Home >News > ProMED翻訳情報(313回) ~米国で発生した放浪犬からの狂犬病曝露事例~

ProMED翻訳情報(313回) ~米国で発生した放浪犬からの狂犬病曝露事例~

2014.12.06

RABIES – USA (30): (LOUISIANA) CANINE, HUMAN EXPOSURE
*****************************************************

Date: Thu 9 Oct 2014    Source: Shreveport Times [edited]

A Woodlawn graduate and her family joined an exclusive club recently when they were bitten by a rabid dog in West Monroe [Ouachita Parish, Louisiana] and are now undergoing rabies injections at University Health in Shreveport. [The woman], 43, her children ages 23 and 14, along with her 11-year-old adopted niece, received bites from a female black lab puppy mix that had followed a neighbor home following a morning jog. The family began feeding the stray and it seemed fine for a few days, before it began acting “strangely.”

ウッドローンの卒業者と彼女の家族は、最近高級クラブに加入し、ウエストモンロー(ルイジアナ州ウォシト教区)で狂犬病の犬に咬まれた。現在、彼らは主リープポートの保健大学で狂犬病の<曝露後ワクチン>接種を受けている。43才の女性、その23才と14才の子供たち、11才の養子である姪と共に近所の家周りをうろついていたメスの黒いラブラドールレトリバー雑種の子犬に朝のジョギング後、咬まれた。家族がその野良犬に餌を与え初めてから数日は元気であったが、その後おかしな行動をとるようになった。
The dog died last week [week ending 5 Oct 2014] in the Ouachita Parish Animal Shelter and was later (necropsied) in Baton Rouge by state officials, who determined it had rabies. [The woman], who is transitioning from West Monroe to Bossier City, and her family will undergo a 3rd round of shots on Friday and Saturday [10 and 11 Oct 2014] at University Health.
その犬はウォシト教区動物保護センターで先週(2014年10月5日の週末)死亡し、その後バトンルージュで州職員により(剖検)されて狂犬病であったことが判明した。(その女性は)ウエストモンローからボシアー市に移り、彼女の家族は3度目の(曝露後ワクチン)接種を金曜日と土曜日(2014年10月10、11日)に保健大学で受ける予定である。
Only 5 cases of Louisiana residents being exposed to rabies from a bite by a domesticated pet have been reported in Louisiana since 2007, according to Dr. Gary Balsamo, an epidemiologist with the Louisiana Department of Health and Hospitals. “What’s unusual about it is — in Louisiana in the immediate past, we haven’t had many dog cases,”
Balsamo said. “Most of the cases we’ve had have happened in areas where we have high concentrations of skunk variant rabies. There is a lot of it around Shreveport and a lot of it around Lafayette. Monroe has never really been in the center of that. That’s what struck us as unusual.” And the West Monroe case is at least the 2nd in the state this year [2014] after a cat near Bogalusa was discovered with the disease in September.
ルイジアナ保健・病院課の疫学者であるDr.ゲイリーによると、飼育動物に咬まれて狂犬病に曝露されたルイジアナ住民は2007年以降、5症例しか報告されていない。「今回、何が異常かと申しますと、ルイジアナでは近年、犬の狂犬病症例は僅かでした。ほとんどの症例がスカンクの変異ウイルス株による狂犬病が高度に蔓延している地域で起こっていました。シュリーブポートやラファイエットの周りで多く起こっています。モンローが発生の中心となることはありませんでした。そのため、私たちは異常であると映ったのです。」、とDr.Balsamoは述べた。さらに、ウエストモンローでの症例としては分かっている限り、ボガルサ近くで9月に猫が狂犬病になっているのを発見された症例に次いで、今年(2014年)の州内2例目である。
“I just got off the phone with the people at the (Centers for Disease Control) and they said the odds of that happening in the same state in the same year are about one in 1000,” Balsamo said. “We just found out that this was a bat variant, which doesn’t surprise us, because we know we have bat variance throughout the state. That made sense to us.”
「丁度、疾病管理センター(CDC)との電話を切ったところですが、センターとしては同じ州内で同年に狂犬病が発生する可能性は1000分の1だということです。また、つい最近この犬の症例はコウモリ変異株であったことが分かりました。州内全体にコウモリ変異型が存在していることは分かっていたので、特に驚くことではありませんでした。」と、Dr.ゲイリーは述べている。
[The woman] said that after all 4 family members received bites one morning, she called the Ouachita Parish Animal Control and was told to bring the puppy in for observation. Her friend, who retired from Bossier City animal control after 32 years, captured the dog and secured it in a kennel. “It’s been an eye-opening experience, because it’s not something you often hear about,” [the woman] said. “It’s not every day that someone from the CDC calls you asking for help on a case. They’ve taken a proactive approach in handling this matter.”

(その女性によると)その朝に家族全員4人が咬まれてからウォシト群の動物管理センターに電話し、その子犬を観察のため連れてくるように言われたとのことである。ボシアー市の動物管理局に32年間勤め退職していた彼女の友人がその犬を捕まえ、ケージの中に捕獲した。「今回はびっくりする出来事でした。毎日CDCの誰かがこの件について協力を求めてくるなんて、そんなに頻繁に耳にすることではないでしょう。彼らは積極的にこの件に対処してくれています。」
The incident also has been expensive. [The woman], a regional restaurant supervisor, was told to quarantine her family pet, a Catahoula Cur mix, for 45 days to ensure it wasn’t infected. Local and state officials are covering that expense. But the shots that she and her family are receiving cost approximately USD 3200 per person. “My shots were very painful initially, but the 2nd round of shots weren’t much different from a flu vaccine,” said [the woman], a single mother without health insurance. “It was pretty traumatic.”
この件はとても費用のかかるものであった。地域の飲食店責任者(であるその女性は)は彼女の家族で飼育しているカタフーラ・レパードの雑種である犬を、狂犬病にかかっていないか確認するために、45日間検疫するよう要請された。地域及び州の担当局がその費用を負担した。一方で、彼女と彼女の家族が受けたワクチン接種は一人当たりほぼ3200ドル(約34万円)かかった。「私の受けた注射は最初とても苦痛を伴うものでしたが、2回目からはインフルエンザのワクチンと特に変わりないようなものでした。今回は非常に痛手となる事件でした。」とシングルマザーで健康保険に未加入の女性は述べている。
The good news for the family is that no human in Louisiana has died from rabies exposure within the state since 1953, according to Balsamo. “We did have a gentleman die in 2009 or 2010 who was an immigrant from Mexico, who was exposed there and got sick on a farm here,” Balsamo said [2010; see ProMED-mail post 20100825.2992].
Dr.ゲイリーによれば、家族にとって良い事実は、1953年以降、州内で一人も狂犬病による死者がいないことである。「メキシコからの移民である男性が祖国で狂犬病に曝露し、ルイジアナ州内の農場で発症し、2009年か2010年に亡くなりました。」(参考:2010; see ProMED-mail post 20100825.2992)
But Balsamo added that if humans contract rabies, “they’re going to die 99.999 percent of the time. There have been very few to survive. I think the count is like 5 in the world. The advantage with rabies is you can vaccinate after exposure when the disease is incubating.” While rabies remains just as prevalent in the wild as it’s always been, Balsamo said getting pets vaccinated and local animal control programs have helped keep rabies largely under control for domesticated animals in Louisiana. “The compliance with (vaccination) in the entire state is usually pretty bad,” he said. “I think the best in the state is East Baton Rouge Parish and they estimate theirs at 50-60 percent compliance. In some areas, it’s probably less than 10 percent.”

もし人が狂犬病を発症した場合は、「99.999%の確率で亡くなります。生存した症例はほとんどありません。たしか世界で5症例ほどではないでしょうか。狂犬病感染の利点としては潜伏期間中にワクチン接種することが可能な事です。」とDr.ゲイリーは述べている。いままでそうであったように、狂犬病は変わらず野生動物間で維持されている。飼育動物にワクチン接種し、地域内の動物を管理することは、ルイジアナ州内で飼育動物のために狂犬病を制御するのを大きく助けることであるとDr.ゲイリーは述べている。さらに彼はこのように述べている、「州全体での(ワクチン接種の)遵守率はとても低い。一番良いのがイーストバトンルージュ教区で50-60%の遵守率と見積もっている。幾つかの地域では、10%以下のところもあるようです。」      [Byline: Jimmy Watson]

[We have (Mexican free-tailed) bat rabies throughout the state of Louisiana. I remember when I was a graduate student at Tulane in 1965, a sick rabid bat was picked up in the school’s Public Health Department downtown, and I was told to find where it came from. It turned out to be a from bat roost in the roof space of an old slave quarter in the French Quarter in New Orleans. I collected some 21 bats and a number turned out to be virus positive — as a result of which I was then vaccinated. Skunk rabies came into Louisiana some 15+ years ago via a skunk hopping a lift on a truck out of Texas and dropping off in Lafayette.
ルイジアナ州全体にメキシコオヒキコウモリが生息しています。1965年、私がチューレーン大学の大学院生だった頃、公衆衛生学部の周りで弱ったコウモリを拾い上げ、それがどこから来たのか調べるように言われたのを思い出しました。結局、そのコウモリはニューオーリーンズにあるフレンチクオーターの奴隷宿舎であった屋根裏にできたコウモリの巣穴からきたものでした。私はそのうち21数頭のコウモリを捕まえ、その幾つかが狂犬病ウイルス陽性で、その結果私はワクチン接種をうける羽目になりました。スカンクの狂犬病はルイジアナに約15年前、テキサスからのトラックに紛れ込み、ラファイエットで降りた個体が持ち込んだようです。
The Louisiana Department of Agriculture and Forestry has the following admirable advice for keeping pets safe: “- All dogs, cats and ferrets should be properly vaccinated;
– Ask your veterinarian about what precautions to take if you own a horse;
– Keep vaccinations up to date;

– Avoid stray animals and report strays to local animal control;
– Avoid contact with wildlife, especially skunks and bats, and especially when crepuscular species are about during the day);
– If your dog, cat, ferret or horse is sick, contact a veterinarian.”
ルイジアナ農林課は愛玩動物を安全に飼育するために、以下の素晴らしいアドバイスを行っている。

- 全ての犬、猫およびフェレットは適切にワクチン接種を受けさせる事

- 馬を所持しているなら、かかりつけの獣医師に予防策について尋ねること

– 最新のワクチン接種を守る事

– 放浪動物を避け、見かけたら動物管理局に連絡すること

– 野生動物、特にスカンクやコウモリ、夜行性動物が昼間に現れた時は接触を避けること

– もし、自身の犬、猫、フェレット、馬が病気になったときは獣医師に連絡すること

PageTop