Home >News > ProMED翻訳情報(294回) ~カリフォルニア州のスカンク狂犬病に関する意見(2題)~

ProMED翻訳情報(294回) ~カリフォルニア州のスカンク狂犬病に関する意見(2題)~

2014.10.09

RABIES – USA (09): (CALIFORNIA) SKUNK, COMMENTS

***********************************************

 

[1]Date: Fri 11 Jul 2014    From: Catherine M. Brown

Re:  Rabies – USA (08): (CA) skunk, comment 20140710.2599631

Rabies – USA (06): (CA) skunk 20140708.2592158

 

I wanted to take the opportunity to comment on these recent postings because it highlights an important epidemiologic nuance about the rabies virus variants that circulate in the United States. While the greatest global burden of rabies is due to the canine strain of the virus, in the United States, the virus variant(s) that you have to deal with depends upon where you live. While it is certainly true that Pennsylvania (as well as the mid-Atlantic and New England states and some of the southeastern states) experiences a great deal of rabies in skunks, they do not have “skunk  rabies”; they do not have the virus variant that is maintained in skunks as the reservoir/host species. A map of the virus variants in the United States is available here <http://www.cdc.gov/rabies/resources/publications/2012-surveillance/reservoirs.html>.

それはアメリカで広がっている狂犬病ウイルス変異株に関する重要な疫学的な微妙な違いを強調するので、私はこれらの最近の投稿に関してコメントする機会が欲しかった。狂犬病の最も大きな世界的な主題は、犬由来のウイルス株によるけれど、アメリカでは対処しなければならないウイルス変異株である。それは、あなたがどこに住んでいるかに依存している。ペンシルバニア(中部大西洋沿岸の州およびニューイングランド州と幾つかの南東部国州と同様に)は多くのスカンクによる狂犬病を経験しているのは確かだが、彼らは“スカンク特有のウイルス”を持っていない。すなわち、彼らは病原体保有種/宿主動物種としてスカンクで維持されているウイルス変異株を持っていない。

 

The distinction about virus variants is an important one for professionals that deal with rabies prevention and control because the epidemiology of the different variants is unique to that variant. I think this can actually be best seen visually using the maps that CDC produces annually and that can be viewed here <http://www.cdc.gov/rabies/resources/publications/index.html> under the 2012 Rabies Surveillance Maps/figures (note: the maps show very similar patterns year-to-year). What is most significant, in my opinion, is that states on the East Coast that have the raccoon variant of the virus, experience significantly more spillover of virus from raccoons into other species (including skunks, dogs, cats and

foxes) than any of the other terrestrial virus variants seen in the US. This is likely due to a combination of factors such as raccoon (and skunk) population densities, raccoon natural history and behavior, human populations and perhaps the virus variant itself.

Understanding the local epidemiology of your rabies virus variant is critical to evidence-based prevention and control.

ウイルス変異株に関する区別は、異なる変異株の疫学はその変異株に特有であるので、狂犬病予防およびコントロールに対処する専門家にとって重要なものである。私はCDCが毎年作成している地図を実際に使って視覚的に見ることができると思う。その地図は、2012年狂犬病サーベイランス地図で、以下のURLで見ることができる(メモ:地図は毎年極めて似たパターンを表している)。

http://www.cdc.gov/rabies/resources/publications/index.html

私の見解として、最も重要なことはアライグマのウイルス変異株の分布している東海岸各州は、米国で見られた他の陸棲動物のウイルス変異株のどれよりもアライグマから他の動物種(スカンク、犬、猫およびキツネを含む)へのウイルスのより多くの漏出を経験していることである。これは、アライグマ(およびスカンク)集団の密度、アライグマの生態、行動、人口、および恐らくウイルス変異株自身などの因子の組合せによるものと思われる。

 

Catherine M. Brown, DVM, MSc, MPH   State Public Health Veterinarian

Massachusetts Department of Public Health State Laboratory Institute

305 South Street  Jamaica Plain , MA 02130

 

[Many thanks to Dr. Catherine Brown for this excellent and informative discussion on the rabies variants. – Mods.PMB/MPP]

[狂犬病変異株に関する、この素晴らしく有益な議論のために、キャサリン・ブラウン博士に多大に感謝する。

 

******

[2]Date: Thu 10 Jul 2014   From: Sukie Crandall <sukie@me.com> [edited]

 

Back ages ago I was a volunteer keeping the Morris Animal Foundation and some domestic ferret organizations updated on rabies policy changes in each state and territory (since all differ) and how they compared to the recommendations of the National Association of State Public Health Veterinarians:

 

かなり昔、私はそれぞれの州と管轄地(すべてが異なるので)で狂犬病政策転換とそれらが州公衆衛生獣医師全国協会の勧告とどのように比較されたかの最新情報を提供したモリス動物財団といくつかの飼育フェレット協会を維持するボランティアであった。

 

(After the CDC finished its work to see how much strains of rabies might differ in a single species) I was in regular communication with numerous State Public Health vets (a friendly and knowledgeable bunch overall) and with some rabies experts at the CDC, including the wonderful Dr. Charles Rupprecht. Back then someone, perhaps CR, perhaps Dr. Faye Sorhage, or maybe someone else, told me that a key to an animal being a wild animal vector for rabies is the ability to survive and function unusually long with the infection. Bats, skunks, and foxes certainly are well documented for doing so, but in New Jersey I was, at that time, surprised to find that the very large local groundhogs also had met the criteria for wild rabies vectors.

(CDCがどれくらいの狂犬病ウイルス株が一つの動物種において異なるかを調べる研究を終えたあと)私は、多数の州公衆衛生獣医師(全般的に好意的で知識の豊富なグループ)および素晴らしいCharles Rupprecht博士を含むCDCの何人かの狂犬病エキスパートと定期的に交流をしていた。当時誰か、ひょっとするとCharles Rupprecht博士、あるいはFaye Sorhage博士、または他の誰かが、狂犬病の野生動物媒介者となる動物の鍵は、感染によって異常に長く生存し機能する能力である、と私に伝えた。コウモリ、スカンクおよびキツネは、そうであることが確かに十分裏付けられているが、ニュージャージーにおいては、多数の地域特有のウッドチャックもまた狂犬病媒介野生動物の基準を満たしたことを知り、私はその時驚いた。

 

The State Public Health vets very often do a grand job of having useful state websites, too, by the way.

ついでながら、州公衆衛生獣医師は、役に立つ州のウェブサイトを作る重要な仕事を頻繁に行っている。

 

Physicians who enjoy good resources will appreciate <http://www.nasphv.org/Documents/RabiesCompendium.pdf> and some of their other compendia.

素晴らしい情報源を享有している医師は、

< http://www.nasphv.org/Documents/RabiesCompendium.pdf >と幾つかの彼らの他の要約に感謝するであろう。

 

Sukie Crandall

 

[Interesting comment. Makes one wonder how often rabid groundhogs would get to bite other animals. – Mod.PMB]

[興味深いコメントである。狂犬病に罹ったマーモットは、どれくらい頻繁に他の動物を咬むようになるだろうか、という一つの疑問がある。

PageTop