Home >News > ProMED翻訳情報(284回) ~ニューヨークで確認された野生動物の狂犬病~

ProMED翻訳情報(284回) ~ニューヨークで確認された野生動物の狂犬病~

2014.09.05

RABIES – USA (12): (NEW YORK) WILDLIFE
**************************************
Date: Wed 23 Jul 2014  Source: CNYCentral.com [edited]

The Onondaga County Health Department has confirmed 3 more cases of wild animals testing positive for rabies from 3 different towns.
 オノンダガ郡衛生局は狂犬病陽性と診断された3つの異なる町から3例以上の野生動物を確認している。

Interim health commissioner Michelle Mignano says that a rabid raccoon was found in the Route 11A area in Nedrow, and 2 rabid bats were found — one in the Town of Manlius and 1 in the Town of Lafayette. That brings the total number of confirmed rabies cases in Onondaga County this year [2014] to 10.
 衛生臨時長官であるMichelle Mignano氏は一頭の狂犬病のアライグマがネドロー町のルート11Aの地域で発見され、また2匹の狂犬病コウモリが、マンリウスの町で1匹、ラファイテの町で1匹、各々見つかったと述べている。このことでこの年(2014年)のオノンダガ郡の狂犬病の確認総数は10頭となっている。

“We are seeing high numbers of animals testing positive for rabies this season [2014], further emphasizing the need to remain vigilant and to never touch or feed wildlife because they may be rabid,” Mignano says. “Rabies is preventable by avoiding close contact to wildlife and domestic pets that you are unfamiliar with.”
 「私たちはこの季節(2014年)に狂犬病陽性と診断された多くの動物を確認しています。(野生動物は)狂犬病かもしれないので、油断をしないでいることと、決して触れたり餌を与えたりしないことが必要だと強く申し上げています。狂犬病は野生動物やあなたが知らないペットとの濃厚な接触を避けることで予防できます。」とMignano氏は話している。
[byline: Ken Chapman]

[In the USA, several wildlife variants of Lyssavirus exist, which circulate in bats, raccoons, skunks, foxes, and coyotes. Transmission
rarely occurs between species, and these “spillover events” generally are not perpetuated in the recipient species.
 アメリカでは野生動物由来の数種類のリッサウイルスの変異株が存在しており、コウモリやアライグマ、スカンク、キツネ、コヨーテの中でそれぞれ循環している。(異なる)動物種間ではめったに伝播は起きないし、これらの「溢出による事象」は一般に受け手側(感染を受けた側)では(感染の循環は)継続しない。

While bat rabies is found throughout the USA, main terrestrial reservoirs differ depending on the geographical location. Raccoon rabies virus variant is present in the eastern United States.
 コウモリの狂犬病はアメリカ全土で見つかっている一方、主な陸棲の病原体保有動物は地理学的な位置によって異なっている。アライグマの狂犬病ウイルス変異株はアメリカ東部に存在している。

It is very important to make sure to keep the vaccination schemes of all dogs and cats in the area up to date and not to approach wildlife with unusual behavior.]
その地域の全てのイヌとネコはワクチン接種計画を最新にしておき、いつもの行動と異なる野生動物に近づかないことは大変重要である。

PageTop