Home >News > ProMED翻訳情報(326回) ~カナダで発生したアライグマの狂犬病事例~

ProMED翻訳情報(326回) ~カナダで発生したアライグマの狂犬病事例~

2015.01.12

RABIES – CANADA (03): (NEW BRUNSWICK) RACCOON, EXPOSURES

********************************************************

Date: Tue 10 Jun 2014    Source: Healthywildlife.ca [edited]

 

On [2 Jun 2014], a raccoon from St Stephen, New Brunswick, tested positive for the raccoon variant of rabies. The raccoon rabies variant  was last detected in New Brunswick in May 2002, in this same general geographic area. Prior to this June 2014 occurrence in a raccoon, the last case of rabies in this province was detected in Fredericton in November 2013 in a big brown bat (in this case, the virus was a bat variant of rabies virus and not the raccoon variant).

2014年6月2日、ニューブランズウィックのセントステファンのアライグマが狂犬病のアライグマ変異株に陽性と診断された。アライグマ狂犬病変異株は2002年5月にニューブランズウィックの地理的にほぼ同一の地域で最後に検出された。2014年6月のアライグマでの発生以前の、この州における最後の狂犬病の症例は2013年11月、フレデリクトンにおいてBig Brown Bat(和名オオクビワコウモリ)で検出された。(この症例では、ウイルスはコウモリ変異株であり、アライグマ変異株ではない)

 

In this recent raccoon case, a family in St Stephen had returned home on the evening of Thu May 29 2014, to find their 2 dogs excitedly circling around something in the yard. The object of attention was a raccoon, which evidently was moving abnormally slowly and was circling. The raccoon was killed and buried. Afterward, the dogs shared popsicles with the family’s 2 young children. It was not known if the dogs had had contact with the raccoon, but if they had been bitten, it is likely that they would have licked any wounds they incurred and so could have been exposed to the raccoon’s saliva. The raccoon was dug up and its brain was extracted by the New Brunswick Provincial Veterinary Laboratory and sent to the Canadian Food Inspection Agency Rabies Laboratory in Ottawa for testing. Test results were completed on [2 Jun 2014] and variant typing was completed on [3 Jun 2014].

この最近のアライグマの症例では、2014年5月29日(木)の夕方にセントステファンのとある家族が飼っている二匹の犬が庭で興奮しながら何かのまわりを取り囲んでいたところを帰宅した家族によって発見された。犬たちが注意を向けていたものは、アライグマであり、そしてそれは明らかに異常に遅く動き、旋回していた。アライグマは殺され埋められた。その後、犬たちは家族の幼い子供たち二人とアイスキャンディーを分け合った。犬たちがアライグマと接触があったかは定かでないが、もし犬たちがアライグマに咬まれていたら、犬たちは咬まれた傷を舐めていただろうし、アライグマの唾液に暴露されることになっていただろう。アライグマは掘り返され、ニューブランズウィックの州立獣医検査室によってその脳が取り出され、診断のためにオタワにあるカナダ食品検査庁(CFIA)狂犬病検査室に送られた。診断は2014年6月2日に終了し、変異型別は2014年6月3日に終了した。

 

Post-exposure treatment has been started on the 2 children. Both dogs had been vaccinated previously against rabies, although one dog was overdue for revaccination. Both dogs were given booster vaccinations for rabies and have been put under quarantine. The family also has an indoor-outdoor cat which had never been vaccinated against rabies. The cat was vaccinated and also is being quarantined. 4 of the immediate neighbours also have dogs, and there is a school nearby.

その二人の子供たちについて暴露後治療が開始された。二匹の犬たちは、うち一匹が再接種の期限が過ぎていたが、二匹とも以前に狂犬病ワクチン接種がなされていた。犬たちは狂犬病ワクチンの追加接種を受け、検疫監視下に置かれた。その家族は室内外を行き来する猫も飼っていたが、その猫は今までに狂犬病ワクチン接種を受けたことが無かった。その猫にもワクチン接種がなされ、同じく検疫監視下に置かれた。すぐ近隣の4家族で同様に犬を飼育しており、近くには学校もある。

 

In 2001, the New Brunswick government launched a successful trap-vaccinate-release program to control the raccoon variant of rabies, targeting wild raccoons, skunks, foxes, and feral cats(defined as cats with no collars or identification). No decision has yet been made on a general response to this newly-detected rabid raccoon, apart from the immediate public and human health actions described above. The New Brunswick government has not yet established a provincial protocol for responses to suspected cases of animal rabies to replace protocol previously followed by the CFIA, which terminated its local responses to potential rabies cases as of 1 Apr 2014.    [byline: Jim Goltz]

2001年、ニューブランズウィック州政府は野生のアライグマ、スカンク、キツネ、ネコ(首輪をしておらず身元確認のできない猫)を対象とした狂犬病アライグマ変異株のコントロールのために大がかりなトラップ-ワクチン-リリースプログラムを開始した。上述された公衆衛生と人医療に関する素早い行動を別にすれば、この最近発見された狂犬病のアライグマに関する一般的な対応について何も決定されていない。ニューブランズウィック州政府は、CFIAによりこれまで行ってきたプロトコールに代わる狂犬病を疑う動物症例に対する対応について州のプロトコールをまだ確立していない。これまでのプロトコールは2014年4月1日時点で、潜在的な狂犬病症例に対する地元の対応を終了させている。

 

[Rabid raccoons may lose their fear of humans and other animals and they may become slower and stuporose. They present profuse salivation, indiscriminate biting, and odd vocalizations. It can be confused withdistemper. It is very important to keep all dogs and cats in the area up to date with both rabies and distemper vaccination. ]

狂犬病罹患アライグマはおそらく人間や他の動物に対する恐怖心を失い、そして動きが緩慢で昏睡状態になるのだろう。また、大量の流涎と無差別の咬みつき、奇声を発する。ジステンパーと混同されることもある。地域のすべての犬猫について狂犬病およびジステンパーのワクチン接種を共に最新にしておくことは大変重要である。

 

 

PageTop