Home >News > ProMED翻訳情報(325回) ~フィリピンの狂犬病ワクチン不足~

ProMED翻訳情報(325回) ~フィリピンの狂犬病ワクチン不足~

2015.01.05

RABIES – PHILIPPINES (07): MINDANAO, LACK OF HUMAN VACCINE

**********************************************************

Date: 2 Nov 2014   Source: GMA News [edited]

 

Doses of anti-rabies vaccines are running out in Surigao City at a time when cases of rabies are rising, causing city health officials to worry, a Mindanao news site reported.

(フィリピンの)Mindanaoのニュースサイトでは、Surigao市で狂犬病が発生した場合、抗狂犬病ワクチンが足りなくなることから、市の保健当局は事態を憂慮しているとの報道がなされている。

 

City Health Office Animal Bites Treatment Center head Garrote Menor said they cannot give all necessary vaccines to bite victims, according to MindaNews. “We don’t have ample supply of these vaccines to give each patient all the necessary vaccines, especially those categorized as level 3,” Menor said. Category 3 patients are those bitten near the brain, like in the neck, head and face, she said.

Mindanewsによると、City Health Office Animal Bites Treatment Centerの所長であるGarrote Menorは、彼ら(保健当局)は、(動物による)咬傷事故の犠牲者に必要なワクチン全てを提供できない、と語ったとのこと。“我々はそれぞれの患者、特にカテゴリー3の患者に与えるために必要な十分な量のワクチンを保持していない”とMenorは言う。カテゴリー3の患者とは、頸部、頭部、顔面などのように脳に近い部位を咬まれた者であると彼女は言った。

 

Menor said anti-rabies vaccines cost P 2800 [USD 62.00] per vial, with Category 3 patients needing “at least 3 doses of anti-rabies vaccines.” But the city government allocated only P 100 000 [USD 2200] for the anti-rabies vaccines this year [2014], she said.

Menorによると、抗狂犬病ワクチンの値段は1バイアルあたり2,800フィリピンペソ(P)[62.00 USドル]であり、カテゴリー3の患者は“少なくとも3回分の抗狂犬病ワクチン”が必要であるとのこと。しかし、市政府は今年[2014年]、抗狂犬病ワクチンのために100,000 P[2,200 USドル]しか計上していない。

 

The CHO recorded at least 1241 cases of animal bites from January to September 2014. Last year [2013], the CHO recorded 1510 animal-bite cases, including 1210 dog bites. Of this year’s cases, 973 are dog bites. Some 196 other cases were cat bites, while the rest involved rats, monkeys, and rabbits.

CHO(City Health Office)は、2014年の1-9月の間に、少なくとも1241件の動物による咬傷を記録している。昨年[2013年]は、CHOは1510件の動物による咬傷を記録し、うち1210件はイヌによるものであった。今年は、973件がイヌによる咬傷だった。他の196件はネコによるもので、残りはネズミ、サル、ウサギによるものであった。

 

Menor said the CHO is subsidizing the anti-rabies vaccines, with the patients not needing to pay for the 1st dose. But if a dog dies after the bite, the patient needs the 4 complete sessions. Menor said the patient must then buy the vaccine after the 1st dose. “Indigent or not, we give them the vaccine and that is free of charge,” she said.

Menorは、CHOが抗狂犬病ワクチンに助成を行っているため、患者は第1回目のワクチン投与は無料で受けられる、と語った。しかし、もしイヌが(人に)咬みついた後に死亡した場合、患者は4回の全ての接種を受けなければならない。Menorは、患者は1回目の接種を受けた後は、ワクチンを買わなければならないと述べた。“お金のあるなしに関わらず、我々はワクチンを無料で与えている。”と彼女は言った。

 

She said the Philippine Health Insurance Corp. also offers free vaccines to its members.

彼女によると、Philippine Health Insurance Corp.(訳者注:フィリピン国営の医療保険会社)もまた、その会員に対して無料の(狂犬病)ワクチンを提供しているとのこと。

 

Meanwhile, MindaNews said CHO records show zero incidence of rabies cases from 2008 to 2013 in Surigao City but 4 rabies-related deaths this year [2014] alone.

一方で、CHO は、Surigao市における狂犬病の件数は、2008年から2013まではゼロであるが、今年[2014年]だけで4件の狂犬病に関連した死亡事故を記録している、とMindaNewsは述べている。

 

CHO head Dr. Emmanuel Plandano said his office is short of anti-rabies vaccines. “There are many times that cases of dog bites may reach up to 10 a day,” he said.

CHOの長であるEmmanuel Plandano博士は、彼の部局では抗狂犬病ワクチンが不足している、と語る。“イヌによる咬傷件数はとても多く、1日に10件に達する日もあるだろう。”と彼は言った。

 

Menor said the city government will double its budget for anti-rabies vaccines in 2015.   [Byline: Joel Locsin]

Menorは、2015年には、市政府は抗狂犬病ワクチンのための予算を2倍とするだろう、と述べた。

 

[In 2011, the latest year that the Philippines reports any human cases, there were 296 544 reported cases of human rabies with 202 deaths (under one percent case fatality); as recovery from clinical rabies is rare, I think we can presume that the number of “cases” is in relation to bites by “rabid” dogs. There were 361 animal outbreaks reported in 2012, and 300 in January-June 2013; details are scant, but most involved dogs.

フィリピンにおけるヒト狂犬病を報告した最新の年、2011年において、それまでに202件の死亡例を含む296,544例が報告されている(致命率は1%未満)。狂犬病は、発症してからの回復は稀であるため、(この数字における)「件数」は、「狂犬病に罹患した」イヌに咬まれたことに関する数字だと思われる。2012年には361件の、2013年の1-6月には300件の動物の狂犬病が報告されている。詳細な報告は少ないが、ほとんどはイヌに関連したものである。

 

Rabies in all its forms is clearly a major problem in the Philippines.

A coordinated strategy to annually vaccinate dogs would have an immediate pay off. An efficient urban canine rabies programme can, from my experience with PAHO in Brazil, reduce the number of rabid dogs to zero within 3 years. It has very significant social and community benefits and is very cost effective. Retroactive human vaccination does nothing to reduce the community risk of this disease, though it can skirt the human death that would have occurred without this vaccination. Human vaccination is the most expensive way of dealing with this zoonotic disease. – Mod.MHJ

その全ての面において、狂犬病は明らかにフィリピンの大きな問題である。毎年イヌにワクチン接種を行うために調整されたプログラムは、すぐにその効果を現すだろう。都市部における効果的なイヌの狂犬病プログラムは、ブラジルにおけるPAHOでの私の経験から語るなら、3年以内に狂犬病罹患犬数をゼロにすることが可能だ。これは社会および共同体における大きな利益となるし、非常にコストパフォーマンスも良い。ヒトへの暴露後のワクチン接種は、この疾病がもたらす共同体へのリスクを減じることはできない。その一方で、(イヌの狂犬病プログラムは)この(人への)ワクチン接種なしに起こるであろう人の死を無くすことができる。人へのワクチン接種は、この人獣共通感染症に対処するに当たっては、最もお金のかかる方法である。

 

PageTop