Home >News > ProMED翻訳情報(329回) ~南アフリカで発生した狂犬病による人の死亡事例~

ProMED翻訳情報(329回) ~南アフリカで発生した狂犬病による人の死亡事例~

2015.01.12

RABIES – SOUTH AFRICA (02): (LIMPOPO), HUMAN, CANINE EXPOSURE SUSPECTED ELSEWHERE
*********************************************************************************

Date: 25 Nov 2014   Source: Fit For Travel, NHS, UK [edited]

A suspected human case of rabies infection was reported in October 2014. The case was a 52-year-old man from Limpopo province who sustained category 3 wounds to his legs and hands after being bitten by a neighbour’s dogs [sic]. The man received treatment and a 1st dose of rabies vaccine at a nearby clinic. He was referred to a clinic nearer home for completion of post-exposure prophylaxis.

2014年10月、狂犬病感染が疑われるヒトの事例が報告された。(南アフリカの) Limpopo州に住む52歳の男性で、近隣の飼い犬に足や手を咬まれ、カテゴリー3の傷を負った[sic] *。この男性は近くの診療所で手当てと、第1回目の狂犬病ワクチン接種を受けた。彼には、暴露後予防治療を最後まで受けるため、家からより近い診療所が紹介された。

*【訳者注】:[sic]の表記は元の記事(Fit For Travel, NHS, UK)に存在しない。

The man was admitted to hospital on 25 Oct 2014 (about a month after the exposure), with symptoms of rabies infection; he died the following day. A preliminary diagnosis of rabies was based on clinical presentation.

この男性は2014年の10月25日(暴露されてから約1か月後)に、狂犬病の症状を呈し入院し、翌日に死亡した。狂犬病の予備的診断は、臨床症状を基になされた。

A total of 5 laboratory-confirmed human cases of rabies have been reported in South Africa for 2014 to date. A further 5 probable cases were also identified. All the cases resulted from dog bites and occurred in Limpopo (3), Eastern Cape (3), Mpumalanga (2) and North West (1) provinces [1 N.O.S.] *.

南アフリカでは2014年現在、検査によって確認された計5件のヒト狂犬病の事例が報告されている。さらに、もう5件の(狂犬病の)疑いがある事例も確認されている。(内訳は)Limpopo州で3件、Eastern Cape州で3件、Mpumalanga州で2件、North West州で1件であり(1件は不明?*)、全ての事例でイヌによる咬傷事故が関わっている。

*【訳者注】:[1 N.O.S.]の表記は元の記事(Fit For Travel, NHS, UK)に存在しない。
Certain areas of South Africa are of particular concern regarding animal rabies. Limpopo Province reported re-emergence of rabies in 2006, and human cases have been reported annually since. The Eastern Cape, Free State and Mpumalanga provinces report a resurgence of animal rabies in certain districts in recent years, although few human cases. In the past, KwaZulu-Natal was considered the province with the highest incidence of canine rabies and human rabies; however, following canine vaccination programmes since 2009, canine rabies is declining, and no human cases have been reported in the past 15 months.

南アフリカの特定の地域では、特に動物の狂犬病が懸念されている。Limpopo州では2006年にふたたび狂犬病の発生が報告され、それ以来毎年ヒトの事例が報告され続けている。Eastern Cape、Free State およびMpumalanga州では、ヒトの事例は少ないものの、近年になって、特定の地区で動物の狂犬病が報告され始めている。過去において、KwaZulu-Natal州は最もイヌおよびヒトの狂犬病の発生が多いと見なされていた。しかし、2009年からのイヌへのワクチン接種プログラム施行に伴い、イヌの狂犬病(事例)は減り始め、ヒトの狂犬病は過去15か月にわたって報告されていない。

Travellers to South Africa should be made aware of the rabies risk and be advised to avoid all contact with animals and dogs in particular. All animal bites should be reported and assessed carefully. Rabies pre-exposure vaccine is available [in the UK and probably elsewhere] for those considered to be at risk.

南アフリカを旅する者は、狂犬病の危険性に注意を払うべきであり、全ての動物、とくに犬との接触を避けるようアドバイスを受けるべきである。動物の咬傷事故に関しては、その全てが報告され、注意深く調査されるべき。これらの考えられる危険性に対し、(イギリスと、そしておそらく多くの場所で)狂犬病暴露前の予防接種が受けられるようになっている。

[If confirmed, this will be the 6th human rabies case in Limpopo Province this year, 2014. Incomplete human vaccination following exposure is a constant problem. A single shot following a severe exposure is always inadequate for the immune-naive individual. The problem comes when there is an inadequate supply of vaccine at the district clinic level, or the cost is prohibitive, or when there is doubt as to the reality of exposure or a delay in animal confirmatory diagnosis, which is why I drum it into every veterinary graduate to keep his or her [personal] rabies vaccinations up to date, quite apart from their dogs being vaccinated regularly. The South African experience in KwaZulu brings home the importance of domestic dog vaccination and the benefits therefrom: No human cases in the past 15 months.

もし確認できるなら、これは2014年におけるLimpopo州での6番目のヒト狂犬病事例となるはずである。(狂犬病)暴露後のヒトへの不完全な予防接種は、尽きない問題である。重篤な暴露後のたった1度のワクチン接種は、今まで(狂犬病の)免疫を持たなかった人においては常に不適切である。地域の医療レベルに対する不十分なワクチンの供給、法外なコスト、実際に暴露したのかが疑われる事例や、(咬傷事故を起こした)動物の確定診断の遅れは問題となる。これらは、私が獣医師となる全ての卒業生に、最新の狂犬病の予防接種を受けておくよううるさく教え込む理由であり、彼らの飼い犬が定期的にワクチン接種を受けていることとは別の話である。南アフリカにおけるKwaZulu-Natal州の事例は、飼い犬へのワクチン接種の重要性と、それによる利益―過去15か月間、ヒト(狂犬病)の事例が発生していないこと―のあることを痛感させている。

PageTop