Home >News > ProMED翻訳情報(292回) ~インドで発生した野良犬からの狂犬病集団暴露~

ProMED翻訳情報(292回) ~インドで発生した野良犬からの狂犬病集団暴露~

2014.10.01

RABIES – INDIA (09): (GOA) CANINE, HUMAN EXPOSURE

*************************************************

Date: Mon 18 Aug 2014  Source: NDTV, Press Trust of India report [edited]

 

At least 25 people were bitten by a rabies-infected dog at South Goa’s Cansaulim village, 30 km [18.6 mi] from [Panaji] following which they were hospitalised, sources said today [18 Aug 2014]. The incident occurred last evening [17 Aug 2014] when the stray dog went on a rampage, biting passers-by. The canine was later killed by villagers.

 

関係筋の話では、本日(2014年8月18日)、少なくとも25人の人々が、Panajiから30㎞[18.6マイル]離れたゴア州南部のCansaulim村において狂犬病に感染した犬に咬まれ、治療を受けた。この事件は前日(2014年8月17日)の夜に起こり、野良犬が狂躁状態となり、通行人に咬みついた。その犬は、後で村人に殺された。

Sources in Goa Medical College (GMC) said that 15 people were administered anti-rabies injection in their hospital while rest were treated at cottage hospital Chicalim and Hospicio hospital at Margao.

 

Goa Medical College (GMC)の関係筋によると、15人が大学の病院で抗狂犬病のための注射を受け、残りの人々はChicalimにある診療所とMargaoのHospicio病院で治療を受けている。

 

[There has not been time for the results from any canine brain pathology, so we can presume that there was a logical presumption of canine rabies. – Mod.MHJ]

 

犬の脳の病理像から結果を判断するには時間がないため、我々ができることは、犬の狂犬病だという筋の通った推定をすることである。

PageTop