Home >News > ProMED翻訳情報(334回) ~ヴァージニア州の動物保護施設で発生した犬の狂犬病~

ProMED翻訳情報(334回) ~ヴァージニア州の動物保護施設で発生した犬の狂犬病~

2015.02.07

RABIES – USA (34): (VIRGINIA) CANINE, HUMAN EXPOSURE

****************************************************

Date: Thu 11 Dec 2014     Source: Opposing Views [edited]

 

The Halifax County Animal Shelter in Virginia has revised its adoption rules since sending a family home with a rabid dog, reports WBDJ7 News.

ヴァージニア州ハリファックス郡動物シェルターでは狂犬病犬をある家庭に里親に出してしまったため、採択規則を改定した、とWBDJ7ニュースで報じている。

 

Last month [November 2014] the animal shelter was overcrowded with dogs and cats, so a local animal-rescue group asked to foster a stray dog with 6 puppies. The animals had just been impounded at the shelter

2 hours before.

先月(2014年11月)動物シェルターは犬と猫で満杯だったため、6頭の子犬を持った野良犬の里親探しを地域に動物救護グループに依頼した。この犬たちは動物シェルターに二時間前に収容されたばかりだった。

 

Todd Moser, Animal Warden for Halifax County, told WBDJ7 that there were no visible signs of illness, and both the mom and her pups seemed fine. However, 2 days later the mother dog was tested and diagnosed with rabies. [Animals can only be tested after they are deceased. -Mod.TG]

ハリファックス郡動物管理官のTodd Moser氏は病気の兆候はなく、母犬とその子犬は健康に見えたとWBDJ7に話した。しかしながら、二日後、母犬は検査をされ、狂犬病と診断された。(動物は死亡した後でのみ検査可能である。)

 

She and her pups were euthanized as a prophylactic step to assure they would not come in contact with any other animals or humans and possibly spread the rabies virus. [There is something wrong here. The only test for an animal is to examine the brain. That means the mother dog would have been dead when she was tested. The puppies may subsequently been euthanized. But she could NOT have been tested and then euthanized. Sadly, even very young animals have been shown to be capable of developing the disease. – Mod.TG]

母犬とその子犬は、彼女たちが他の動物やヒトとの接触がないように、また狂犬病ウイルスが広がる可能性がないようにするのを確実とするための予防的な措置として安楽死された。(ここには何か誤りがある。動物に対する検査法は脳を検体とするほかはない。それは母犬が殺されて試験された、ということである。子犬たちはその後安楽死されたようだ。しかし母犬は検査を受けた後で安楽死されたのではないようなのだ。悲しいことに非常に若齢の動物達もまた発病する可能性があるとみられた。)

 

Seven people were treated for post-exposure to rabies, including the foster family and shelter staff.

里親となった家族とシェルターのスタッフを含む7名が、狂犬病に対する暴露後免疫治療を受けた。

 

According to the WBDJ7 report, it takes about 10 days for an animal to start showing signs of rabies, and because of the only 2-hour window that the dogs were impounded, staff had no clues that the dog and pups might be ill. They decided to release the animals into a safer and more hygienic environment.

WBDJ7の報告によると、動物が狂犬病の兆候を示し始めるのに10日かかるという。そしてその犬たちが係留されているところをたった二時間しか観察しなかったために、スタッフは母犬と子犬が病気であろう手がかりを得ることができなかった、という。彼らはより安全で衛生的な環境に動物達を移動することを決めてしまった。

 

Staff sanitized the area and recently changed protocol, the shelter reports. Now when an animal is impounded, it’s monitored for signs of any disease, and the animal welfare groups are not given immediate access to the animals. “We are very reluctant on letting anybody or any rescue [group] to foster the animals prior to their time to be released,” Moser told WDBJ7.

スタッフは周囲を消毒し、最近規則を変更した、とシェルターは報じている。動物が係留されているときは、何か病気の兆候がないか観察しているときであり、そして動物福祉団体は動物たちに近づくことをすぐには許可されないといったものである。『 ある人やある救護(団体)に、適切な時期というよりも彼らの時間を優先して動物たちを里親に出させられるために我々はとても気が進まない。』Moser氏はWBDJ7で語っている。

 

According to Moser, dogs could show signs of rabies even after the monitoring period, which is why environmental health professionals recommend taking the pet to get rabies shots and checked out by the veterinarian before its paws step into your home.

Moser氏によると、犬は観察期間後であっても狂犬病の兆候を示すことがある。環境健康専門官が、あなたの家にペットがやってくる前に狂犬病予防接種と獣医師の診察を勧めているのはそのためだ。

 

Drs. Scott Weese and Maureen Anderson, of the Ontario Veterinary College’s Centre for Public Health and Zoonoses, coordinate a website called Worms & Germs, “which focuses on infectious diseases of companion animals (household pets and horses), with an emphasis on zoonotic diseases — diseases that can be transmitted from animals to people.”

オンタリオ獣医科大学の公衆衛生及び人獣共通感染症センターのScott Weese 博士と Maureen Anderson博士はWorms & Germsとよばれるウェブサイトをコーディネイトした。『ウェブサイトは人獣共通感染症(動物から人へ伝播可能な病気)を強調した、伴侶動物(家庭のペットと馬)の感染症に焦点をおいている。』

 

In regard to the sad occurrence (above) at Halifax, Dr. Weese posted on 10 Dec 2014, “Yes, that’s an ‘oops’, but it’s also not completely preventable.”

(上記の)ハリファックスでの悲しい出来事をうけてWeese博士は2014年12月10日に投稿した。『そう、それは「しまった」というものだ、しかし完全には予防ができないのです』

 

He continues: “It is a common and logical thing to try to get the puppies into a lower-risk environment prior to adoption. However, any unknown animal carries some risk, and that was a problem here.”

彼は続ける。『里親に出す子犬を低リスクの環境においてやろうとすることは常識的で論理的なことである。しかしながら不詳の動物はあるリスクを持っており、そこに問題があるのだ。』

 

Dr. Weese explains that the comment by the shelter that “it takes about 10 days for an animal to start showing signs of rabies” is incorrect. “It can take much longer,” he writes.

Weese博士は『ある動物に狂犬病の兆候が出るのに10日かかる』というシェルターのコメントは間違っている、『もっと時間がかかる可能性がある』と彼は書いている。

 

“The 10-day window is what we used after an animal has bitten someone, because an animal that is shedding the virus will become ill with rabies within a 10-day window. However, the incubation time … the time from when an animal is exposed to the time it develops disease, can be months.”

『ウイルスを排出している動物は10日間の観察期間以内に狂犬病を発症する、だから10日間の観察というものは動物が誰かを咬んだ後に適用すべきものだ。しかしながら、潜伏期間は…動物が暴露されてから発病するようになるまでの期間は数ヵ月になる可能性がある。

 

Dr. Weese states that the customary 10-day quarantine period for new arrivals at a shelter is good for some things, “but doesn’t mean that the dog won’t develop signs of rabies later.”

新着動物に対するシェルターでの習慣的な10日間の係留期間は多少良い点もある、『しかし、のちにその犬が狂犬病の徴候を表さないという意味ではない。』とWeese博士は明言する。

 

In regard to the statement by the shelter official that “staff sanitized the area,” Dr. Weese responds that this procedure is “not really needed.” He explains, “Rabies isn’t spread through contact with the general environment, [but sanitizing is] good for the shelter overall.”

シェルター当局の声明によると、『スタッフは周囲を消毒し…』とある。Weese博士はその行為は『実に無意味だ』と反応した。『狂犬病は生物学的環境での接触によって伝播されるのではない、(しかし消毒行為自体は)シェルター全体には良いことだ。』と説明する。

 

Dr. Weese concludes: “It sounds like it would have helped them pick up this dog as being rabid before it was sent out, but it won’t prevent all cases like this from occurring. It’s a tough balance between monitoring for signs of disease and wanting to get the animal out of the shelter as soon as possible (because of shelter space issues, to reduce the chance of the animal being exposed to something in the shelter…). There’s no perfect approach.”      [Byline: Phyllis M. Daugherty]

『犬が里親に送り出される前に狂犬病であるとしてつまみ出されることになることを助長するかもしれないように聞こえる。しかしこうでもしなければ前例の発生を全て防ぐことができない。

病気の徴候を観察するか、(シェルターのスペースの問題で動物にシェルター内の何かに曝される機会を減らすために…)できるだけ早期にシェルターの外に動物を出してやるか、厳しい選択だ。そこには万全な解決策はない。』とWeese博士は締めくくった。

[Dr. Weese is very correct. Even keeping the animals for 10 days may not have revealed the neurological signs that may have been suspicious for rabies virus. The disease may or may not develop and present quickly. As Dr. Weese said, it can take months. However, once the animal is shedding the virus it will become ill usually within the 10-day window.

(Weese博士は実に正しい。たとえ動物を10日間係留したとしても狂犬病ウイルスを疑わせるような神経学的徴候は現さないかもしれない。その病気は直ちに症状を現すかもしれないし、しないかもしれない。Weese博士が言っているようにそれには数か月間かかることがある。しかしながら、ひとたび動物がウイルスを排出すれば動物は10日間の観察期間内に通常は病気となるだろう

 

Rabies is a serious concern. It always results in death of the animal. And with extremely rare exceptions, it will almost always cause death in people as well.

狂犬病は重大な懸念である。それは常に動物が死に至る。そして、極めてまれな例を除いて、人においても同様にほとんどの場合で死を引き起こす可能性がある。

 

Revision of the shelter rules may or may not prevent this situation from occurring again.

シェルターの規則の改定はこの状況が再び起こるのを防ぐかもしれないし防がないかもしれない。

 

PageTop