Home >News > ProMED翻訳情報(327回) ~インドで報告されたライオンの狂犬病事例~

ProMED翻訳情報(327回) ~インドで報告されたライオンの狂犬病事例~

2015.01.12

RABIES – INDIA (16): (GUJARAT) SUSPECTED, HUMAN EXPOSURE, LION

***************************************************************

Date: 6 Nov 2014   Source: The Times of India [edited]

 

The sub-adult lioness that attacked 5 people in Amreli [Gujarat state]last Saturday [1 Nov 2014] died during treatment at Sasan rescue centre. The lioness died of suspected rabies.

先週の土曜日[2014年11月1日]にアムレリ(インド西部のグジャラート州の都市)で5人を襲った若い雌ライオンがサザン レスキュー センターで治療中に死亡した。死亡は、狂犬病が疑われた。

 

It is a long time since a lion death by rabies has been reported. On Saturday, this lioness of about 2 years had attacked 5 people in Kachivada area of Amreli. The lioness was believed to have strayed away from its group and entered the village.

狂犬病によるライオンの死亡は久しく報告されていなかった。

土曜日には、約2歳のこの雌ライオンはアムレリのカチヴァダ地域で5人を襲った。その雌ライオンは、群れからはぐれて村に入ってきてしまったのだと考えられた。

 

On Saturday morning there was scare in the village as the lioness was seen running in the streets attacking all those who came in its way.Officials said that after being rescued from the village, the lioness was brought to Dhari Centre; its behavior was found to be unusual and hence it was shifted to the Jasadhar and subsequently to Sasan centre where it died of suspected rabies.

土曜日の朝、その雌ライオンがすべての通行人を襲いながら街道を走っている光景に、村は恐怖に包まれた。当局は、村から救出された後雌ライオンはダハリ センターに送られたと言った。そのライオンの行動は異常で、それゆえ、ジャマダーに移され、そののち狂犬病疑いで死亡した場所であるサザンセンターに移された。

 

However, chief conservator of forest R Meena said the doctors who treated the lioness or had carried out the post mortem could not ascertain the cause of death and hence a detailed investigation has been ordered.

森林管理委員長であるR. Meenaは、ライオンを治療もしくは剖検を行った医師は死亡原因を突き止めることが出来なかったので、それゆえ、詳細な調査が命じられた、と述べた。

 

Former additional chief conservator of forest and member of National Board of Wildlife H S Singh said that it could have eaten a rabid dog as a result of which it might have got rabies. Usually such incidents are rare and occur once in a while, he said.

以前の森林管理委員長補佐および国立野生生物局のH. S. Singhはそのライオンは狂犬病の犬を捕食し、その結果狂犬病にかかったのかもしれないと言った。通常はこのような例は珍しく、時たましか発生しないと彼は言った。

 

[Lions invading villages in search of an easy meal is a universal problem. In Africa, once rindepest was eradicated, the lions hunted dogs and thus have acquired clinical canine distemper; previously, feeding on sick wildebeest had provided them with immunity, but once that routine exposure ceased, so did their immunity. Obviously, if this supposition of source is correct, an effective canine rabies control programme would provide one less reason for lions coming a-calling in villages. It is interesting that this newspaper account just says that 5 people were attacked, period. More space is given to the “rescue” of this sick and disturbed young lioness.

[ライオンが捕食しやすい餌を求めて村に侵入するのはライオンが生息する多くのエリアでの共通の問題である。アフリカでは、いったん牛疫が根絶されると、ライオンは犬を襲い、それゆえ犬ジステンパーに感染することとなった; 以前は、病気のヌーを食べることでライオンたちは免疫を付与されてきた。しかし、日常的な暴露が無くなると、彼らの免疫も途絶えた。

明らかに、もしニュース源のこの仮説が正しければ、効果的な犬での狂犬病コントロールプログラムは集落に訪れる狂ったライオンには意味の少ないものになるだろう。この新聞が「5人の人が襲われた。」とだけ説明しているのが興味深い。この病気の治安を乱した若いライオンの“救出”により多くの文章が費やされている。

PageTop