Home >News > ProMED翻訳情報(296回) ~オランダで発症したインドでの咬傷事故による狂犬病感染事例~

ProMED翻訳情報(296回) ~オランダで発症したインドでの咬傷事故による狂犬病感染事例~

2014.10.09

RABIES – NETHERLANDS ex INDIA: (TAMIL NADU), CANINE EXPOSURE, HUMAN

*******************************************************************

Date: 25 Aug 2014   From: Abraham Goorhuis [edited]

 

In the 1st week of June 2014, the patient (female, 35 years) was bitten in her left hand by a stray dog in Chennai, Tamil Nadu, India. The next day, she sought medical attention and received anti-rabies vaccinations, apparently 4 vaccinations in a time span of 2 weeks (proof of vaccination status is lacking). She did not receive human anti rabies immunoglobulins.

2014年6月の第1週、患者(35歳の女性)は、インドのタミールナド州のチェンナイで放浪犬に彼女の左手を咬まれた。その翌日、彼女は治療を求めて抗狂犬病ワクチン接種(を受け、どうやら2週間の間に4回のワクチン接種を受けたらしい(ワクチン接種状況の証拠は不足している)。彼女は、ヒト抗狂犬病免疫グロブリンを受けなかった。

 

On 17 Aug 2014 (approximately 8 weeks after the bite), she developed pain in her left hand that progressed to her left arm and neck. On 21 Aug 2014, she developed hydrophobia, aerophobia and anxious behaviour.

2014年8月17日(咬まれた後およそ8週後)に、彼女は、彼女の左手に痛みを感じ、それは左腕と首に進行した。2014年8月21日、彼女は恐水症、空気恐怖症、不安行動を示すようになった。

 

In the night from 21 to 22 Aug 2014, she was admitted to hospital (Onze Lieve Vrouwe Gasthuis [OLVG], Amsterdam, The Netherlands). On suspicion of clinical rabies, she was transferred to the Academic Medical Center [AMC], Amsterdam, The Netherlands, on 22 Aug 2014.

2014年8月21日から22日の夜、彼女は病院(オランダのアムステルダムのOnze Lieve Vrouwe Gasthuis[OLVG])へ収容された。臨床的に狂犬病の疑いで、彼女は2014年8月22日にオランダアムステルダムのアカデミック・メディカルセンター[AMC]へ移送された。

 

Presence of rabies virus (genotype 1) was confirmed in skin biopsies of the neck, cerebrospinal fluid, and saliva at the Erasmus Medical Center [EMC] in Rotterdam, The Netherlands. She is currently being treated at the intensive care unit of the AMC in Amsterdam.

狂犬病ウイルス(遺伝子型1)の存在は、オランダのロッテルダムのエラスムスメディカルセンター[EMC]で、首の皮膚生検、脳脊髄液、唾液によって確かめられた。彼女は現在、アムステルダムのAMCの集中治療室で治療されている。

 

[Sent on behalf of all involved: (AMC and OLVG, Amsterdam, the Netherlands; EMC, Rotterdam, The Netherlands; National Institute for Public Health and the Environment, Bilthoven, The Netherlands)

[関連したすべての機関を代表して発信する(オランダアムステルダムのAMCとOLVG;オランダロッテルダムのEMC;オランダBilthovenの国立公衆衛生環境研究所)]

 

Abraham Goorhuis, MD  Academic Medical Center,  Amsterdam, The Netherlands

 

[Our thanks to Dr. Goorhuis for this report. Dr. Goorhuis mentioned further that the patient received undocumented vaccinations in India. If she did receive proper vaccinations, there might be a chance that she will survive. – Mod.MHJ

[ この報告についてGoorhuis博士に感謝する。Goorhuis博士はさらに、患者がインドで正式証明書のないワクチン接種を受けたと言及した。彼女が適正な予防接種を受けていたら、彼女が生き残るという可能性があったかもしれない。

 

PageTop