Home >News > ProMED翻訳情報(299回) ~ペンシルバニア州で発生したネコからの狂犬病曝露事例~

ProMED翻訳情報(299回) ~ペンシルバニア州で発生したネコからの狂犬病曝露事例~

2014.10.24

RABIES – USA (20): (PENNSYLVANIA) FELINE EXPOSURE

*************************************************

Date: Thu 14 Aug 2014  Source: 69 News [edited]

 

 

A total of 8 people at the Center for Animal Health and Welfare in Williams Township [Northampton County, Pennsylvania] are being vaccinated for rabies after coming into contact with a cat that had the disease at the shelter. Acting shelter manager Dan Roman said the cat was brought in about 2 weeks ago. A woman from Glendon [Northampton County, Pennsylvania] found it in her yard, put it in a container and brought it to the shelter. It was taken to Easton Animal Hospital, where it was determined to have wobbly leg syndrome.

Williams 町 [Northampton 郡, Pennsylvania]にある動物健康福祉センターの合計8名の人々が、その避難所で病気にかかっていたネコとの接触の後に狂犬病のワクチネーションを受けている。避難所マネージャーのDan Romanは、そのネコは約2週間前に持ち込まれたと述べた。Glendon[Northampton 郡, Pennsylvania]の女性が彼女の庭でそれを発見し、コンテナにおさめ、避難所に持ち込んだ。それは、Easton動物病院に持ち込まれ、ここで、不安定な足症候群を呈していると判定された。

 

The cat was returned to the shelter and put into isolation to confirm it didn’t have rabies, which Roman said is normal procedure. After about a week in isolation, the animal was found dead. Testing on the dead animal came back positive for rabies. All 8 people who had contact with the cat at the shelter immediately were contacted.

Some touched the cat, others were bit or scratched by it. Those 8 people were sent to the hospital immediately for rabies shots. They’ve been given 2, and a 3rd will be administered soon. The woman who brought in the cat and 2 staffers at Easton Animal Hospital also were contacted about the rabies confirmation, so they could be vaccinated.

そのネコは避難所にもどされ、それが狂犬病でないことを確認するためウイルス分離に供されたとRomanが述べたことは、正常な手続きである。ウイルス分離における約一週間の後に、その動物の死亡が確認された。死亡動物における試験により、狂犬病陽性と診断された。避難所でそのネコに触れた8名全てにすぐに連絡された。数人はネコにさわり、他は噛まれたり引っかかれたりした。これらの8名は狂犬病の注射のために直ちに病院に送られた。かれらはこれまで2回注射され、3回目はすぐに行われるであろう。ネコを持ち込んだ女性とEaston動物病院の二人の職員も狂犬病確認について連絡され、それによりかれらもワクチンを受けることができた。

 

Roman said no one from the public was in contact with the cat.

“They’ve done everything possible to contain the disease,” said Roman.”The public does not have to worry — other than the fact that the cat came from Glendon and it had rabies out in the open. If you see an animal acting oddly, call health department and police. An animal with early stages of rabies may not show any symptoms.”

市民はだれもネコに接触していないとRomanは述べた。「かれらは病気を抑えると考えられるすべてを行った」「市民は心配する必要は無い—そのネコがGlendonから来たことと野外で狂犬病に罹ったこと以外に。もしあなたが奇妙な行動をとる動物を発見したら、衛生部と警察に連絡をしなさい。狂犬病の初期の動物は、いかなる症状も見せないであろう。」とRomanは述べた。

 

[Fortunately this was handled by the book and no one was at serious risk, and the proper precautions taken. Which is why veterinarians and related professions need to keep their rabies shots up to date and monitor their antibody titres. Not every rabies case is presented carrying a label.

幸運なことに、これは手順にのっとり処理され、だれも深刻なリスクを負わず、適切な予防措置を受けた。獣医師と関連専門家が、かれらの狂犬病注射を最新の状態に保ち、かれらの抗体価を監視することの理由はこのためである。すべての狂犬病事例はラベルがついて提示されることはない。

 

For those uncertain, like myself, as to what “wobbly-leg” syndrome is, here is a brief description:

私自身のように、不確かなそれらのために、“脚の不安定”症候群とはなにか、ここに簡潔な記述がある:

 

“Wobblers syndrome or wobbler disease is catchall term that refers to many different spinal-column disorders that are commonly found in large and giant-breed dogs and in certain breeds of horses.

The symptoms are leg weakness and clumsy, or ‘wobbly,’ walking that may lead to paralysis. Most of the disorders described as wobblers are caused when the cervical (neck) spinal column is compressed and can’t send clear signals to the legs. In dogs, it’s also called cervical spondylolisthesis, cervical spondylomyelopathy, cervical vertebral instability and cervical vertebral malformation. In horses, it’s sometimes called wobbler’s syndrome.

不安定症候群または不安定病は、一般に大型と巨大繁殖犬やいくらかの繁殖馬に共通に認められる、たくさんの異なる脊柱障害に言及する包括的用語である。その症状は、下肢脱力と麻痺につながるかもしれないぎこちないまたはぐらぐらする歩様である。不安定と記述されるほとんどの障害は、頸部(首)脊柱の圧迫により下肢への明瞭な信号を送ることができないことによる。イヌにおいては頸部脊椎すべり症、頸部脊椎脊髄障害、頸部椎骨不安定症、頸部椎骨奇形ともよばれる。ウマではそれは時々動揺症候群とよばれる。

 

Depending on the cause, untreated animals may grow out of it or otherwise improve, but their symptoms are more likely to stabilize or worsen. According to Bruce R. Wittels, DVM, of the United Kingdom German Shepherd Dog Helpline, cases that are worsening but not treated or are given too-conservative treatment may cause the animal pain, serious movement problems or paralysis.

原因によって、未治療の動物は、治癒もしくは別な方法で改善するかもしれないが、彼らの症状はより安定するか悪化するかもしれない。イギリスのジャーマンシェパードドックヘルプラインの獣医師Bruce R. Wittelsによれば、

悪化しているが治療を行わなかったまたは過度の保存療法をとった症例では、動物の痛み、重篤な運動障害または麻痺の要因となるだろう。

 

If your pet has wobbler symptoms, take her to the veterinarian. She may have a serious condition that needs treatment right away. If she’s more than a year old, take her to the vet immediately — without treatment she may be permanently paralyzed.”

もし、あなたのペットが不安定症を呈するのなら、獣医師へつれてゆきなさい。彼女はすぐに治療を必要とするほどの重篤な状態であるかもしれない。もし彼女が1齢以上であるなら、即座に獣医師につれていくこと–治療なしでは、彼女は持続性の麻痺となるかもしれない。

PageTop