Home >News > ProMED翻訳情報(323回) ~アラバマ州における野生動物の狂犬病の現状~

ProMED翻訳情報(323回) ~アラバマ州における野生動物の狂犬病の現状~

2015.01.05

RABIES – USA (17): (ALABAMA) WILDLIFE, HUMAN EXPOSURE

狂犬病 – アメリカ(17) :(アラバマ州)野生動物、ヒト曝露

*****************************************************

Date: Wed 6 Aug 2014    Source: The Daily Sentinel [edited]

 

Since May [2014], 5 cases of rabies have been identified in Jackson County, including 3 cases in raccoons between 12 Jul 2014 and 15 Jul 2014, according to the US Department of Agriculture (USDA) wildlife specialist and rabies biologist Dana Johnson, who said the other 2 cases involved a fox from Scottsboro and a dog from Fabius. After coming into contact with the fox and the dog, some local residents had to undergo a series of post-exposure treatment shots that cost between USD 1600 and USD 2400 in total. As a result of these animals that tested positive for rabies, Johnson said Jackson County residents need to be more aware of animals potentially carrying the virus because possible exposure can be expensive and definite exposure is deadly.

アメリカ農務省(USDA)野生動物専門家で狂犬病生物学者のDana Johnsonによると、[2014年]5月以降、2014年7月12日と2014年7月15日の間のアライグマの3症例を含めて、狂犬病5症例がJackson郡で確認され、彼は他の2症例にはScottsboroからのキツネとFabiusからのイヌが含まれていると語った。キツネとイヌに接触した後、一部の地元住民は合計1600から2400ドルかかる一連の曝露後治療注射を受けなければならなかった。これらの動物が狂犬病陽性だった結果、曝露の可能性には費用がかかり、明確な曝露は致命的なので、Jackson郡の住民は動物が潜在的にウイルスを持っているということをもっと認識する必要があるとJohnsonは語った。

 

According to Johnson, these cases all occurred within a 10-mile [16 km] radius, including 2 within 1.5 miles [2.4 km] of the Sentinel office in Scottsboro, and were the 1st reported cases of raccoon-variant rabies in this area. He said there are also bat-, coyote-, skunk-, and fox-variant rabies viruses and that this area had only previously experienced the bat-variant.

Johnsonによると、これらの症例は、Scottsboroにある監視事務所の1.5マイル[2.4km]以内の2症例を含み、全て半径10マイル[16km]以内で発生していて、この地域でのアライグマ変異株による最初の狂犬病報告症例であった。彼は、さらにコウモリ、コヨーテ、スカンク、キツネの狂犬病変異型ウイルスも存在するが、以前はコウモリ変異株だけしか経験していなかったと語った。    [Byline: Wes Mayberry]

 

[In the USA, several wildlife variants of Lyssavirus exist, which circulate in bats, raccoons, skunks, foxes, and coyotes. Transmission rarely occurs between species, and these “spillover events” generally are not perpetuated in the recipient species.

アメリカでは、狂犬病ウイルスの数種の野生動物変異株が存在し、それらはコウモリ、アライグマ、スカンク、キツネおよびコヨーテの中で循環している。伝染は種と種の間ではめったに起こらず、これらの ”漏出事例”は受け取り側の種の間では通常永続しない。

 

While bat rabies is found throughout the USA, main terrestrial reservoirs differ depending on the geographical location. Raccoon rabies virus variant is present in the eastern United States (see map at

<http://www.cdc.gov/rabies/resources/publications/2012-surveillance/reservoirs.html>).

コウモリ狂犬病はアメリカの至る所で見つかっているが、主な陸棲病原体保有動物は地理的位置に依存して異なっている。アライグマ狂犬病ウイルス変異株は、アメリカ合衆国東部に存在している(次の地図を参照

<http://www.cdc.gov/rabies/resources/publications/2012-surveillance/reservoirs.html>)。

 

It is very important to make sure to keep the vaccination status of all dogs and cats in the area up to date and not to approach wildlife with unusual behavior.

地域のすべてのイヌとネコのワクチン接種状態を最新に保つことと、異常行動を起こしている野生動物に近づかないということは非常に重要である。

 

PageTop