Home >News > ProMED翻訳情報(324回) ~イスラエルで発生したオオカミからの狂犬病曝露事例~

ProMED翻訳情報(324回) ~イスラエルで発生したオオカミからの狂犬病曝露事例~

2015.01.05

RABIES – ISRAEL (03): (HAZAFON), WOLF, HUMAN EXPOSURE

*****************************************************

Date: Tue 11 Nov 2014   Source: Arutz Sheva [edited]

 

The Ministry of Health as issued an alert today [11 Nov 2014] that 3 people have been bitten by a wolf at the northern end of the Israel National Trail near Tel Dan in the Upper Galilee. The wolf was shot, and its remains have been sent in to be tested.

厚生省は、本日(2014年11月11日)3名がガリラヤ奥地のTel Dan近辺のイスラエル国立遊歩道の北端においてオオカミに咬まれた、との警告を発した。そのオオカミは射殺され、その死体は検査のために送られた。

 

Ministry spokespeople said: “At this stage, all we know is that 3 people came into contact with this wolf, and have been administered prophylactic treatment for rabies. We are continuing in our efforts to identify and locate any others who may have come into contact with the animal.”

厚生省の広報官は、「現段階において、3名がこのオオカミと接触をした、そして狂犬病予防処置を受けているということが、我々の知っているすべてである。我々は、その動物と接触したかもしれないすべて人々の確認と所在を突き止める努力を続けていく」と述べた。

 

The ministry is also requesting that anyone who has come into contact with the animal, or any animal owner whose animal may have come into contact with it, or which has been in the region that the incidents have occurred, or who have seen any stray animals wandering about between 28 Oct 2014 through and inclusive of today [11 Nov 2014] to please [contact] the Ministry of Health offices in Tzfat or in their local community to report it.

厚生省は、その動物と接触をした全ての人、またはその動物と接触をした可能性のある動物を飼っている飼い主、またはその事例が起こった地域にいた動物を飼っている飼い主、あるいは2014年10月28日から今日(2014年11月11日)までに間に放浪している動物を見た人はTzfatまたは居住する地域共同体にある厚生省の事務所に報告するように求めている。

[We are informed by the rabies centre at the Kimron Veterinary Institute (Veterinary Services and Animal Health, Ministry of Agriculture) that the shot, suspected wolf has been diagnosed rabies positive.

我々は、Kimron獣医学研究所(農業省獣医行政及び動物衛生)狂犬病センターにより射殺された被疑オオカミが狂犬病陽性であったとの情報を得た。

 

The number of rabies cases in animals dropped significantly during 2014 in Israel. The current case, in a wolf, is the 8th case since the start of the year [2014]. The previous cases were: badger (12 Jan 2014), calf (30 Jan 2014), wolf (6 Mar 2014), badger (9 Sep 2014),jackal (11 Sep 2014), fox (23 Sep 2014) and a jackal (9 Nov 2014). The current case in a wolf is, thus, the 8th case this year; as in 6 previous cases, it is located in north eastern Israel (Hazafon district), bordering Syria. One single case (a fox, 23 Sep 2014) was located in southern Israel (Kibbutz Yahel), adjacent to the Jordanian border.

20014年のイスラエルにおける動物の狂犬病症例件数が有意に減少した。今回のオオカミの症例で2014年初頭より8例目である。これまでの症例は、アナグマ(2014年1月12日)、牛(2014年1月30日)、オオカミ(2014年3月6日)、アナグマ(2014年9月9日)、ジャッカル(2014年9月11日)、狐(2014年9月23日)、そしてジャッカル(2014年11月9日)である。オオカミの本症例は、このように今年8番目の症例である。前の6症例は、シリア国境と接するイスラエル北東部(Hazafon地域)で確認されている。1例(キツネ、2014年9月23日)は、ヨルダン国境に接するイスラエル南部(Kibbutz Yahel)で確認されている。

PageTop