Home >News > ProMED翻訳情報(289回) ~コスタリカの農場で発生した家畜の狂犬病感染~

ProMED翻訳情報(289回) ~コスタリカの農場で発生した家畜の狂犬病感染~

2014.09.20

RABIES – COSTA RICA (02): (SAN JOSE) BOVINE

*******************************************

Date: Thu 31 Jul 2014

Source: Teletica.com [in Spanish, transl., edited]

 

The [Costa Rica] National Animal Health Service (SENASA) has reported an outbreak of bovine rabies in Legua in Aserri [canton, San Jose province] with 5 animals dead. The service has set up the necessary sanitary response and animal quarantine.

 

コスタリカのNational Animal Health Service (SENASA)は、Legua [Aserri, canton, San Jose県]で牛の狂犬病が発生し、5頭が死亡したと伝えた。SENASAは、必要である衛生上の対策と、家畜を隔離する準備をしている。

 

At the same time they have initiated a vampire bat capture with the intention of reducing the local bat population. This animal is the major transmitter of rabies in Costa Rica.

 

同時に、彼らはその地域のコウモリ個体数を減らすことを目的として、吸血コウモリの捕獲を始めた。このコウモリは、コスタリカにおける主要な狂犬病の媒介動物である。

 

The SENASA staff plan to vaccinate the cattle, horses, and dogs on the affected farm and on the neighbouring farms.

 

SENASAのスタッフは、狂犬病が発生した農場およびその周辺の農場の牛、馬、そしてイヌに対してワクチン接種を行うことを計画している。

 

[Vampire bats come out of the woods where they normally live and feed off the wildlife there when someone has the bright idea of harvesting timber. It will be quiet for a period and then the local ranchers will begin to report cattle deaths, such as this. – Mod.MHJ]

誰かがそこから材木を集めようという素晴らしい考えを持ったとき、吸血コウモリは、通常そこで暮らし、野生動物から餌を得ていた森から逃れている。(森が切り開かれた後)しばらくは何事もなかったのだろう。やがて、地域の牧場主が、このような牛の死亡を報告するようになったのだろう。

 

 

PageTop