Home >News > ProMED翻訳情報(312回) ~フィリピンの現状2題(人の発生事例とワクチン接種の現状)~

ProMED翻訳情報(312回) ~フィリピンの現状2題(人の発生事例とワクチン接種の現状)~

2014.12.06

RABIES – PHILIPPINES (04): (NEGROS OCCIDENTAL) HUMAN, CANINE, REVISED

*********************************************************************

[The 1st version of this did not go out to the PRO/AH/EDR or PRO/EDR lists, due to my error. This version contains a 2nd section with further information. – Mod.JW]

この最初のバージョンは、私の誤りによりPRO/AH/EDRまたはPRO/EDRリストに配信されなかった。このバージョンは更なる情報とともに2番目の部を含む

 

[1] Negros Occidental: 8 fatal cases

ネグロス・オクシデンタル州: 8 死亡症例

 

[2] Canine vaccination plans

犬のワクチン接種計画

 

******

[1] Negros Occidental: 8 fatal cases

ネグロス・オクシデンタル州:8死亡例

Date: Fri 2 May 2014          Source: Sun Star [edited]

 

The Provincial Veterinary Office (PVO) of Negros Occidental has declared a rabies outbreak in 2 towns and 3 cities in the province,including Bacolod. Dr. Renante Decena, provincial veterinarian, said the 2 other cities are Cadiz and San Carlos, while the 2 municipalities are Binalbagan and Pulupandan.

ネグロス・オクシデンタル州獣医事務所(PVD)は、Bacolodを含む州内の2町及び3市における狂犬病の発生を発表した。州獣医官のDr. Renante Decenaは、他の二つの市とはCadiz と San Carlosで、二つの自治体とはBinalbagan と Pulupandanであると話した。

 

Records of the PVO showed there are 8 cases of deaths caused by bites of dogs in Negros Occidental. The cases include 4 in Bacolod, 2 in Binalbagan; and one each in Pulupundan, San Carlos City and Cadiz City

[By my count that is 9 human cases. – Mod.MHJ]. Decena earlier said that a [single] positive case of rabies can already be considered an outbreak.

PVDの記録は、Negros Occidentalにおいて犬の咬傷が原因の8死亡例のあることを示した。その症例には、Bacolodの4例、Binalbaganの2例を含む;またPulupundan, San Carlos City 及び Cadiz Cityにおいて各1症例を含む[私のカウントによれば9人の症例 – Mod.MHJ]。  Decenaは、初期に(単一の)狂犬病陽性症例はすでに発生流行とみなすことができると話した。

 

The PVO chief said he will meet with all the city and municipal veterinarians in the province to discuss an effective means of controlling the increase of rabies cases. He also appealed to dog owners to be responsible for their pets. “If an individual wants to own a dog, he should regularly feed it and put it in a cage so that it will not get away and bite someone or be bitten by a rabid dog,” Decena said. He added that dog owners should also be registered with the village to avail themselves of free vaccinations.

PVDの主任は、狂犬病症例の増加を制御するための効果的な方法を話し合うために州内のすべての市及び町村の獣医師と集会を開くと話した。彼は、また犬の飼い主に自分のペットに対する責任があることをアピールした。“もし個人が犬を飼いたいのなら、常に餌を与え、逃げ出して人を咬んだり狂犬病の犬に咬まれたりしないようにケージ内で飼育すべきである”とDecenaが話した。彼は、犬の飼い主は、飼い犬に)無料のワクチン接種を利用するために自治体に登録するべきであると付け加えた。

 

Decena said the Provincial Government does not have enough vaccines for the dog population in the province. Of the 219 000 dogs in Negros Occidental, only 24 000 are vaccinated.

Decenaは、州政府は州内の犬の頭数に対して十分なワクチンを保持していないと話した。ネグロス・オクシデンタル州の犬頭数219,000頭に対して、たった24,000頭がワクチン接種済である。

 

The Department of Health (DOH) said that rabies is one of the most acutely fatal infections and is responsible for the deaths of 200 to 300 Filipinos annually.

保健省(DOH)は、狂犬病は最も急性致死性の感染症のひとつでフィリピンにおいて毎年200~300名の死亡者が出ていると話した。

 

[Logically, given the shortage of canine vaccine, it would be wise to initially target the dogs in the 2 municipalities and 3 cities. As additional funds and vaccine become available, the campaign could be widened. – Mod.MHJ]

犬用ワクチンが不足していると言うなら、論理的には、二つの自治体と三つの市(狂犬病が発生している)の犬を優先するのが(ワクチン接種)賢明だろう。追加予算やワクチンが入手可能になるにしたがって、キャンペーンも拡大されることが可能となるであろう。

 

*******

[2] Canine vaccination plans

犬のワクチン接種計画

Date: Mon 10 Mar 2014 [just now brought to our attention. –ProMED-mail]     Source: Rappler, Agence France-Presse (AFP) report [edited]

2014年3月10日(月)[たった今、我々の目に留まった- ProMED-mail]

 

The Philippines plans to vaccinate 7 million dogs within 2 years to end its status as one of the world’s most rabies-prone nations, the health department said Mon 10 Mar 2014. By making at least 70 percent of the country’s 10 million dogs resistant to the rabies virus, the department hopes to remove the disease as a cause of human death by 2016, 4 years earlier than originally targeted, health officials said.”The focus will be on vaccinating as many dogs as possible,” Raffy Daray, manager of the department’s rabies control program, told AFP.

フィリピンは、世界の中でも最も狂犬病が流行している国の一つで、その情況を終わらせるために2年以内に7百万頭の犬にワクチン接種を予定していると、2014年3月10日(月)に保健省が発表した。国内の1千万頭の犬の少なくとも70%に狂犬病ウイルスに対する抵抗性をつけることにより、保健省は当初の目標よりも4年早く2016年までに人の死亡原因となる疾病を消滅させることを希望していると、保健省職員が話した。“焦点はできるだけ多くの犬にワクチン接種をすることだろう。”と狂犬病制御計画のマネージャーであるRaffy Darayが、Agence France-Presse (AFP)に話した。

 

The disease is transmitted largely by animal bites, and has claimed well over 200 lives annually in the Philippines in recent years, according to World Health Organization and Philippine health department data. This makes the Philippines among the top 10 countries in the world in terms of rabies prevalence, according to the WHO. The WHO says rabies remains a “high risk” to humans across most of Asia and Africa.

その病気(狂犬病)は、主として動物に咬まれることによって伝染し、世界保健機構及びフィリピン保健省のデータによれば、近年フィリピンでは年間に200名以上が死亡している。これはWHOによれば、フィリピンが世界中の狂犬病流行国のワースト10に入っているということである。WHOは、狂犬病はアジア及びアフリカのほとんどにおいて人に対して“ハイリスク”であり続けていると述べている。

 

Health undersecretary Teodoro Herbosa told AFP immunizing a dog costs only about 20 pesos (45 US cents) if the medicine is purchased in bulk. By contrast, treatment for an infected person could cost 5000 pesos [about USD 113], he added. Herbosa said that it was impossible to eradicate rabies completely, since it still occurs among wild animals.

保健省次官のTeodoro Herbosaは、AFPに対してこう述べた。犬に対する免疫費用は、もし、大量に購入すればおよそ20ペソ(45USセント)である。これに対して、感染した人に対する医療処置には5000ペソ(約113USドル)のコストがかかる。と彼は付け加えた。Herbosaは、狂犬病が野生動物の間で起こっているので、完全に撲滅することは無理であると述べた。

 

PageTop