Home >News > ProMED翻訳情報(295回) ~アラスカで発見された狂犬病のコウモリ~

ProMED翻訳情報(295回) ~アラスカで発見された狂犬病のコウモリ~

2014.10.09

RABIES – USA (10): (ALASKA) BAT

*******************************

 

Date: Fri 18 Jul 2014   Source: Newsminer.com, Associated Press (AP) report [edited]

 

The state health department said biologists on Prince of Wales Island last Sunday [13 Jul 2014] trapped several Keen’s myotis bats, one of which was acting more aggressively and seemed possibly sick. It was euthanized and tested for rabies. The test came back positive on Thursday [17 Jul 2014].

州保健局は、この前の日曜日[2014年7月13日]にプリンスオブウェールズ島の生物学者が、いくつかのキーンホオヒゲコウモリを罠で捕まえ、その一つが攻撃的になっていて病気に見えると述べた。それは安楽死させられ、狂犬病に関して検査をした。木曜日[2014年7月17日]に陽性と診断された。

 

The 2 prior cases of confirmed rabies in bats in Alaska were in 1993 and 2006, both in Southeast [region].

アラスカにおいて、確定されたコウモリの狂犬病症例は1993年と2006年の2例あり、両方とも南東地域であった。

 

Louisa Castrodale, an epidemiologist with the state, says Alaska doesn’t have a huge bat population. She says it is assumed there is bat rabies in south east Alaska but the extent is not known. She says the department wants to ensure anyone who may have been bitten by a bat doesn’t discount their possible risk of exposure.

州の疫学者のLouisa Castrodaleは、アラスカにはコウモリ個体群は多く存在しないと言っている。彼女は、コウモリの狂犬病が南東アラスカに存在すると思われるが、その範囲は知られていないと言っている。彼女は、当局がコウモリに咬まれたかもしれない人が誰でも曝露の可能性のリスクを軽視しないように望んでいる、と言っている。

 

 

[Keen’s myotis bats, _Myotis keenii_, has one of the most restricted ranges of any temperate vespertilionid bat, being found only in the coastal forests of the Pacific north west, extending as far north as south east Alaska, and reaching as far south as the state of Washington, with the bulk of its range contained in British Columbia.

Keen’s bats may make small scale movements to suitable hibernacula but do not migrate.

[キーンホオヒゲコウモリ、_Myotis keenii_は、温帯性のヒナコウモリ科のコウモリの中でも最も制限された分布域を持つ一種であり、太平洋の北西の海岸林でのみ見つかり、南東アラスカと同じくらいの北まで及び、ワシントン州の南まで到達し、その範囲の大半がブリティッシュコロンビアに含まれている。

キーンコウモリは、適当な越冬場所への小規模な移動をするかもしれないが、別の地域への渡りはしない。

 

Genetic evidence suggests that rabies is an old disease for bats in the New World. Bats from most of the estimated 41 bat species in the United States, when sampled in sufficient numbers, have been found to be infected with rabies virus. Rabies viruses recovered from bats were shown to be distinct from rabies viruses recovered from terrestrial mammals, suggesting that these viruses evolved within their bat hosts. Bat rabies viruses are genetically diverse, exhibiting mutations characteristic to each host bat species.

遺伝学的証拠は、狂犬病が新世界でのコウモリにとっての古い疾病であることを示唆している。十分な数のサンプリングによって、アメリカの推定される41のコウモリ種のほとんどが、狂犬病ウイルスに感染していると分かった。コウモリから検出された狂犬病ウイルスは、これらのウィルスがコウモリ宿主内で進化したことを示唆して、陸棲哺乳類から検出された狂犬病ウイルスとは異なることを示した。コウモリの狂犬病ウイルスは、それぞれの宿主コウモリ種に独特の変異を示しており、遺伝学的に多様である。

 

Transmission rarely occurs between species, and these “spillover events” generally are not perpetuated in the recipient species.

伝播は種族間ではまれにしか起こらず、これらの“漏出事例”は、受け取り側の種においては永続しない。

 

Portions of this comment were extracted from http://cid.oxfordjournals.org/content/35/6/738.short

このコメントの部分は、下記のURLから抜粋された。

http://cid.oxfordjournals.org/content/35/6/738.short

 

 

PageTop