Home >News > ProMED翻訳情報(305回) ~ワイオミング州で確認されたスカンクの狂犬病~

ProMED翻訳情報(305回) ~ワイオミング州で確認されたスカンクの狂犬病~

2014.11.10

RABIES – USA (23): (WYOMING) SKUNK

**********************************

Date: Sat 30 Aug 2014   Source: Laramie Boomerang [edited]

 

Rabies cases are skyrocketing in Wyoming this year [2014], as 2 distinct strains of the deadly virus converge on the south east portion of the state. Rabies was first discovered in Wyoming in 1984.

Dr. Myrna Miller, a veterinary virologist at the Wyoming State Veterinary Laboratory in Laramie, said the surge in animals testing positive for the disease is because of 2 regional varieties of rabies entering Wyoming for the 1st time. “Since 1984, rabies has been primarily up in the central part of the state,” Miller said. “The type of rabies we’ve had is north central skunk rabies.” However, Miller said that south east Wyoming — an area of the state previously unaffected by the virus — is now under siege.

 

ワイオミング州では今年[2014年]、州の南東部(の1地域)で、2つの異なる(狂犬病の)株が集中したことから、狂犬病の発生件数は飛躍的に伸びている。狂犬病がワイオミング州で最初に発見されたのは1984年である。

Laramie にあるワイオミング州立獣医研究所の獣医ウイルス学者であるMyrna Miller博士は、この疾病(狂犬病)の陽性と診断された動物の急増は、ワイオミングでは初めて2つの狂犬病地域変異株が侵入してきたことによるものだ、と語った。“1984年以来、狂犬病は主に州中央部の地域で見つかっていました。そして、その狂犬病の型は北中部スカンク由来です。”しかし、ワイオミング州南東部―以前には狂犬病の発生がなかった地域―は、今や狂犬病が蔓延しています、とMillerは言った。

 

 

“In 2011, for the 1st time, there was skunk rabies in Laramie County of the south central variety,” she said. “The genotype indicates that it was coming up from Colorado. There are small creeks and drainages coming north out of Colorado into Laramie County and that’s almost certainly where the skunks were coming from.”

 

“2011年, Laramie郡の中南部の複数の箇所で、初めてスカンクの狂犬病が見つかりました”と彼女は語った。“その遺伝子型は、それ(狂犬病ウイルス)が、コロラド側から来たことを示しています。Laramie郡には、コロラドから北上してくる小川や排水溝が入り込んでおり、スカンクがそこから入りこんで来ていることはほぼ間違いありません。”

 

Across the country, there are 8 variants of rabies, each occurring in a specific geographic region and tied to a specific host species. In the eastern United States, for example, rabies is specific to raccoons. In the south west, rabies is primarily found in foxes.

 

国中には8種類の狂犬病変異株が存在し、それぞれが特定の地域で、それぞれの特異的な宿主と結びついて発生を起こしている。例えば、狂犬病はアメリカ東部でアライグマと特異的に結びついており、南西部では主としてキツネに見られる。

 

“In this year [2014], for the 1st time ever, we’ve had skunk rabies in Goshen County,” Miller said. “It’s also south central, but this genotype indicates it’s from Nebraska, so it’s coming across the Platte River drainage.”

 

“今年[2014年]は、初めてGoshen郡に、スカンクの狂犬病が見つかりました”とMillerは語った。“そこもまた中南部ですが、遺伝子型はそれがネブラスカから来たことを示していました。Platte川の排水溝を通ってやってきたのです。”

 

The effects are evident. This year [2014], from January through July, there were 52 documented cases of rabies found in animals across the state, 48 of which were found in skunks. In the 3 years prior, there were only 27 skunks that tested positive. Last week [week of 25 Aug 2014], the 1st case of south central skunk rabies was found in Natrona County, a county with no confirmed rabid animals since 2002.

 

影響は明白だ。今年[2014年]の1月から7月にかけ、州全体で52件の動物の狂犬病事例が報告され、うち48件はスカンクに見られたものだった。3年前は、27件の狂犬病陽性のスカンクしか見つかっていなかった。先週[2014年8月25日の週]、州中南部でのスカンク狂犬病の最初の例がNatrona郡で見つかった。この郡では、2002年以来狂犬病の動物は確認されていなかった。

 

Experts agree that although there has never been a documented case of human rabies in Wyoming, the virus still poses a public health threat.

“It’s definitely got our attention,” said Dr. Karl Musgrave, the state’s public health veterinarian. “These new strains of skunk rabies we’re seeing are coming into counties that haven’t dealt with rabies for a long time.”

 

専門家は、ワイオミング州では現在のところヒト狂犬病の事例は報告されていないものの、このウイルスは依然として公衆衛生上の脅威となっていると認めている。

“我々は、明確にそれを監視しています。”と、州の公衆衛生獣医師であるKarl Musgrave博士は言った。“我々が遭遇しているスカンク狂犬病の新たなウイルス株は、長い間狂犬病に対処していなかった郡に入り込んでいます。”

 

Rabies is monitored and managed by a cooperative effort between many state agencies, including the Wyoming State Veterinary Laboratory, the Wyoming Department of Agriculture, Wyoming Department of Health, the Wyoming Livestock Board, and the US Department of Agriculture Wildlife Services.

 

狂犬病は、ワイオミング州立獣医研究所、州農業局、州衛生局、州家畜委員会、国立農業・野生動物部局を含む、多くの州の公的機関が協力し合うことで監視および管理されている。

 

Kent Drake, the predator management coordinator for the Wyoming Department of Agriculture, said that in most cases, rabies in livestock is not a concern. “We’re more concerned with the human health and safety part of it,” Drake said. “Typically, skunks will infect feral cats and stray dogs, which have the most contact with humans. What we find typically in livestock is that they often find it in horses because they are in contact with other domestic animals.”

 

ワイオミング州農業局の捕食動物管理調整官であるKent Drakeは、ほとんどの場合、家畜の狂犬病は心配するには当たらないと話す。“我々は、ヒトの健康と安全(の部分)により関心を寄せています。”とDrakeは語る。“一般的な話として、スカンクは野生化したネコや野良犬に狂犬病を感染させ、それらは人間により多く接触する機会を持ちます。我々がよく目にする家畜の狂犬病は、ウマのものです。ウマは他の飼育動物と接触するからです。”

 

 

The largest threat to humans is found in domestic animals. Domestic animals that have become infected can transmit the disease to humans through bites or scratches via the animal’s saliva. According to Wyoming Department of Health Statistics, animal-to-human bites are more abundant during the summer months.

 

ヒトにとって最も大きな脅威は、飼育動物において見られる。感染した飼育動物は、その唾液を通し、噛みついたり引っ掻いたりすることで、ヒトに狂犬病を伝播させうる。ワイオミング州立保健統計局によると、動物-ヒト間の咬傷事故は、夏季に最も多くなるとのことである。

 

The frequency in which animals test positive for rabies is also higher during the summer. Once an individual is potentially exposed to the virus, he or she must undergo post-exposure prophylaxis treatment, which entails a number of injections over a 30-day period. Musgrave said Goshen County has been a hot spot for prophylaxis treatment this year [2014]. “In Goshen County alone, we’ve had up to 14 people,” he said. When it comes to prevention, vaccinations are the most effective method. “When there’s an outbreak, and typically, horses are close to people’s homes, we’ll recommend those people get a vaccine,” Drake said.

 

狂犬病陽性の検査を行う頻度もまた、夏季に最も高くなる。ひとたび個人が(狂犬病)ウイルスに暴露した可能性が出てくれば、彼/彼女は30日間を超える多数回の接種を伴う暴露後予防処置を始めなければならない。今年[2014年]は、暴露後の予防処置件数はGoshen郡に集中していた、とMusgraveは語った。“Goshen郡だけでも、その数は14名に上りました。”と彼は言った。予防に関して、ワクチン接種が最も効果的な手法である。“発生が起こった場合、一般的にはウマが人々の家庭と身近にいるので、我々はそういった(ウマを飼っている)人々に、ワクチン接種を受けるよう勧めています。”とDrakeは言った。

 

Musgrave also stressed the importance of vaccinations. “The typical message is vaccination of pets,” he said. “That’s the 1st thing we mention.”

 

Musgraveはまた、ワクチン接種の重要性を強調した。“ペットの予防接種はよく見るメッセージです(が)”と彼は言った。“それこそが、我々が言いたい第一のことなのです。”

 

[In the USA several wildlife variants of Lyssavirus exist, which circulate in bats, raccoons, skunks, foxes, and coyotes. Transmission rarely occurs between species, and these “spillover events” generally are not perpetuated in the recipient species.

 

アメリカにおいては、狂犬病ウイルスの数種の野生動物変異株が存在する。それはコウモリやアライグマ、スカンク、キツネ、あるいはコヨーテの中で循環している。種間での(ウイルスの)伝播はまれに起こり、このような“漏出による発生”は伝播された種内で通常永続することはない。(校正者:新大陸では狂犬病ウイルス以外のリッサウイルスは検出されていないので、狂犬病ウイルスと意訳した)

 

While bat rabies is found throughout the USA, main terrestrial reservoirs differ depending on the geographical location. Skunk rabies prevails in central US, but there are 2 variants, north central and south central. Both are found in Wyoming.

コウモリの狂犬病はアメリカ全域で見られるが、主な陸生の病原体保有動物は地域によって異なる。スカンクの狂犬病はアメリカ中央部で流行しているが、中央北部と中央南部に見られる2種の変異株が存在する。これらは、いずれもワイオミング州で見つかっている。

 

It is very important to make sure to keep the vaccination schemes of all domestic carnivores in the area up to date and not to approach wildlife with unusual behavior.

 

重要なことは、地域で飼われている全ての肉食性動物に対しての、最新のワクチン接種計画を確実に保つこと、さらには普通でないふるまいをする野生動物には近寄らないことである。

 

PageTop