Home >News > ProMED翻訳情報(318回) ~ミズーリ州で発生した狂犬病による人の死亡事例~

ProMED翻訳情報(318回) ~ミズーリ州で発生した狂犬病による人の死亡事例~

2014.12.14

RABIES – USA (29): (MISSOURI), HUMAN CASE
*****************************************

Date: 29 Sep 2014   Source: ABC 17 News [edited]
Family members told ABC 17 it all started about 2 weeks ago when John Emmerich of Eugene felt severe neck pain, began shaking, had trouble swallowing and hallucinations. Not long after that, he was admitted to University Hospital where he died last Fri [26 Sep 2014]. Family members said test results last week came back from the CDC and confirmed Emmerich had rabies. He died the following day.
家族の方々がABC17に伝えたところによると、全ての始まりは約2週間前で、John Emmerich of Eugene は強い首の痛みとともに震えはじめ、飲み込むことが難しくなり、幻覚を見るようになった。それから間もなく、彼は大学病院に入院し、先週金曜日(2014年9月26日)に亡くなった。家族の方々によると、検査結果が先週CDCから戻ってきて、Emmerichが狂犬病であったことが確定した。その翌日に彼は亡くなっている。

 

The Miller County Health Department said Missouri’s Health Department is investigating the cause of death. The department said it can’t comment on the cause due to privacy laws, but a spokesman told ABC 17 News rabies is a virus that attacks the central nervous system. “Headache, fevers, and then it’ll go into more serious neurological effects like hallucinations or things like that, and if somebody does contract rabies, the likelihood of someone surviving is very small,” said Ryan Hobart, the spokesman for the Department of Health and Senior Services.
ミラー郡保健課は、ミズーリの保健課が死因を調査中であるとしている。当局は原因についてプライバシー(保護)法により言及できないとしているが、広報官は狂犬病が中枢神経を侵すウイルス病だとABC17 Newsに語った。「頭痛、発熱、それから幻覚や類似したような、更に深刻な神経学的な影響に到る。もし、狂犬病が発症してしまうと、助かる可能性はほぼありません」と、保健介護課の広報官であるRyan Hobart氏は述べている。

 

Hobart said it’s rare to catch rabies. “If people have been outdoors, working outdoors, or if they spend a lot of time outside, if they see a wild animal that might have been in the house, usually it’s a bat or a skunk; those are usually the animals in Missouri it’s occurring with. If they have any feeling that they might have been bitten whatsoever, they should consult their physician immediately,” said Hobart.
Hobart氏は、狂犬病に罹患することは稀であるとし、「一般の方々が野外活動にでた時、野外での職務に従事している人々、また、野外で過ごす事が多い人々は野生動物、とくにコウモリやスカンク(屋内で見る事があるかもしれない)をよくみかけるでしょう。それらはミズーリ内でよく狂犬病になって発見される動物です。もしどんなものにでも咬まれたと思ったら、主治医の診察をただちに受けるべきである。」と述べている。
Officials said that if you are bitten to wash the wound immediately for 10-15 minutes then call your healthcare provider and get tested.
当局は、もし咬傷を受けた場合には傷口をすぐに10-15分洗浄し、医療機関に連絡をして検査(曝露後ワクチンの間違い)を受けるように伝えている。(訳者注:このニュース記事をリアルタイムに読みましたが、“tested”の部分に誤解/混乱をしている読者のコメントがいくつか見られました。)
[Byline: Lindsey Henry]

[You don’t get tested for rabies, you get vaccinated and an immunoglobulin shot. – Mod.JW

As yet, there is no information as to the probable source of this man’s infection. According to the CDC the commonest sources in Missouri are skunks and bats.
狂犬病の検査ではなく、ワクチンとイムノグロブリンの注射を受ける。

未だに、この男性への感染源らしいものに関する情報がない。CDCによると、ミズーリ州で最も一般的な感染源はスカンクやコウモリである。

 

PageTop