Home >News > ProMED翻訳情報(304回) ~インドの狂犬病患者回復事例に関する情報提供の呼びかけ~

ProMED翻訳情報(304回) ~インドの狂犬病患者回復事例に関する情報提供の呼びかけ~

2014.11.10

RABIES – INDIA (12): (HARYANA), CANINE, HUMAN RECOVERY, REQUEST FOR INFORMATION

**********************************************************************
Date: Tue 16 Sep 2014    From: Henry Wilde

 

This case indeed is remarkable. In all of the previous few human survivors, no viral DNA [RNA] was demonstrated, and recovery was attributed to natural immune responses. The protocol was apparently basic excellent supportive care and tells us that even in a comatose patient, it is still potentially beneficial to provide such care till
brain death is documented.

今回の症例は実に異例である。今までのごくわずかな回復生存ヒト全症例で、ウイルスのDNA(RNA)が証明された事は無く、また回復は自然免疫の反応によるものであった。プロトコールは明らかに根本的な支持療法であり、昏睡状態の患者であっても、脳死が判定されるまでは支持療法を実施する事は利益をもたらすものであることを示した。

Did this boy have antibody in serum and spinal fluid? Was there really viral DNA [RNA] in serum and spinal fluid, and by what method? Most of us will now wait with great interest for the detailed publication of this case in a peer review journal.

この男児は血清や髄液中に抗体を持っていたのだろうか。本当にウイルスDNA(RNA)が血清または髄液中にあったのだろうか、どの方法を用いて検出したのだろうか。私たちの多くが、査読付き雑誌でこの症例に関する詳細な発表がなされることを大きな関心を持って待っている。

Henry Wilde, MD, FACP   Professor of Medicine
WHO-CC for Research and Training on Zoonoses.
Faculty of Medicine  Chulalongkorn University, Bangkok 10330  Thailand

[This case is indeed remarkable, and we hope that the India physicians will respond to Professor Wilde’s request for further information.

-Mod.CP
この症例は実に珍しいものである。インドの医師(内科医)達がWilde教授の要請に応じ、更なる情報提供がある事を期待している。

PageTop