Home >News > ProMED翻訳情報(293回) ~ガーナで発生した猫からの狂犬病感染による子供の死亡事例~

ProMED翻訳情報(293回) ~ガーナで発生した猫からの狂犬病感染による子供の死亡事例~

2014.10.01

RABIES – GHANA: (ASHANTI) HUMAN, FELINE
***************************************

Date: Thu 14 Aug 2014  Source: GhanaWeb [edited]

 

Reports reveal that rabies is suddenly terminating the lives of children in the Ashanti region [Ghana]. Joy News’ Seth Kwame Boateng, who reported from the isolation ward of the Komfo Anokye Teaching Hospital (KATH) in the region, said a 10-year-old boy died Tuesday [12 Aug 2014] from rabies. Some other cases have been recorded earlier.

Ashanti区(ガーナ)で狂犬病により子供達の生命が突如として奪われていることが報告により明らかになった。同地域にあるKomfo Anokye教育病院(KATH)の隔離病棟から報告した、JoyニュースのSeth Kwame Boatengは10歳の男の子が狂犬病により火曜日(2014年8月12日)に亡くなったと述べている。幾つかの他の症例はこれより以前から報告されていた。
Kwame Boateng further narrated how he saw the lifeless body of the boy lying on a bed with his hands and legs tied up. The body was later wrapped in a bed sheet to be conveyed to the morgue. A doctor, Edward Addo, who attended to him, said, “We had a hard time keeping him calm; we had to isolate him because he could even bite somebody which could spread the infection.”

Kwame Boatengはさらに、ベッドに横たわった男の子の遺体が手足を保定されていた様子を説明した。その後、死体保管所に運ぶため、遺体はベッドシーツにくるまれた。男の子を診ていたEdward Addo医師は、『彼を安静に保つのは大変でした。彼が他の誰かを咬んで感染を拡げる恐れがあり、私たちは彼を隔離しなければなりませんでした。』
All attempts to treat the rabies proved futile.
狂犬病に対する全ての治療が失敗だったと証明された。

 

Meanwhile, it was not the usual rabies from a dog bite which killed him, but from a ‘street’ cat, as doctors described it. Dr. Addo said the deceased acquired the disease through scratches from the cat he came into contact with while on his way to a church service with his dad. According to reports, the deceased picked up the cat, suspected to be suffering from the rabies, and after a while, it scratched parts of his body, thereby acquiring the disease. The doctor explained that the boy never told his parents until symptoms of the disease began to show on him and eventually opened up.
一方、医師の説明によると、その男の子を死なせたのは犬の咬傷による通常の狂犬病ではなく、野良猫によるものであった。Dr.Addoは、亡くなった男の子は父親と教会の奉仕活動に向かう途中、遭遇したその猫に引っ掻かれて狂犬病に感染したと述べている。報告によると、その男の子は狂犬病に罹患していたと考えられる猫を拾い上げ、しばらくしてその猫は男の子の体を数カ所引っ掻き、それにより狂犬病に罹ったとしている。医師は、男の子は症状が出るまで両親には何も話さず、結局発症したと説明した。
Veterinary officials in the region have warned that the spate of deaths from rabies was alarming. Regional Director of Veterinary Services in the Ashanti region, Dr. Kofi Kwansah-Filson, feared many people could die from the disease if funds were not released for the mass vaccination of dogs and cats. He said the situation was alarming
because “we are not vaccinating many more pets as we used to do 10-15 years ago. Even the human deaths are very alarming.”
地域の獣医局は多数の狂犬病による死者は恐怖を抱かせたと警告している。Ashanti区の獣医局 地域局長であるKofi Kwansah-Filson博士は犬や猫への大規模ワクチン接種に対する基金が拠出されなければ多くの人が狂犬病で亡くなる可能性があると心配していた。彼によると、『10-15年前にかつて行っていた多数のペットへのワクチン接種は現在行っておらず、人の死亡例も大変恐怖を抱かせる』ため、憂慮すべき状況であるとしている。
Rabies as defined is a viral disease that causes acute inflammation of the brain in humans and other warm-blooded animals. The time period between contracting the disease and the start of symptoms is usually 1 to 3 months. It could also vary from less than one week to more than one year. The time is dependent on the distance the virus must travel to reach the central nervous system. Early symptoms may include fever and tingling, followed by violent movements, uncontrolled excitement, and fear of water or an inability to move parts of the body and confusion followed by loss of consciousness. In both cases, once symptoms appear, it always results in death.
狂犬病はウイルス性疾患であり、人及び他の温血動物に急性脳炎を起こす。感染してから発症するまでの期間は通常1-3か月であるが、1週間以内から1年間以上と様々である。潜伏期間は、ウイルスが中枢神経系に到達するまでの距離に依存している。初期症状には熱やうずくような痛みも含まれ、続いて激しい動きや、制御不能な興奮性、水に対する恐怖感が起こる。あるいは体が動かなくなり混乱、さらに意識が喪失する。どちらの症例にしろ、症状が一端現れると必ず死の転帰を取る。
The disease is spread to humans from another animal, commonly by a bite or scratch. Infected saliva, which comes into contact with any mucous membrane, is also a risk factor. Globally, most cases are the result of a dog bite being the cause in more than 90 per cent of cases in countries where dogs commonly have rabies.
狂犬病は通常咬傷や引っかき傷によって他の動物から人へと拡がる。

感染している動物の唾液が、どの粘膜であれ接触することも危険である。世界的に、犬に狂犬病が存在している国では人の症例の90%以上が犬の咬み傷により引き起こされている。

[Urban rabies usually involves dogs, but cats, as seen here, can get infected. A cat attacked by a rabid dog will usually not survive the attack, which is why cats more commonly suffer from bat rabies … sick bats are wonderful toys for cats and super-attractive. ]
都市型狂犬病は通常犬が関与するが、ここで見られたように猫も(含まれ、)人への感染を起こす可能性がある。狂犬病の犬に襲われた猫は、通常その襲撃から生存出来ないだろう。何故か猫は一般的にコウモリの狂犬病により被害を受ける。発病したコウモリは猫にとって素晴らしいおもちゃであり、とても魅力的なのだ。

 

 

 

PageTop