Home >News > ProMED翻訳情報(282回) ~カリフォルニアで発見された狂犬病のスカンク~

ProMED翻訳情報(282回) ~カリフォルニアで発見された狂犬病のスカンク~

2014.08.20

RABIES – USA (06): (CALIFORNIA) SKUNK
*************************************
Date: Mon 30 Jun 2014 Source: Southern California Public Radio, Associated Press (AP) report [edited]

For the 1st time in 35 years, a skunk has tested positive for rabies in Los Angeles County [California].
 ロサンゼルス郡(カリフォルニア)において、35年間振りに、一頭のスカンクが狂犬病陽性と診断された。

Long Beach’s health officer Dr. Mitchell Kushner tells the Los Angeles Times Monday [30 Jun 2014] that a woman noticed the skunk behaving erratically in her neighborhood and notified animal control. She said she didn’t touch it.
 ロングビーチの衛生官であるMitchell Kushner医師は、2014年6月30日(月曜日)にロサンゼルスタイムスに、一人の女性が彼女の近辺でおかしな行動をしているスカンクに気付き、動物制御部門に通報したことを語った。彼女はそれにふれてはいないと語った。

Kushner says a state lab is determining how the skunk got the disease, but it may have been bitten by a bat. Bats make up 80 percent of the state’s rabies cases.
 Kushnerは州研究所がスカンクがどのように疾病に感染したのかを検査していると語るが、しかしそれはおそらくコウモリによる咬傷であろう。コウモリは州の狂犬病症例の80パーセントを占める。

It’s the county’s 1st rabid skunk since 1979, but others have been found more recently in central and northern California, including a dead skunk that tested positive in June [2014] in Monterey County.
 それは郡においては1979年以来で初めてのスカンク狂犬病症例であるが、他方では、モントレイ郡において2014年6月に検査陽性となった死亡スカンクを含め、中部と北部カリフォルニアでより最近に見つかっている

Skunks with the disease will appear disoriented and have crusty eyes and noses.
 狂犬病のスカンクは、痂皮性の目と鼻を呈し、混乱して見えるであろう。

[Historically in North America, skunk rabies occurs mainly in 4 geographic regions: (1) southern Ontario and Quebec and upper New York State; (2) the north central United States and the Canadian provinces of Manitoba, Saskatchewan, and Alberta; (3) California; and (4) south central United States (Texas and several adjacent states). Although it cannot be ruled out that the skunk may have become infected by exposure to a rabid bat, the virus variants that circulate in skunks are different from those maintained by bats. It is crucial to conduct phylogenetic studies of this virus to assess the significance of this finding.
北アメリカで歴史的に、スカンク狂犬病は主に4の地域に存在する:(1)南オンタリオとケベックと上部ニューヨーク州。(2)北中部合衆国とカナダのマニトバ州、サスカッチワン州とアルバータ州。(3) カリフォルニア。 (4)南中部合衆国(テキサスといくつかの隣接州)。スカンクは狂犬病のコウモリによる曝露で感染したかもしれないことを除外できないけれど、スカンク内で循環するウイルス変異株は、コウモリにより維持されるそれらと異なる。このウイルスの系統学的解析を行うことが、本知見の意義を評価するために極めて重要である。

PageTop