に市立 Naidu感染症病院において狂犬病で死亡した。本年度(2014)に、その市では15人が致命的な感染症により亡くなっている。

Civic officials said the woman was bitten by a dog one-and-a-half months ago and had not taken anti-rabies vaccines on the scheduled days. The deceased was a resident of Priyadarshininagar in old Sangvi.”She was admitted to Naidu Hospital when her health condition deteriorated,” said S T Pardeshi, medical officer of health (MoH),Pune Municipal Corporation (PMC). She developed mild fever and breathlessness before she was admitted to Naidu Hospital at 1 am on 20 Jun 2014. “She had developed symptoms of rabies like hydrophobia (fear of water), aerophobia (fear of air), and fear of light and was extremely breathless at the time of admission. She succumbed to the rabies infection at 11.55 pm on 20 Jun 2014,” a doctor said.
 その女性は一月半前にイヌに噛まれたが、抗狂犬病ワクチンを予定通りに受けることはなかったと市職員は述べた。死亡者はold SangviのPriyadarshininagarの住人であった。彼女は健康状態が悪化してからNaidu病院に入院したとPune 自治法人(PMC)の医務技官(MoH)であるS T Pardeshiは述べた。2014年6月20日午前1時のNaidu病院の入院前の時点で彼女は軽度の発熱と息切れを呈していた。彼女の入院時には、狂犬病の特徴を示す恐水症(水に対する恐怖)、恐風症(風に対する恐怖)、光りに対する恐れと極度の息切れを示した。彼女は狂犬病の感染により2014年6月20日午後11時55分に亡くなったと医師は述べた。

“It was a category-III dog bite wound [category III is defined as:”single or multiple transdermal bites or scratches, contamination of mucous membrane with saliva from licks; exposure to bat bites or scratches” – Mod.MPP].
As per the medical history produced by the victim’s relatives, she had not taken the anti-rabies vaccination on the scheduled days. She was not administered rabies immunoglobulin, a readymade antibody which is extremely effective in deactivating the virus in category III dog-bite injury,” the doctor added.
 「それはカテゴリーⅢのイヌ咬傷であった。[カテゴリーⅢは以下のように定義される:1カ所または複数カ所の経皮性咬傷または擦過傷、なめることによる粘膜への唾液の汚染、コウモリの咬傷または擦過傷による曝露 – Mod.MPP] 患者の親類により提示された病歴によると、彼女は抗狂犬病ワクチンを予定通りに受けることはなかった。彼女は、カテゴリーⅢイヌ咬傷事例におけるウイルス失活に非常に有効である市販の狂犬病免疫グロブリンを接種されていなかった。」と医師は加えた。

Patients are usually injected with a fast-acting ready made antibody,rabies immunoglobulin (RI), near the wound to deactivate the rabies virus. The ready made antibodies are given for immediate protection because the vaccine generally takes 14 days to produce antibodies. As per the World Health Organization, the incubation period for the infection is typically 1-3 months, but may vary from one week to one year. WHO guidelines advise that rabies immunoglobulin (RIG) should be given for all category III exposures, irrespective of the interval between exposure and beginning of treatment.
 一般的に患者は、狂犬病ウイルスの失活の為に、即効性の市販の抗体である狂犬病免疫グロブリン(RI)を、受傷部位の近くに接種される。ワクチンは一般に抗体の産生に14日間を要するため、市販の抗体により即効性の防御を与える。WHOによると、狂犬病の潜伏期間は通常1から3か月間であるが、1週間から1年の間で変動する。WHOガイドラインは、狂犬病免疫グロブリン(RIG)は、曝露と治療開始の間隔とは無関係にすべてのカテゴリーⅢ曝露者に投与されるべきであると勧告してる。

The sooner an effective canine vaccination programme can be initiated,the sooner we will see the end of these unnecessary and tragic human cases. – Mod.MHJ
効果的なイヌのワクチンプログラムがすぐに始められるほど、これらの無益で悲劇的なヒトの事例の終わりを目にすることができるでしょう。

PageTop