Home >News > ProMED翻訳情報(333回) ~ノースカロライナ州で発生したネコからの狂犬病曝露~

ProMED翻訳情報(333回) ~ノースカロライナ州で発生したネコからの狂犬病曝露~

2015.01.28

RABIES – USA (36): (NORTH CAROLINA) FELINE, POSSIBLE HUMAN EXPOSURE

*******************************************************************

Date: Wed 17 Dec 2014   Source: WRAL.com [edited]

 

Cumberland County [North Carolina] officials are urging residents to make sure their pets are vaccinated after a stray cat that was taken in by a family in Wade tested positive for rabies. The sick cat showed up [Sat 13 Dec 2014] at a home on Hayfield Drive, off Wade-Stedman Road, where the family’s 2 dogs tried to attack it. One of the residents tried to intervene and was bitten by one of the dogs, officials said [Wed 17 Dec 2014].

カンバーランド郡(ノースカラロイナ州)の担当者は、ウェイド地区のある家族に連れてこられた野良猫が狂犬病の検査で陽性だった(という事象)以降、住民に対して飼育するペットのワクチン接種を確認するよう強く要請している。その病気のネコは、ウェイド・ステッドマン道路から入り込んだハイフィールド大通りにある家で、2014年12月13日(土)に症状を現した。そして、その家族の飼育する2頭のイヌがそのネコを攻撃しようとした。住民の一人はイヌの攻撃をやめさせようとして、1頭の犬に咬まれてしまったと担当者は述べた。(2014年12月17日水曜日)

 

The residents of the home cared for the cat until [Mon 15 Dec 2014], when they took the cat to a veterinarian who determined the animal showed signs of rabies. Animal Control picked up the cat for testing. The 2 dogs and other pets in the household had current rabies vaccinations. The family was advised to seek medical treatment, officials said.

その家の住民は、獣医師のところに連れて行く(2014年12月15日月曜日)までそのネコの世話をしていた。獣医師はそのネコが狂犬病の徴候を示していると判断した。動物管理(局)は検査のためにそのネコを引き取った。その家庭で飼われている攻撃しようとした2頭のイヌとそのほかのペットは最新の狂犬病のワクチンを受けていた。その家族は治療を求めるよう助言を受けたと担当者は語った。

 

The cat is the 12th case of rabies in [Cumberland] county this year [2014].

Animal control officials caution residents to avoid wild animals or strays that exhibit strange or aggressive behavior. Any pet that appears to have been in a fight should be handled with caution and taken to a veterinarian. Anyone who thinks they have encountered a rabid animal should call a local Animal Control office during business hours or the sheriff’s office on weekends and holidays.

そのネコは今年(2014年)、カンバーランド郡での12番目の狂犬病症例である。動物管理局担当者は住民に対して、異常な行動や攻撃的な行動をしている野生動物や放浪している動物を避けるよう注意している。攻撃的になったことを示したら、いかなるペットも取り扱いに注意して獣医師のところに連れて行くべきである。狂犬病の動物と接触したと考えられる人は誰であっても開庁時間なら現地の動物管理局に、週末や休日なら保安官事務所に電話をするべきである。

[Note: “The cat is the 12th case of rabies in the county this year [2014].” With this level of incidence one must keep one’s pets and horses vaccinated. And if you are a veterinary clinician, make sure that you and your clinical staff are up to date on your rabies shots.

メモ:「そのネコは今年(2014年)、この郡で12番目の狂犬病症例である。」このレベルの事象に対し、人は自分が飼育するペットや馬にワクチン接種をしておかなくてはならない。そして、もしあなたが臨床獣医師なら、あなたや病院スタッフの狂犬病ワクチン接種が最新の状態であることを確認しなさい。

 

PageTop