Home >News > ProMED翻訳情報(310回) ~インドで報告された人の狂犬病回復事例~

ProMED翻訳情報(310回) ~インドで報告された人の狂犬病回復事例~

2014.11.19

RABIES – INDIA (11): (HARYANA) CANINE, HUMAN, RECOVERY

******************************************************

Date: Sun 14 Sep 2014     Source: Hindustan Times [edited]

 

In what doctors claim to be only the 2nd case in the country where a rabies patient has survived, the Command Hospital (Western Command), Chandimandir, Panchkula, [Haryana state] has managed to bring back a comatose 16-year-old suffering from the disease to consciousness.

狂犬病の患者が生き残った、国で2例目であると医者が主張しているのは、ハリヤナ州パンチクラー県ChandimandirのCommand 病院 (西部Command)は、昏睡状態だった16歳をなんとか病気から意識のある状態に戻すことができたことである。

 

He is reportedly only the 13th case, worldwide, since 1976, when records began to be kept, to have survived rabies.

伝えられるところによれば、彼は記録が残され始めた1976年以降、世界で13番目の、狂犬病から助かった症例である。

 

The 16-year-old patient, a native of Gurdaspur [Punjab], had been bitten by a stray dog on [25 Mar 2014], and was given 4 doses of anti-rabies vaccine at a local hospital. He slipped into a coma on 29 Apr 2014 and needed a ventilator and airway support when shifted from a private hospital to the Command Hospital with a diagnosis of rabies on 8 May 2014. Colonel FMH Ahmad, a neurologist, who treated hum(ここはhimの間違いと思われます:翻訳者), told the Hindustan Times: “When he came to us, he was in a coma.” After treatment at the Command Hospital, he is now awake. He is smiling, but is not a normal person yet as he is not speaking. His brain has been damaged. Neurological recovery may take 2 years.” The boy is being fed through a tube in the stomach. “He is under observation and his health is a matter of concern. However, his father is happy as the boy has survived,” said Colonel Ahmad.

Gurdaspur[パンジャブ]生まれの16歳の患者は、2014年3月25日にノラ犬に咬まれ、地元の病院で4回の狂狂犬病ワクチンを受けた。彼は2014年4月29日に昏睡状態に陥り、2014年5月8日に狂犬病の診断で私立病院からCommand病院へ移された時、ベンチレーターと気道の確保が必要であった。彼を治療した神経科医のFMH Ahmad大佐は、Hindustan Timesに述べた。:” 彼が私たちのところに来たとき、彼は昏睡状態でした。 Command病院での治療の後、彼は今覚醒しています。彼は笑っているが、まだ喋っていないので、通常の人ではありません。彼の脳はダメージを受けています。神経学的な回復には2年かかるかもしれません。少年は、胃のチューブを通して食事を与えられている。彼は観察下に置かれ、健康状態は重要な問題です。しかしながら彼が助かったので、彼の父親は幸せです。” Ahmad大佐はそう述べた。

 

Colonel Ranjit Nair, nephrologist, Colonel Vijay Dutta, lung specialist, and Colonel Hari Kumar, endocrinologist, are the other doctors who treated the patient. “This is only the 2nd case [in India] where a rabies patient has survived. The 1st case of a survivor was reported in April [2014] at the Goa Medical College. The research paper regarding it was published in the Journal of [the Neurological] Sciences by Dr Aaron de Souza and Professor SN Madhusudana,” said Colonel Ahmad [see abstract at <http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24582283>].

神経科医のRanjit Nair大佐、肺専門医のVijay Dutta大佐、内分泌学者のHari Kumar大佐は、患者を治療した他の医師である。” これは[インドで]狂犬病の患者が助かったたった2例のうちの1つです。生存者の第1症例、はゴア医科大学で[2014年]4月に報告されました。それに関する研究論文は、[神経学]サイエンスジャーナルにおいてAaron de Souza博士とSN Madhusudana教授によって発表されました。” とAhmad大佐は述べた。(要約を参照 <http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24582283>)

 

The patient’s evaluation was carried out with the expertise of the Armed Forces Medical College (AFMC), Department of Virology, Pune, and the National Institute of Mental Health and Neurological Sciences (NIMHANS), Department of Neurovirology, Bangalore, using cutting-edge molecular techniques. The AFMC reported a positive test of the virus DNA [RNA?]. Prof SN Madhusudana, the WHO expert on rabies and co-author of the 1st Indian report on a rabies survivor, found evidence to support diagnosis of rabies. The skin biopsy, also from NIMHANS, confirmed the diagnosis.

患者の評価は、最先端の分子技術を使用して、軍医科大学(AFMC)の専門知識、Puneのウイルス学部門、およびバンガロールの国立精神衛生と神経科学研究所(NIMHANS)で行われた。AFMCは、ウイルスDNA[RNA?]の陽性結果を報告した。WHOの狂犬病専門家であり、狂犬病生存者に関する最初のインドのレポートの共著者であるSN Madhusudana教授は、狂犬病の診断を支持する証拠を発見した。同じくNIMHANSからの皮膚生検により診断を確定した。

 

“I have been following the patient from day one. The case is a miracle. I have been practicing neurology since 1991 and this is the 1st survivor I have seen,” said Dr Vivek Lal, professor and head of neurology, Post Graduate Institute of Medical Education and Research (PGIMER), Chandigarh. Prof Madhusudana also confirmed that [this case] case was that of a rabies survivor.

” 私は第1病日から、患者を経過観察しています。この症例は奇跡的なのです。私は1991年以来神経病学に携わっています。そして、これは私が出会った最初の生存者です。” Chandigarhにある医学教育と研究の大学院研究所(PGIMER)の神経病学の教授であり所長の Vivek Lal博士はそう述べた。Madhusudana教授もまた、症例[この症例]が狂犬病生存者のそれであることを確認した。

 

“13 reported survivors, including this boy, in 60 000-odd cases annually, all fatal, underscore the uniqueness of the phenomenon,”said Colonel Ahmad.

[Byline: Bhartesh Singh Thakur]

” 毎年報告されるすべてが致命的である60,000あまりの症例の中の、この少年を含む13人の生存者の報告は、現象のユニークさを強調しています。” とAhmad大佐は述べた。

 

 

[The recovery of a patient from clinical rabies in Wisconsin in 2004 is well known and was the 1st documented recovery from clinical rabies by a patient who had not received either pre- or post-exposure prophylaxis for rabies.

[ 2004年のウィスコンシンにおける臨床症状を示した狂犬病からの患者の回復はよく知られていて 、それは、狂犬病に対する曝露前、曝露後予防の両方を受けなかった患者の臨床症状を示した狂犬病からの回復を最初に記録したものだった。

 

According to: “Human rabies: neuropathogenesis, diagnosis, and management” (T Hemachudha et al. Lancet Neurol. 2013;12(5): 498-513. doi: 10.1016/S1474-4422(13)70038-3), rabies is an almost invariably fatal disease that can present as classic furious rabies or paralytic rabies.

“ヒトの狂犬病:神経病因、診断と管理” (T Hemachudha et al. Lancet Neurol. 2013;12(5): 498-513. doi: 10.1016/S1474-4422(13)70038-3)によると、狂犬病は、古典的な狂躁型狂犬病または麻痺型狂犬病として現れることができる、ほとんど常に致命的な病気である。

 

Recovery has been reported in only a few patients, most of whom were infected with bat rabies virus variants, and has been associated with promptness of host immune response and spontaneous (immune) virus clearance.

回復例は、その大部分がコウモリ狂犬病ウイルス変異株に感染した、ほんの少数の患者で報告されていて、素早い宿主免疫反応と自然発生的な(免疫性の)ウイルスの除去と関係していた。

 

Viral mechanisms that have evolved to minimise damage to the CNS but enable the virus to spread might explain why survivors have overall good functional recovery.

中枢神経系(CNS)へのダメージを最小限にし、ウイルスの広がることが出来ないウイルスの仕組みは、なぜ生存者が全体的に良い機能的な回復をするのかを説明することができるかもしれない。

 

The shorter survival of patients with furious rabies compared with those with paralytic rabies closely corresponds to the greater amount of virus and lower immune response in the CNS of patients with the furious form.

麻痺型狂犬病にかかった者と比較して狂躁型狂犬病にかかった患者のより短い生存は、狂躁型患者のCNS内での大量のウイルスとより低い免疫反応に合致する。

 

Rabies virus is present in the CNS long before symptom onset: subclinical anterior horn cell dysfunction and abnormal brain MRI in patients with furious rabies are evident days before brain symptoms develop.

狂犬病ウイルスは、発症のずっと前にCNSに存在している: 狂躁型狂犬病の患者における無症状前角細胞機能不全と異常な脳MRIは、脳症状が発現する数日前に明確になっている。

 

How the virus produces its devastating effects and how it selectively impairs behaviour in patients with furious rabies and the peripheral nerves of patients with paralytic rabies is beginning to be understood. However, to develop a pragmatic treatment strategy, a thorough understanding of the neuropathogenetic mechanisms is needed.

なぜウイルスがその破壊的な結果を産生するのか、なぜ狂躁型狂犬病患者の行動と麻痺型狂犬病患者の末梢神経を選択的に損なうのかが、理解され始めている。しかしながら、実践的な治療戦略を開発するために、神経病原的メカニズムの徹底的な理解が必要である。

 

A recent case was described where in May 2011, a girl aged 8 years from a rural county in California was brought to a local emergency department (ED) with a 1-week history of progressive sore throat, difficulty swallowing, and weakness.

2011年5月に、カリフォルニアの田舎の郡に住んでいる8歳の少女が、1週間前からの進行性の咽喉痛、嚥下障害および衰弱によって、地方の救急科(ED)に連れて来られた最近の症例が記載された。

 

After she developed flaccid paralysis and encephalitis, rabies was diagnosed based on 1) detection of rabies virus-specific antibodies in serum and cerebrospinal fluid (CSF), 2) a compatible clinical syndrome in the patient, and 3) absence of a likely alternative diagnosis.

彼女が弛緩性麻痺と脳炎になった後、狂犬病は以下に基づいて診断された。

  • 血清と脳脊髄液(CSF)における、狂犬病ウイルス特異抗体の検出
  • 患者における、矛盾のない臨床症候群
  • それに代わりそうな他の診断の欠如

 

The patient received advanced supportive care, including treatment with therapeutic coma. She was successfully extubated after 15 days and discharged from the hospital 37 days later to continue rehabilitation therapy as an outpatient.

患者は、治療的昏睡の処置を含む高度な支持療法を受けた。彼女は15日後に首尾よく抜管され、通院患者としてリハビリテーション療法を継続するために、37日後に病院から退院した。

 

The public health investigation identified contact with free-roaming, unvaccinated cats at the patient’s school as a possible source of infection. Several of these cats were collected from the school and remained healthy while under observation, but at least one was lost to follow-up.

公衆衛生調査報告は、感染の可能性がある原因として、患者の学校においての、自由に放浪しワクチン接種を受けていないネコとの接触であると特定した。これらのネコの数頭は、学校から集められて観察下では健康なままであったが、少なくとも1頭は追跡不能であった。

 

A total of 27 persons received rabies post-exposure prophylaxis (PEP) for potential exposures to the patient’s saliva. No further cases of rabies associated with this case have been identified. Rabies prevention efforts should highlight the importance of domestic animal vaccination, avoidance of wildlife and unvaccinated animals, and prompt PEP after an exposure.

合計27人が、患者の唾液への潜在的曝露のために狂犬病曝露後予防(PEP)を受けた。この事例に関連した狂犬病の更なる症例は確認されなかった。狂犬病予防努力は、飼育動物へのワクチン接種の重要性、野生動物およびワクチンを受けていない動物との接触を避けること、そして曝露後の迅速なPEPを強調すべきである。

 

It will be important to establish if the protocol devised in Panchkula is applicable elsewhere in the treatment of patients exposed to canine rabies virus infection.

Panchkulaで考案されたプロトコルが、他の場所でイヌの狂犬病ウイルス感染に曝露された患者の治療に他の場合にも適用可能かどうか立証することは重要であろう。]

 

[I would add that a troubling aspect of this case is that the boy would likely never have developed rabies had optimal post-exposure prophylaxis been given.  According to the media source, he received vaccine, but not immune globulin that would most certainly have been administered in more resource-rich settings. Human rabies immune globulin or equine immune globulins are very expensive and often not administered in the areas of the world where rabies is common. And of course control of canine rabies through vaccination could prevent many of these cases. – Mod.LM]

[私は、本症例の問題とする情況は最適の曝露後予防を受けていたなら、少年がおそらく狂犬病を決して発症しなかったということであると付け加えるだろう。メディアによると、彼はワクチン接種を受けたが、より潤沢に備えられ供給されていて間違いなく投与される免疫グロブリンを受けなかった。ヒト狂犬病免疫グロブリンやウマ免疫グロプリンは、非常に高価で狂犬病が一般的である世界の地域では滅多に投与されない。そしてもちろん、ワクチン接種によるイヌ狂犬病のコントロールは、これらの症例の多くを防ぐことが出来る。- Mod.LM]

PageTop