Home >News > ProMED翻訳情報(316回) ~ギリシャにおける最近の狂犬病の状況~

ProMED翻訳情報(316回) ~ギリシャにおける最近の狂犬病の状況~

2014.12.06

RABIES – GREECE: (THESSALY AND CENTRAL GREECE) CANINE

狂犬病 – ギリシャ : (THESSALYおよびギリシャ中部)、イヌ

*****************************************************

A ProMED-mail post

<http://www.promedmail.org>

ProMED-mail is a program of the

International Society for Infectious Diseases <http://www.isid.org>

 

Date: Fri 7 Mar 2014

Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly disease information 2014; 27 (11) [summ., edited]

<http://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Reviewreport/Review?page_refer=MapEventSummary&reportid=14902>

日付 :2014年3月7日金曜日

情報源:OIE、WAHID(世界動物衛生情報データベース)、

週刊疾病情報2014;27(11)[要約、編集済み]

<http://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Reviewreport/Review?page_refer=MapEventSummary&reportid=14902>

 

 

Rabies, Greece

狂犬病、ギリシャ

————–

Information received on [and dated] 7 Mar 2014 from Mr Spiros Doudounakis, Director, Animal Health Directorate, Directorate General of Veterinary Services/Animal Health Directorate, Ministry of Rural Development and Food, Athens, Greece

2014年3月7日[の日]に、ギリシャ、アテネの農業開発食物省、獣医サービス/動物衛生理事長、 動物衛生管理職理事であるSpiros Doudounakis氏から受け取った情報

 

Follow-up report No. 26, submitted 7 Mar 2014

2014年3月7日に提出された、続報No.26

 

The report deals with a single rabies case in a dog in the village Elassona, Larisa, Thessalia [Thessaly] (map attached, see in the source URL). The dog, reportedly, “showed on 19 Feb 2014 signs of rabies. It became aggressive and attacked sheep, another dog and poultry.” The dog died.

報告書は、[Thessaly]にあるElassona村、Larisa村、Thessalia村の一つのイヌ狂犬病症例を論じている(地図を添付したので、URLを参照)。報道によれば、イヌは”2014年2月19日に狂犬病の症状を示し、それは攻撃的になって、ヒツジ、別のイヌ、および家禽を襲った。” そのイヌは死んだ。

 

For additional data, including laboratory tests which were performed on 26 and 27 Feb 2014, please refer to the original report.

2014年2月26日と27日に実施された実験室検査を含んでいる追加データに関しては、原報を参照してください。

 

Communicated by:

ProMED-mail

<promed@promedmail.org>

 

[Since the start of the rabies continuing event in Greece, on 15 Oct 2012, 44 “outbreaks” (in practice, cases) of rabies in animals have been reported to the OIE. A summary, including an interactive map showing all cases found in domestic and wild animals, is available at <http://tinyurl.com/nnmfqon>.

ギリシャでの狂犬病の相次ぐ出来事の始まりの後で、2012年10月15日に動物の狂犬病の44の”発生”(実際には症例数)が、OIEに報告された。家畜と野生動物で見つかったすべての症例を示す双方向型の地図を含む要約は、<http://tinyurl.com/nnmfqon>で利用可能である。

 

The current case, in a domestic dog, has been preceded by 3 previous cases in the province Thessalia (Thessaly), of which 2 were in foxes.

Thessalia is the most southern province in Greece affected so far (see in the above interactive map; zoom in).

飼育犬における最近の症例は、Thessalia (Thessaly)州で以前発生した3症例(うち2例はキツネ)に先立って発生していた。

Thessaliaは、これまでに発生しているギリシャにおける最も南の州である(上記双方向地図を参照;拡大して)。

 

Greece was rabies free for 25 years (since 1987). When the old zoonosis was reintroduced (2012), The current rabies cycle appears to be sylvatic, foxes being the reservoir. Until 1987, dogs were the main reservoir of rabies in Greece.

ギリシャは(1987年以来)、25年間狂犬病フリーだった。古い人獣共通伝染病が再び起こると(2012年)、現在の狂犬病サイクルは森林型と思われ、キツネがリザーバーとなっている。1987年まで、ギリシャではイヌが主なリザーバーであった。

 

To try to control rabies in Greece, coordination with its rabies-endemic neighbours on the north (Albania, former-Yugoslavian Macedonia) and east (Turkey) is essential.

ギリシャにおいて狂犬病をコントロールするためには、狂犬病が風土病である北の隣国(アルバニア、前のユーゴスラビアのマケドニア)と東の隣国(トルコ)との協調が不可欠である。

PageTop