Home >News > ProMED翻訳情報(319回) ~中国での狂犬病予防対策~

ProMED翻訳情報(319回) ~中国での狂犬病予防対策~

2014.12.14

RABIES – CHINA: (YUNNAN) CANINE, HUMAN, CONTROL

***********************************************

Date: Sun 7 Sep 2014     Source: Shanghai Daily, Xinhua News Agency report [edited]

 

As rabies sweeps across dog populations in China’s southwest Yunnan  province almost 5000 canines have been culled in an anti-rabies campaign.

中国南西部の雲南省の犬の集団において狂犬病が広がっているので、狂犬病対策キャンペーンで約5000頭の犬が淘汰された。

 

With 5 human deaths in the past 3 months, the municipal government in Baoshan City is carrying out a campaign to stop the threat, with more than 4900 dogs killed and 100 000 vaccinated.

ここ3ヶ月間において5名の人死亡者があり、保山市地方自治政府は脅威を止めるために4900頭以上の犬を殺処分し100,000頭にワクチン接種するキャンペーンを行った。

The human casualties, one in July and 4 in August [2014], were reported in 4 townships and villages in Shidian County. Longling County and Longyang District have also reported dog bites.

人死亡者のうち、1名は2014年7月に4名は8月に施甸県の4郡区及び村で報告された。竜陵県及び隆陽区でもまた犬咬傷が報告された。

 

[As reminded by R. Rupprecht “Mass dog vaccination, not culling, is the safe, humane, and cost-effective method for the elimination of canine rabies on a global

level.”

R. Rupprecht によって気付かせてくれたように、「殺処分を行こなわず、大規模な犬のワクチン接種を行うことが、安全で人道的であり、全世界規模の犬狂犬病を撲滅する費用効果に優れた方法である。」

 

It is encouraging to note that, at least in China’s Yunnan province, dog vaccination policy has been applied: with most owned dogs vaccinated, culling becoming exceptional, probably applied when other means are not feasible in order to protect human lives.

少なくとも中国雲南省において犬のワクチン接種政策が実行され、それに注目することが励みになっている。:殆どの飼い犬がワクチン接種を受け、多分人の生命を守るために他の方法が適用されない希な場合に殺処分された。

PageTop