Home >News > ProMED翻訳情報(322回) ~アメリカで報告された野生動物の狂犬病(2題)~

ProMED翻訳情報(322回) ~アメリカで報告された野生動物の狂犬病(2題)~

2015.01.05

RABIES – USA (32): (SOUTH CAROLINA, VIRGINIA)

*********************************************

In this posting:

[1] South Carolina (Beaufort): human exposure, coyote

サウスカロライナ州(ビューフォート郡):人への暴露、コヨーテ

[2] Virginia (Warren): human exposure, feline, raccoon, canine,caprine

ヴァージニア州(ウォーレン郡):人への暴露、ネコ、アライグマ、犬、ヤギ

******

[1] South Carolina (Beaufort): human exposure, coyote     Date: Wed 1 Oct 2014

 

A wildlife expert is warning people to be careful around wild animals after a [South Carolina] Lowcountry man was bitten by a coyote with rabies last week [week of 23 Sep 2014].

先週(2014年9月23日の週)、サウスカロライナ州低地地方の男性が狂犬病のコヨーテに咬まれた後に、周りの野生動物に注意するよう野生生物専門家は人々に警鐘を鳴らす。

 

So far, 4 animals in Beaufort County have tested positive for rabies this year [2014], compared to only one in 2013.

2013年にたった1例であったのに対して、今年(2014年)はこれまでにビューフォート郡で狂犬病陽性が4例検出された。

 

Cliff Boatwright, owner of Tracks Wildlife Control in Beaufort, has been working in Beaufort for years and he hasn’t come across any animals infected with rabies, but since there’s been an increase in the number of cases in the county, he said people should be extra cautious.

ビューフォート郡にある、Tracks Wildlife Controlのオーナー、Cliff Boatwright氏はビューフォート郡で何年も働いているが、狂犬病に感染した動物を見かけることはなかったのだが郡内で発生数が増加傾向にあるため、人々に十分な注意をよびかけている。

 

Number one on his to do list is to keep your pets vaccinated, first, because it’s the law, but secondly because if a pet is exposed to rabies, it’s easy to pass with just a bite or a scratch.

彼のまずするべきことは各自のペットにワクチン接種を続けることであり、第一の理由は法律で決められているからであり、第二の理由はもしもペットが狂犬病に曝されても、まさに咬まれたり引っかかれたりしても、やりすごすことが容易だからである。

 

Boatwright warns people to be on high alert in wooded areas, and try to avoid wild animals as much as possible.

Boatwright氏は森林域では特に注意するよう、またできるだけ野生動物に近づかないよう警告している。

 

He added that people should also be particularly suspicious of pets that are unusually aggressive and wild animals that are passive and friendly. Those are some signs that they may be infected.

人々はまたペットがいつもと違って攻撃的だったり、野生動物がおとなしかったり人懐こかったりするようなことを特に不審に思うべきだと彼は付け加えた。それらは感染したかもしれないちょっとした兆候であるからだ。

 

“People think, ‘oh, well it’s hurt, I’ll go up and see it and see if I can help it’, but that’s the worst thing you could do,” Boatwright said. “If there is any animal like that, like raccoons, foxes, coyotes, anything like that, or cats, especially feral cats, you want to avoid them and call a professional.”

「 『ああ、そうか、けがをしているね、できることなら連れて帰ってみてあげよう』と人は思うかもしれない。しかしそれは最もやってはいけないことなのだ。もしもアライグマやキツネやコヨーテや猫、特に野良猫のような動物がそのような状態にあっても、動物たちに近づかずに専門家を呼ぶべきだ。 」 とBoatwright氏は言う。

[Byline: Traci Washington]

 

******

[2] Virginia (Warren): human exposure, feline, raccoon, canine, caprine

ヴァージニア州(ウォーレン郡):人への暴露、ネコ、アライグマ、犬、ヤギ

Date: Wed 29 Oct 2014    Source: Northern Virginia Daily [edited]

 

On 15 Oct 2014, the cat, described as a domestic short hair, yellow and white in color, attacked 3 people in the vicinity of Va. 649 or Browntown Road and Va. 622 Buck Mountain Road/Liberty Hall Road, according to a news release from the Warren County Health Department.

ウォーレン郡保健局が発信したニュースによると2014年10月15日、ヴァージニア州の649号線またはブラウンタウン街道と、622号線バックマウンテン街道/リバティホール街道の周辺で、黄色と白の毛色の在来短毛種と記録されている猫が、3名の人を襲った。

 

This is the 5th cat that has tested positive for rabies in Warren County this year [2014]. Though not a comparatively high number, Dr Charles Devine III, health director of the Lord Fairfax Health District, said the number is reflective only of animals determined to have had exposure to rabies.

これはウォーレン郡で今年(2014年)狂犬病と診断された5例目の猫である。比較的多い数ではないが、Lord Fairfax 健康部局の健康課院長Charles Devine Ⅲ医師は、例数は単に狂犬病に暴露されたと診断された動物の数を示しているに過ぎないと語る。

 

Since the start of summer [2014], there were 2 other attacks — one on 20 Sep 2014 on Fletcher Street in Front Royal near the biking trail and the other on 24 Jun 2014 near Andrick’s Front Royal Flea Market at the intersection of Main Street and Commerce Avenue.

(2014年の)夏の始まり以降、ほか2例の襲撃があった。一つは2014年9月20日、フロントローヤルにあるフレッチャーストリートの自転車道そばで、もう一つは2014年6月24日メインストリートとコマース通りの交差点にあるアンドリックスフロントローヤルフリーマーケットのそばである。

 

Other confirmed cases involved 6 skunks, 2 raccoons, a fox, and a goat.

他に確認されたのはスカンク6例、アライグマ2例、キツネ1例、ヤギ1例であった。

 

As always, following a confirmed rabies case, the health district and Warren County Sheriff’s Office have reminded residents of the importance of vaccinating domestic pets and farm animals against rabies.

いつものように、上記の狂犬病と確認された例のあと、健康部局とウォーレン郡保安官事務所は 狂犬病に対する家庭のペットや農場動物のワクチンの重要性を住民に周知した。

 

“I would say it’s very important because … any wild mammal has the potential to have rabies” and can give it to a domestic animal, Devine said, adding that animals can pass the virus on to humans.

『これは大変重要なことだ。あらゆる野生哺乳類は狂犬病を持っている可能性があると言いたい』そしてそのような動物たちは家庭動物に感染させ、またウイルスを人に伝播することができるとDevine氏は付け加えた。

 

Rabies is a deadly disease caused by a virus that lives in saliva and tissue in the brain and nerves of an infected animal. Once symptoms begin, Devine said, “It’s too late to prevent it, they already have it, and there is no successful treatment for rabies.”

狂犬病は感染動物の唾液や、脳組織、神経組織に生存しているウイルスによって引き起こされる致死的な病気である。『狂犬病に対する症状がひとたび出ると、予防は手遅れで、すでに感染し、治療は功を奏さない。』とDevine氏は語る。

 

The people attacked by the cat this month [October 2014] were successfully treated to prevent rabies, he said. [Administration of post exposure prophylaxis (PEP) – Mod.TG]

今月(2014年10月)猫に襲われた人たちは狂犬病発症予防に成功した、と彼は言った。[暴露後予防(PEP)の実施]

 

By state law, all dogs, cats, and ferrets must have a current vaccination against the virus as soon as a veterinarian determines the animal is old enough. Dogs and cats 4 months or older must be vaccinated, Devine said. Rabies vaccines can be given as early as 3 months and one product is approved for kittens at 8 weeks.

州法によると、すべての犬、ネコ、フェレットは動物が十分な月齢になったと獣医師が判断したら直ちに予防接種を受けなければならない。犬と猫は4か月齢を過ぎたらワクチン接種を受けなければならない、とDevine氏は言う。狂犬病ワクチンは早ければ3か月齢以降、またある製剤は8週齢の子猫に接種が可能である。

 

Other ways of preventing the spread of rabies:

– Avoid contact with wild animals or stray cats and dogs.

– Do not feed stray or wild animals.

– Report strays to a local animal control agency.

– Eliminate outdoor food sources around the home.

– Keep pets confined to one’s property or walk them on a leash.

– Ensure all animal bites are reported to the health department or animal control.

狂犬病拡大を防ぐほかの方法は…

– 野生動物、野良猫や野良犬との接触を防ぐ

– 野良や野生の動物にエサを与えない

– 野良動物の情報を動物管理官に報告する

– 自宅周囲のえさになるようなものを撤去する

– ペットは敷地から出さないようにして、つないで散歩に出すようにする

– 動物に咬まれたことを保健所や動物管理課に必ず報告する

 

“Most stray and most wild animals don’t have rabies, so we don’t want everyone inordinately afraid,” Devine said. However, “the probability is that any stray or any wild animal may have rabies.”

『ほとんどの野良や野生の動物たちは狂犬病にかかっていないので、すべての人々が過度に恐れる必要はない。しかし、あらゆる野良や野生動物は狂犬病を持っている可能性はある。』とDevine氏は言う。

 

He said it’s not enough to keep pets leashed without vaccinating them. “We’ve had instances where rabid raccoons have run out of the woods and attacked a dog on a leash,” he said.

『予防接種せずにひもでつないでおくだけでは十分ではない。狂犬病のアライグマが森から飛び出てきて、ひもでつないだイヌを襲った例もあるのだから。』と彼は言う。

 

The Warren County cats confirmed with rabies this year [2014] were not claimed by anyone, though Devine said all but 2 were being fed by people — a dangerous practice he discouraged since doing so can attract other animals that might carry rabies.

ウォーレン郡で今年(2014年)狂犬病と確認された猫は、誰からも苦情はなかった。しかし2頭の猫は人々からえさをもらっていた。狂犬病に罹っているかも知れない他の動物を引き寄せる可能性があるために、この危険な行為をやめさせた、とDevine氏は語った。

 

In addition to having pets vaccinated, he encourages the public to call for help when dealing with a possible rabies exposure.

加えてワクチン接種済みのペットであっても、狂犬病暴露の疑いがある場合には報告することを彼は人々に推奨している。

 

Unfortunately, he said, some pet owners prematurely fear losing their animal after an attack.

残念なことに、襲われたらただちに自分のペットを失うのではないかと不安に感じている飼主がいると彼は言う。

 

Vaccinated pets usually can remain at home and monitored for signs of distress before being cleared as healthy.

通常、予防接種済みのペットは健康であることが明らかになるまで体調不良の症状を在宅で観察することができる。

 

Fewer cases result in having to condemn the animal, and that’s only if the pet isn’t up to date on vaccinations. [If your pet is not already vaccinated against rabies, now is a great time to get that done. – Mod.TG]

Fda.

そうした動物を殺処分しなければならないことはまれで、それは最新のワクチン接種を行っていない場合だ。(もしもあなたのペットが狂犬病に対するワクチン未接種の場合、今が接種のし時である。)

 

“We had that situation,” he said. “We hate having to make those decisions, and those decisions are not necessary. If the animal is vaccinated, it’s not necessary to do that. But it breaks my heart every time I have to order that.”

『そうした場面に出くわした。我々はそうした決定に反対であり、そうした決定は不必要である。もしも動物がワクチン済みならば、そうする必要はない。しかし殺処分を命ぜねばならないとき、いつも私は胸が痛む。』と彼は語る。

 

For more information, contact the Warren County Sheriff’s Office animal control department at 540-635-4128 or the health district’s Warren County department at 540-635-3159.

さらなる情報はウォーレン郡保安官事務所動物管理課または健康管理課に連絡してください。

[Byline: Josette Keelor]

[These 2 areas have had reports of rabies. It is very important for owners to get their animals, (dogs, cats, horses, cows, goats, etc.) vaccinated against rabies. Having your pets vaccinated may insure their life and yours. Vaccinated animals are a barrier between the disease and you. Yes, vaccinate your farm animals — they can get this disease. So protect yourself and your family by vaccinating all your animals. – Mod.TG]

これら二つの地域は狂犬病の報告をした。狂犬病ワクチンを接種した動物(犬、ネコ、馬、牛、ヤギなど)を飼うことは飼主にとってとても重要なことである。ワクチン接種したペットを保有することは動物たちの命とあなた自身を守るであろう。ワクチン接種済みの動物たちは狂犬病とあなたとの砦となってくれる。そう、あなたの農場動物達は感染する恐れがあるので彼らにワクチン接種をしよう。あなた自身とあなたの家族を守るために、すべてのあなたの動物にワクチン接種をしよう。

PageTop