Home >News > ProMED翻訳情報(302回) ~犬の狂犬病感染経路に関する意見~

ProMED翻訳情報(302回) ~犬の狂犬病感染経路に関する意見~

2014.10.24

RABIES – USA (14): (SOUTH CAROLINA) COMMENT

*******************************************

Date: Mon 28 Jul 2014  From: Sukie Crandall <sukie@me.com> [edited]

 

 

Decades ago when I was putting together info on states’ observance of research-based changes to the Compendium of Animal Rabies Control and Prevention, Dr. Charles Rupprecht of the CDC sent me quite a bit of reading material. One thing of interest in the research articles was that dogs are among the mammals which can contract rabies by eating infected, recently dead animals. (Cats and ferrets are not, despite ferrets being descended from a member of the canine branch of Carnivora.) There certainly are other routes of exposure which also do not leave a wound, as in intense investigation of an animal with dumb rabies, or infected saliva getting into eyes. Unvaccinated dogs without wounds therefore can also be infected.

数十年前、私が州の調査に基づいた動物狂犬病のコントロールと予防の概要の変更の詳細をまとめていた時、CDCのCharles Rupprecht博士は、私にかなりの読むべき資料を送ってくれた。研究記事の興味がある1つのものは、感染して最近死んだ動物を食べることによって狂犬病にかかる哺乳動物の中に犬がいるということだった。(ネコとフェレットはそうではない。フェレットは食肉目のイヌ分科のメンバーでもあるにもかかわらず。)確かに、麻痺型狂犬病の動物の集中した調査や感染した唾液が目に入ることなど、傷を残さない他の曝露経路も存在する。したがって、傷もなくワクチン接種をしていないイヌも感染する場合がある。

 

Sukie Crandall

 

[Our thanks to Dr. Crandall for this useful comment in relation to oral exposure in dogs eating a freshly dead rabid carcass and the saliva of dogs with dumb rabies. Something to keep in mind that next time — and they come around, believe me — when one is having to deal with a suspect rabies dog. And yet another reason to keep one’s own rabies shots up to date. – Mod.MHJ]

[死んで間もない狂犬病動物の死体および麻痺型狂犬病の犬の唾液を食べることによる経口曝露に関するこの有益なコメントに対して、私たちはCrandall博士に感謝する。またそういうことがあるので、そのことを次回まで心に留めておいて欲しい。人が狂犬病を疑うイヌに対処しなければならないとき、私を信じて欲しい。そして引き続き、その人の自身の狂犬病予防接種を最新にしておくもう一つの理由なのである。

 

PageTop