Home >News > ProMED翻訳情報(283回) ~バリ島での狂犬病対策~

ProMED翻訳情報(283回) ~バリ島での狂犬病対策~

2014.09.05

RABIES – INDONESIA (09): (BALI) CANINE
**************************************
Date: Sat 5 Jul 2014  Source: Animals 24-7 [edited]
日付: 2014年7月5日土曜日

The Bali Animal Welfare Association [BAWA] on [3 Jul 2014] claimed a small victory for vaccinating dogs against rabies and educating the public in Singapadu Tengah village, Gianyar regency, Bali.
 バリ動物愛護協会(BAWA)は2014年7月3日に、犬の狂犬病ワクチン接種とギャニャール県 Singapadu Tengah村の住民への教育においてささやかな勝利宣言を行った。

Responding to a [26 Jun 2014] directive from Bali governor Made Mangku Pastia, public officials “were scheduled to eliminate stray dogs in the village on [30 Jun 2014],” BAWA posted to Facebook. The extermination plan was already in effect 3 days before Pastika spoke. Community leaders were on [23 Jun 2014] sent an “Elimination Schedule for Wild Dogs” by the Technical Implementation Unit of District Livestock Office in Sukawati, BAWA said. Villagers were advised to keep their dogs confined, as any loose dogs would be killed.
 2014年1月26日、バリ知事Made Mangku Pastikaからの指示を受け、公務員により村の野良犬は2014年1月30日に撲滅される予定であった、とBAWAはフェイスブックに投稿していた。駆除計画は3日前にすでに実行されていたとPastikaは話した。2014年1月23日、Sukawatiの地域家畜事務局の技術推進部からコミュニティリーダーたちのもとに”野生犬撲滅計画”が送られていた。BAWAによると、うろついている犬は殺処分されるため、村民たちは飼い犬を繋留するよう助言されたとしている。

“BAWA worked in the banjars [villages] for days prior to the scheduled elimination to ensure village dogs were safe,” the BAWA posting recounted. When animal husbandry officers arrived on [30 Jun 2014], there were few stray dogs and the villagers were not welcoming. In response, the officers offered to vaccinate rather than eliminate any
dogs they netted.
 “村で飼育されている犬を守るために撲滅計画の数日前からBAWAは村で活動を始めた”とBAWAは詳細を投稿した。畜産局員が2014年1月30日に現地到着した時には、ほとんど野良犬はみられず、村人達も歓迎してはいなかった。そのため、職員は捉えた犬を殺処分する代わりにワクチン接種することを提案した。

“We give these officers credit for correctly assessing the situation and adjusting their tactics accordingly,” BAWA said. “Nevertheless, we are told that all regency animal husbandry offices have been advised that it is now okay to kill stray dogs.” Especially damaging to efforts to eradicate rabies in Bali, BAWA noted, is that “Often, eliminations are done during scheduled anti-rabies vaccination activities.” This produces resistance to cooperation with the vaccination drives. 
 “私たちは畜産局員が状況を正しく分析し、それに従って彼らの戦略を調整していることは認める”とBAWAは述べている。“それでも、私たちは、全ての州の畜産局員が野良犬を殺処分することは問題ないと指導されていると知らされた。”特にバリから狂犬病を撲滅する努力に対するダメージは、”しばしば野良犬の殺処分が、予定されていた狂犬病ワクチン接種期間中に行われる。“ことである、とBAWAは指摘している。この方法はワクチン接種活動と相反する。

Reported Ni Komang Erviani of the Bali Daily on [2 Jul 2014], “The Food and Agriculture Organization of the United Nations has questioned the Bali administration’s policy to cull stray dogs.
 2014年7月2日、Bali DailyのNi Komang Ervianiは”国際連合食糧農業機構はバリの野良犬駆除行政方針を疑問視している”と述べている。

“Provincial animal husbandry agency head I Putu Sumantra told Bali Daily that he had been contacted by a FAO official from the Sri Lanka office. ‘They questioned and protested our policy of culling stray dogs,’ Sumantra said. Sumantra hesitated to give more details.
However, he said that FAO had contacted him after reading about the new policy in several media, including The Jakarta Post.”
 州の畜産部局長I Putu SumantraはスリランカのFAO事務局員から連絡を受けたとBali Dailyに話している。“彼らは我々の野良犬を駆除する政策を疑問視し、批判した、とSumantrah氏は述べ、それ以上語る事をためらった。しかしながら、新しい政策がJakarta Postを含め、いくつかの報道機関において公表されたあと、彼はFAOが接触してきたと述べている。”

Sumantra argued, said Erviani, that “The administration had been forced into making the policy after attempts to reduce rabies had stalled.” But what Pastika did was to reinstate the culling policy he 1st instituted in November 2008, when a rabies outbreak was belatedly recognized, nearly 4 months after the 1st rabid bite occurred. The outbreak was then confined to the Ungasan peninsula, where it could have been isolated and quelled by prohibiting commerce in dogs and practicing intensive ring vaccination.
  “行政当局は狂犬病発生数削減の試みが遅延してから、政策を強化することに躍起になっている”と批判したSumantra氏はErviani氏に述べた。しかし、Pastikaが行ったことは、最初の狂犬病発症動物に咬まれた事例からほぼ4ヶ月後、狂犬病の流行が遅れて確認された2008年11月に彼が初めて制定した駆除政策を復活させることであった。
流行は、犬の交易の禁止し、集中的な輪状ワクチン接種を行うことにより、隔離、沈静化することができ、Ungasan 半島のみに限局された。

Instead, the Pastika administration tacitly encouraged freelance dogcatchers who supplied dog meat restaurants on the north side of Bali to collect Ungasan dogs. Typically the dogs were transported across the island by motorcycle, then held for days or even weeks before being killed. Some escaped. Some bit people and other animals
while confined. Within another few months, rabies cases were occurring throughout Bali.
 一方で、Pastika州政府は、Ungasanの犬を捕まえるために、バリ島北部にあるレストランに犬肉を卸すフリーランスの犬捕獲者を暗に奨励していた。一般的に犬は島をバイクで縦断して輸送され、数日から数週間、屠畜されるまで飼育される。そのうちの数頭は逃走した。数頭は捕まっている間に人々や他の動物に噛みついていた。数ヶ月のうちに狂犬病がバリ島全体に広がっていた。

Only after BAWA was allowed to initiate high-volume dog vaccination did the numbers of cases and humane deaths begin to fall, from 82 acknowledged human deaths in 2010 to 23 in 2011, 8 in 2012, and one each in 2013 and 2014.
 (最初に)BAWAが多数の犬へのワクチン接種を始めた直後に症例数と人の致死症例数は減少し始めた。2010年に82例と認められた死者数は2011年には23人、2012年には8人、2013年及び2014年には各々1人になった。

Sumantra told Erviani that about 50 rabid dogs had been found during the 1st 6 months of 2014, but did not acknowledge that as many had been found per month at the height of the outbreak.
 Sumantraは約50匹の狂犬病発症犬が2014年前半期に見つかったとErviani氏に述べていたが、流行の最盛期にはほぼ同数が一ヶ月間当たりに見つかっていた事については認めなかった。

Wrote Erviani, “The uncontrolled population of stray dogs is allegedly leading to the increasing number of rabid dogs. The agency predicted that the stray dog population would increase from approximately 325 000 dogs last year [2013], to around 450 000 to 500 000 stray dogs this year [2014].”
 聞くところによると、野良犬の個体数管理が行き届かない事は狂犬病の犬を増やすことになるとされる。当局は野良犬の頭数が昨年の2013年約325,000頭から、今年2014年は約450,000から500,000頭に増えるであろう。とErvianiは書いている。

Sumantra told Erviani that the Bali government hopes to vaccinate 325 000 dogs again rabies in 2014. “But during the vaccination drive,” Sumantra claimed, “our team realized there were more than 450 000 dogs now, as many stray dogs have been breeding.”
 Sumantra氏は、バリ政府は2014年に325,000頭の犬に再度ワクチン接種を実施したい意向であることをErviani氏に伝えた。”しかしながら、ワクチン接種を推進中に、現在450,000頭以上の犬がいることがわかっており、同数の野良犬が産まれている”とSumantra氏は述べている。

The carrying capacity for dogs in Bali, human population about 4 million, would realistically be about 400 000 at peak. But high-volume culling means that the scavenged food formerly consumed by the dead dogs is available to puppies, ensuring that more litters are born and more puppies from each litter survive to maturity.
 人口400万人のバリ島において飼育可能な犬の頭数は最大約400,000頭が限界だろう。しかしながら、大量駆除は、駆除された犬によって処理されていた残飯などが子犬に行き渡るようになり、より多くの同腹の子犬が生まれ、成犬まで成長する可能性を高めることになる。

With culling accelerating mortality, it is quite possible that Bali — or anywhere that dogs roam freely and live mostly by foraging — could have far more puppy births per year than the actual dog population at any given time.
 駆除による死亡率の上昇と共に、バリ島では犬が自由に歩き回り、そのほとんどが餌をあさって生きているところでは何処も、年当たりで、どの時点で報告された実際の犬頭数よりさらに多くの子犬が生まれることは確実である。

Meanwhile, a “rabies control” strategy that culls large numbers of dogs who have already been vaccinating and ensures continued high-volume reproduction is also a strategy that enables local politicians to keep goonda supporters on the public payroll, killing dogs, allegedly extorting bribes to spare pets, and demonstrating the grip of the parties in power.
 一方で、ワクチン済みの多数の犬を駆除し、多数の繁殖頭数を確実に維持する”狂犬病制御”戦略は、地方の政治家が犯罪グループの支持者に、公共事業、犬の駆除、犬を見逃すための賄賂の強要を行う機会を与え、与党の支配を示す戦略でもある。 

Responsible for rabies control in Denpasar, the Bali capital city, Denpasar Veterinary Agency chief Ketut Diarmita lamented to Luh De Suriyani of the Jakarta Post, “The results of vaccination will be different on paper and in the field. On paper,” Diarmita said, “the vaccine may work effectively for about a year, but in the field, we found samples showing some dogs were only immune for 6 months.”
 バリの首都であるDenpasarにおける狂犬病制御に責任のある、Denpasar獣医局長のKetut Diarmita氏はJakarta PostのLuh De Suriyani氏に”ワクチン接種の結果は論文と現場では異なる。報告ではワクチンがほぼ1年間は効果的に効くとされているが、現場では何頭かは6か月間しか免疫されない例を見つけた”と嘆いていた。

The most common reason for anti-rabies vaccines losing potency is failure to maintain cold storage prior to use, a constant problem in hot climates where electrical grids frequently fail, but Diarmita offered a different explanation. “Dogs must receive the appropriate dosage,” Diarmita said, “but officers in the field often find it difficult to inject dogs,” who run, hide, and bite when they fear they may be killed. In consequence, Diarmita acknowledged, “many dogs were not being immunized.”
 狂犬病ワクチンの効能を失う最も一般的な原因は使用前に冷蔵保存を維持できないことであり、暑い気候で電力供給が頻繁に途切れる場所での日常的な問題であるが、Diarmitaは別の見方をしていた。”犬は適切なワクチン量を接種されるべきですが、現場では犬に注射することが困難な状況がよくみられます。”殺されるかもしれない恐怖を感じた時、犬は逃げたり、隠れたり、咬んだりするため、”その結果、多くの犬はワクチン接種されない。”とDiarmitaは認めていた。

Countered BAWA, “The answer is, keep vaccinating dogs. Make it illegal to throw away litters and adult animals. Make each banjar [village] responsible for its own dogs and for ensuring every dog brought into or born in a banjar is vaccinated. Prohibit giving or selling dogs to the meat trade. Educate and vaccinate. Never eliminate.”
 BAWAは”結局のところ、犬へのワクチン接種を続けることです。幼体や成長した動物を捨てる事を違法にし、各村で地域内の犬に責任をもつこと、また村に持ち込まれたたり、村で生まれた全ての犬にワクチンを接種させることです。肉取引業者に犬を譲ったり、売ったりすることを禁じるべきでしょう。人々への教育と犬へのワクチン接種が鍵であり、駆除は決して行うべきではないのです”と反論している。

[Byline: Merritt Clifton] Communicated by: Merritt Clifton Animals 24-7

While this report has a measure of repetition of what has been reported earlier, it more clearly spells out the importance of involving the local community, in this case BAWA, and why stray-culling is counterproductive. And in this region, stray-culling feeds dogs into the restaurant trade, thereby facilitating the rapid spatial extension of this disease into new areas. – Mod MHJ
 この報告が以前に報告されたことの繰り返し的な対策を含む一方で、現地のコミュニティを関与させる重要性、この場合はBAWAであり、何故野良犬の駆除が逆効果なのかを明確にしている。この地域において野良犬の駆除はレストラン業へ犬を供給することであり、その結果、狂犬病の新たな地域への急速な(空間的)拡大を助長している。

PageTop