Home >News > ProMED翻訳情報(298回) ~オランダで発生したインドからの輸入狂犬病に関する意見(2題)~

ProMED翻訳情報(298回) ~オランダで発生したインドからの輸入狂犬病に関する意見(2題)~

2014.10.09

RABIES – NETHERLANDS ex INDIA (03): (TAMIL NADU) CANINE, HUMAN, COMMENTS
************************************************************************

[1]Date: Tue 26 Aug 2014  From: Merritt Clifton <Animals24.7@frontier.com> [edited]

Here we go again. This statement has been obsolete for more than a decade, but continues to be repeated and repeated: “How many others in Chennai got bitten by the same dog and how many other dogs were rabid in Chennai will never be known, for want of a case-based surveillance system in India” [ProMED-mail post 20140826.2724516].
またかと思われるでしょう。この記述は10年以上も以前の陳腐化したものですが、未だに何度も繰り返し、繰り返し続いていることなのです。『チェンナイにいるどれだけ多くの人が同じ犬に咬まれたとしても、どれだけチェンナイにいる他の多くの犬が狂犬病であっても、インドには症例に基づく調査システムが無いので、誰も知る事がないだろう。(ProMED-mail post 20140826.2724516)』

In truth, the Central Bureau of Health Intelligence has been conducting such surveillance at government hospitals throughout India since 2003. The Central Bureau of Health Intelligence data collection system does not include private and nonprofit hospitals and clinics, but since only government hospitals are part of the free post-exposure rabies vaccination program and have the facilities to knowingly house persons displaying rabies symptoms, it is unlikely that many rabies cases elude the Central Bureau of Health Intelligence dragnet.
事実、保健情報中央(統計)局は調査を2003年からインド全体を通して公立病院で行っている。保健情報中央(統計)局のデータ集積システムは私立病院や非営利の病院・医院を含んでいないが、公立病院のみが無料狂犬病曝露後ワクチンプログラムに組み込まれており、狂犬病を発症した患者の収容施設をもつ病院として一般的に認識されているため、保健情報中央(統計)局の調査網から漏れる狂犬病件数は多くないと考えられる。

Their 2013 rabies data shows 138 total human deaths (100 male, 38 female), with 57 deaths in West Bengal [state], 21 in Andhra Pradesh [state], 10 in Delhi [state], and only 60 in the entire rest of the nation through 13 Dec 2013.
2013年12月13日時点で、2013年の狂犬病調査では合計138人(男性100人、女性38人)の死亡例が明らかにされており、うち57名が西ベンガル州、21名がアンダーラ プラデシュ州、10名がデリー州、そして60名が全国の他の州である。

“20 000 deaths are unacceptable.” That was what David Semple and William F. Harvey believed when they did the 1st national survey of rabies cases in India in 1911. The figure of 20 000 is projected from their research, has become the foundation for an entire rabies response industry, and has also been repeated ad infinitum for decades, even though it is demonstrably grossly exaggerated. The Central Bureau of Health Intelligence has found between 221 and 361 human rabies deaths per year, nationwide.
『20,000人の死者は受け入れ難い。』この数字は1911年にインドで初めて行われた狂犬病症例数全国調査時にDavid SempleとWilliam F. Harveyが出したものである。20,000人という数字はその時の調査により推定されたものであり、狂犬病関連事業の根拠となって何十年間も際限なく言われ続けているが、明らかに実数を大げさに上回っている。保健情報中央(統計)局は国内での年間狂犬病発生数は221から361人であるとしている。

Details: “Official” Indian human rabies death toll of 20 000 ignored government’s own data and appears to have been based on 101-year-old research.Once the exaggerated numbers are thrown out, and the associated notion that rabies is endemic at all times and in all places throughout India, then targeted vaccination of street dogs should be able to eradicate rabies as effectively there as has already been accomplished here in the US.

詳細: 公的なインドの人狂犬病症例について、政府独自のデータは無視され、101年前の調査に基づいた20,000人とされているようだ。いったん誇張された数字が発表されると、それに伴って狂犬病がインド全域でどこでも常に流行しているというイメージが発生し、野良犬へのワクチン接種がすでに達成されていた米国と同じように狂犬病を根絶するのに効果的であると標的に掲げられてきた。
Mission Rabies is doing just that: Mission Rabies vaccinates 60 000 dogs in 10 Indian cities in 30 days.
ミッションrabiesというプロジェクトがまさにそれを行っている。:ミッションrabiesは10のインド内都市において30日間で60,000頭の犬にワクチン接種している。
Update about Mission Rabies, which has now vaccinated more than 101 000 dogs in just under a year.
ミッションrabiesの最新状況はちょうど1年間で101,000以上もの犬にワクチン接種を行っている。

Merritt Clifton  Editor, Animals24-7.org  POB 101, Greenbank, Washington 98253

******
[2]Date: Wed 27 Aug 2014   From: Nick Honhold <nickhonhold.work@gmail.com> [edited]

Moderator MHJ wrote [in ProMED-mail post 20140826.2724516]: “On the other hand I have long held that any human rabies cases are the responsibility of the veterinary services because canine control of rabies through vaccination is cheap, well-proven, and not complicated. Frankly, in my book, urban rabies control is so straightforward that it is the equivalent of bovine mastitis control in dairy herds; any large animal veterinarian can do the latter, so any public health veterinarian should be able to do the former.” [This was based on my experience in Brazil. MHJ]
モデレーターのMHJ(メディカルヒストリー誌の)はProMED mail 20140826.2724516の投稿でこう記述している。『一方で、私は長い間、人の狂犬病は獣医療に責任があると考えている。何故なら、ワクチン接種による犬の狂犬病制御は安価で、効果が実証され、単純だからである。正直なところ、個人的な見解ではあるが、都市型狂犬病は牛群における乳房炎制御と同じように単純明快なものだ。大動物獣医師のだれもが乳房炎制御を行えるのだから、公衆衛生獣医師のだれもが都市型狂犬病制御を行うことが出来るであろう。』(自身のブラジルにおける経験から、MHJ)

Reluctantly I must disagree with this statement. The control of rabies in owned controlled dogs in urban situations is indeed easy and in situations where this is the predominant form of dog ownership, there is no excuse for urban rabies. However, in many countries, including India, dog populations are much more complicated than this with a mixture of dog types from fully controlled and owned dogs through dogs cared for by the community but not owned to dogs which are truly unowned and uncontrolled. In these situations, it can be very difficult to ensure the required level of population immunity to eliminate rabies. This is made particularly difficult by the very high rate of turnover of the population with very few dogs reaching 4 years old and most dying within the 1st year of life. Control of street dogs is complicated by the fact that many are seen as owned but cannot easily be caught. In some situations, “tie up” campaigns have been used where any dog not tied up on a given day is regarded as unowned and shot. This can work quite well in rural situations, but shooting dogs in urban areas is fraught with difficulties ranging from actually finding the dogs to human casualties. Poisoning (often done with strychnine) has similar safety issues as well as not reaching all dogs. Dogs breed quickly and urban populations recover quickly. Control of urban dog rabies is not simple in many countries.
不本意ながら、自身はこの意見に賛成できない。都会で、飼育管理されている犬の狂犬病制御は実に簡単である。また犬の飼育責任に関する意識のある地域で都市型狂犬病が起こった際、責任は逃れられないだろう。しかしながら、インドを含めた多くの国では、犬の生息状況は複雑であり、完全に制御下に置かれて飼育されているものから、地域で飼育されているもの、さらに完全に野良で無制御下のものがいる。このような状況下では、狂犬病を制御するために必要とされる免疫集団の割合を確保することは極めて困難である。特に、4才になる犬が非常に低く、ほとんどの個体が1年以内で死亡するような世代交代の非常に高い群では、流行を防ぐ事の出来る程度免疫化が難しい。路上犬を制御する事は、多くの犬が捕獲の困難さを除き、飼育犬と同じように見えるので複雑である。時には繋留キャンペーンが行われることもあり、指定された日に繋留されていない犬はどれも野良とみなされ、射殺される。これは地方においてとても上手くいくが、都市で犬を射殺することは犬を見つけることや人を誤射する危険性において困難である。毒殺(よくストリキニーネが用いられる)は、全ての犬に及ばず似たような安全性の問題がある。犬の繁殖は非常に早く、都市の個体数もすぐに元に戻る。都市型の犬の狂犬病を制御することは多くの国において単純な問題ではない。
This does not mean that I advocate widespread human pre-exposure vaccination. I think that simple public health messages of how to deal with a dog bite (e.g., washing with soap and water 1st, and the seeking medical attention) and how to avoid dog bites need to be better promoted as well as making sure that doctors know what they should do.
ただ、私はヒトに対する曝露前のワクチン接種を広めることを支持している訳ではない。私は、犬の咬傷事故にどう対応すればよいか (例:まず、水と石けんで傷口を洗うこと、それから医療処置を受けること)、またどうやって犬に咬まれることを防ぐかの単純明快な公衆衛生メッセージをより促進すること、同時に医師は何を行うべきか確認することだと思う。


Nick Honhold  Edinburgh, Scotland  United Kingdom

[I should point out that Merritt has extensive experience globally, and Nick in Albania, India, Bangladesh, and Nepal. I am very grateful to both of them for their comments and for jumping in when I dragged my moderator coat. It is clear that our successes with eradicating canine rabies in Europe and the Americas were simple in comparison to the problems in Asia. Whether and how oral vaccines might be used, following their successes with wildlife, in domesticated and semi-domesticated dogs has yet to be explored, much less its feasibility epidemiologically and economically. But I stand by my belief that cost effective rabies control is a responsibility of the veterinary profession, and any human case represents a failure. This has been an interesting and instructive discussion, but the primary purpose of ProMED is the informing of events associated with emerging infectious diseases and similar toxic events, not discussion. So this thread is now cut. – Mod.MHJ
Merrittは世界中で、Nickもアルバニア、インド、バングラデシュおよびネパールで各々沢山の経験がある。彼らにコメントを寄せてもらったこと、私の先導時に参加してくれたことに感謝したい。犬の狂犬病をヨーロッパやアメリカで消滅させたことはアジアにおける問題に比べて単純であった。経口ワクチンが使われるのかどうか、どのように使用するのか、野生動物での成功に続き、飼育された、または半飼育状況の犬については、疫学的に、経済的に実現の可能性は低いのだが今後さらなる調査が必要である。しかしながら、私は費用対効果の高い狂犬病制御は獣医療専門家の責任であり、いかなる人の症例はその失敗を意味すると言う自身の意見を通したい。これは興味深く、有益な議論であったが、ProMEDの当初の目的は新興感染症および中毒事例の発生を報じるものであり、議論の場ではない。そのため、この議論もここで終わりとする。

PageTop