Home >News > ProMED翻訳情報(315回) ~インドにおける狂犬病対策に対する意見~

ProMED翻訳情報(315回) ~インドにおける狂犬病対策に対する意見~

2014.12.06

RABIES – INDIA (05): (MAHARASHTRA) HUMAN, DOG BITE

*************************************************

Date: Mon 23 Jun 2014      From: Martine Jozan <MJozan@ocvcd.org> [edited]

 

 

[Re: ProMED-mail Rabies – India (04): (MH) human, dog bite 20140622.2558448]

[ProMED-mail Rabies – India (04): (MH) human, dog bite 20140622.2558448について]

———————————————————————-

Regarding the rabies case in Maharashtra I would like to add to comments from the moderator. I just returned from Jodhpur, which has a good canine sterilization / vaccination program administered by the Marwar Animal Protection trust. Yes, such programs are essential but there must be some sort of a companion education program. Last year [2013] among the 302 households that I surveyed, I found only 29 dog bites incidents and the rabies awareness of the population in low to high income urban areas was 75 percent and more in certain areas. This year [2014], I surveyed 303 households in so called “slums” and very low income residential-market streets. I found 99 incidents of dog-bites with a general awareness of rabies and prevention below 12 percent. In most cases people did not bother going to the hospital (nearby) where vaccine is free, and in most instances they just put chili on the wound.

マハーラシュトラ州の狂犬病症例に関して、私はモデレーターからのコメントに付け加えたい。私はJodhpurから戻ったばかりであるが、そこでは素晴らしいイヌの不妊/ワクチネーションプログラムが、Marwar Animal Protection trustによって実施されていた。そう、そのようなプログラムは重要であるが、ある種の愛玩動物教育プログラムが存在しなければならない。昨年[2013年]、私が調査した302の家庭の中で、私はわずか29例のイヌ咬傷事故と人口の少ない高額所得都市部における狂犬病認識が特定の地域において75パーセント以上であったということに気づいた。今年[2014年]、私はいわゆる「スラム」という呼ばれる非常に低所得層の市場通りで303の家庭を調査した。私は、一般的な狂犬病認識と12%以下の予防率であった99例のイヌ咬傷事故に気づいた。ほとんどの場合、人々はワクチンが無料である(近くの)病院に行きさえせず、ほとんどの場合、彼らはただ唐辛子を傷につけていた。

 

So I think that canine control without education is not enough to reduce the curse of human rabies. And education should also be directed to treating physicians, as I found out that the full course of vaccination (at least 3 shots) is often reduced to one shot if the victim has a small bite, even on the finger. Just some thoughts.

したがって私は、教育なしにイヌをコントロールすることは、ヒト狂犬病の災いを減らすには不十分であると思う。そして、もし犠牲者が小さい傷しかなく、まさに指などの場合、ワクチンの全過程(少なくとも3回)がしばしば1回に減らされることがあるということに私は気づいたので、教育は治療する医師にも向けられなければならない。まさにそう考えている。

 

Martine Jozan Work, MD, DrPH

Orange County Vector Control District (OCVCD) and Foundation for Rabies Education and Eradication (FHREE) California <MJozan@ocvcd.org>

Martine Jozan Work医学博士、教授

Orange郡媒介動物制御部(OCVCD)、カリフォルニアの狂犬病教育と根絶のための財団(FHREE)、<MJozan@ocvcd.org>

 

[Fair comment. If human clinical rabies is to be reduced there must also be prompt vaccination and wound treatment to head off any incipient infection from a bite. Canine vaccination is effective in the longer term, but in the short term it is vital to reduce the human cost. And that benefit will generate more public support and participation for the canine programme. Thank you, Martine. – Mod MHJ

正しい論評である。ヒトの臨床狂犬病を減らすためには、ワクチン接種と咬傷後のいかなる感染の始まりをも阻止する傷の治療を迅速にせねばならない。イヌのワクチン接種は、より長期的には効果的であるが、短期的には、人的損失を下げることが極めて重要である。そしてその利益は、イヌのプログラムに対するより多くの一般の支持と参加を引き起こすだろう。ありがとう、Martine。

 

PageTop