Home >News > ProMED翻訳情報(301回) ~インドで発生した狂犬病による死亡事例~

ProMED翻訳情報(301回) ~インドで発生した狂犬病による死亡事例~

2014.10.24

RABIES – INDIA (10): (MAHARASHTRA), HUMAN, FATAL

************************************************

Date: Thu 28 Aug 2014  Source: The Times of India [edited]

 

Rabies claimed another life in the city [Pune, Maharashtra state] on Tuesday [26 Aug 2014], taking the death toll this year to 18 so far.

火曜日(2014年8月26日)、Pune(Maharashtra 州)において、狂犬病はもう一名の人生をうばい、本年これまでに18名の犠牲者が出た。

 

 

The 45-year-old man from Daund taluka [Pune district, Maharashtra state] died at the Naidu Infectious Diseases Hospital on 26 Aug 2014.

He was bitten by a dog on 14 Aug 2014. He did not take anti-rabies vaccine and fast-acting rabies antibodies on scheduled days which caused his death, said a civic official.

2014年8月26日にNaidu感染症病院においてDaund taluka(Pune 地区, Maharashtra州)出身の45歳の男性が亡くなった。彼は2014年8月14日にイヌに噛まれた。彼は亡くなるまでの間に、予定日における抗狂犬病ワクチンと即効性の抗狂犬病抗体を接種されていなかったと、市職員は述べた。

 

 

“[The patient] was admitted to Naidu Hospital after his condition deteriorated. He developed symptoms like fear of water, air and was extremely breathless at the time of admission. He died at 8:30 pm on

[26 Aug 2014],” said S T Pardeshi, medical officer of health, PMC[Pune Municipal Corporation]. “[He] suffered a category III dog bite wound. As per the medical history produced by the victim’s relatives, the man had not taken the anti-rabies vaccine on the scheduled days. He was also not administered rabies immunoglobulin, a ready-made antibody, which is extremely effective in deactivating the virus in category III dog-bite injury,” the doctor who attended [the patient] said.

「患者は、彼の状態が悪化した後でNaidu病院に入院した。彼は恐水恐風様症状と呼吸状態の極度の悪化を入院時に呈した。2014年8月26日の午後8時30分に彼は亡くなった。」とPMC(Pune Municipal Corporation)健康医療技官のS.T. Pardeshiは述べた。「彼はカテゴリーIIIのイヌ咬傷を受けた。患者の親類が提出した医療記録によれば、この男性は抗狂犬病ワクチンを予定通りに受けることはなかった。彼は、カテゴリーⅢイヌ咬傷事例におけるウイルス失活に非常に有効である市販の狂犬病免疫グロブリンも接種されていなかった。」と入院患者を診た医師は述べた。

 

 

As per the World Health Organization, the incubation period for the infection is typically 1-3 months, but it may vary from a week to a year.

世界保健機構(WHO)によると、狂犬病の潜伏期間は通常1から3か月間であるが、1週間から1年の間で変動する。

 

 

Rabies is a zoonotic disease (transmitted to humans from animals) that is caused by a virus. The disease affects domestic and wild animals, and is spread to people through close contact with infectious material, usually saliva, via bites or scratches.

狂犬病はウイルス性の人獣共通感染症(動物からヒトへ感染した)である。疾病は、飼育と野生動物を冒し、咬傷または擦過傷を介して感染性物質、通常は唾液との密接な接触を通して人々へ広まる。

 

According to the Association for Prevention and Control of Rabies in India, greater awareness about rabies and its timely treatment, combined with efforts to control the stray-dog population, pet-dog licensing, and annual anti-rabies vaccination of animals, are necessary to control the infection. Experts have highlighted the need to create awareness about proper wound care and post-exposure vaccination must be reinforced to prevent rabies infection.

インド狂犬病予防制御協会によれば、狂犬病に関するより多くの知識とタイムリーな治療、並びに放浪犬集団の制御への努力、ペットイヌの認可と動物への毎年の抗狂犬病予防接種との併用が狂犬病の制御に必要である。専門家は、適切な創傷治療と曝露後免疫についての知識を構築する要望は狂犬病感染を防ぐために強化せねばならないと強調した。

 

[Another sad reminder of the need to take proper prompt action after being exposed to a rabid dog. I suspect that the folk memory of the multiple vaccine injections of yore puts people off. The reality is that modern vaccines are just uncomfortable, not painful.

狂犬病のイヌに曝露されていた後に適切で迅速な措置を受ける必要性のもう1つのかなしい備忘録。私は、昔の複数のワクチン接種の人々の記憶が人々を遠ざけると疑う。実際は現在のワクチンは、ただ不快であるが痛くはない。

 

PageTop