Home >News > ProMED翻訳情報(336回) ~インドにおける狂犬病ワクチン等の不足に関する現状~

ProMED翻訳情報(336回) ~インドにおける狂犬病ワクチン等の不足に関する現状~

2015.02.07

RABIES – INDIA (18): (KERALA) LACK OF VACCINE AND IMMUNOGLOBULIN

****************************************************************

Date: Thu 18 Dec 2014      Source: The Hindu [edited]

 

The shortage of anti-rabies vaccine is impeding patient care at many government hospitals in the district [Kozhikode, (Calicut) Kerala,India]. Health sources say at least a dozen people seek treatment for dog bites at government hospitals in the district every week. But, the pharmacies at the Government Medical College Hospital (MCH) and the General Hospital, Beach [Kozhikode], are unable to cater to the demand as supply is very limited. The agony increases as the vaccine is in short-supply in most private hospitals and medical shops.

抗狂犬病ワクチンの不足のために、[Kozhikode, (Calicut) Kerala,India]地域における多くの政府系病院での患者治療に支障をきたしている。保健衛生筋は、この地域の政府系病院では少なくとも週に12名が犬による咬傷のために治療を求めている、と話している。しかし、政府系医科大学(MCH)及び総合病院Beach [Kozhikode]の薬局部門は、(ワクチンの)供給が制限されており、要求量を供給することが不可能である。

ほとんどの私立病院及び薬局でワクチンの供給不足により苦悶が増加している。

 

Health officials say the World Health Organisation (WHO) has listed the drug as one of the ‘most important medications needed in a basic health system.’

厚生官吏は、世界保健機構(WHO)がその薬剤を基本的保健衛生システムにおいて必要な、もっとも重要な薬剤のうちの一つに取り上げられた、と話している。

 

District Medical Officer PK Mohanan says there is [also] a severe shortage of the expensive anti-rabies serum. The vaccine and the serum have to be administered together if the bite is severe.

地方医療官吏PK Mohananは、高価な抗狂犬病血清もまた深刻に不足していると話している。ワクチンと血清は、重傷な咬傷の場合に共に投与されなければならない。

 

Of the 3 types of vaccines, namely, the human diploid cell rabies vaccine, purified chick embryo cell vaccine, and duck embryo cell vaccine, the 1st 2 have become very scarce, Dr Mohanan says. “Vaccine manufacturers are cutting down on production as it is not cost effective. The profit margin is quite low and the retail medical shops are not interested,” he says.

3種類のワクチン、すなわちヒト2倍体細胞由来狂犬病ワクチン、精製ニワトリ胚細胞由来ワクチン及びアヒル胚細胞由来ワクチンのうち、最初の2種のワクチンは、とても希少である、とDr Mohananは話している。ワクチン製造業者は、費用対効果がないことから生産を削減している。利ザヤがとても少ないので小売りの薬局も興味を示さない、と彼は語った。

 

P Jalaja, Beypore Port ward councillor, says 15 persons from her ward could not get treatment at the MCH a fortnight ago. “We could get the medication for 2 people from the Beach General Hospital. The rest was sourced from other places with the help of the local MLA [Member of Legislative Assembly],” she says.

区会議員であるP Jalaja, Beypore Portは、彼女の区からの15名が2週間前にMCHで治療を受けることができなかった。Beach総合病院で2名のために医療を受けることができた。残りの人は、地方MLA(州議会議員)の援助を得て他の場所で治療を受けた、と話している。

 

The people in the neighbourhood are in perpetual fear as the number of dogs has risen. “Foxes also are seen in our area, adding to the panic,” she says.

その近隣に住む人たちは、犬の頭数が増えてしまっているので絶えず恐怖を感じている。私たちの地域ではキツネも見られ、恐怖感が増加している、と彼女は話している。

 

The Corporation is pinning all hopes on ‘Raksha,’ a soon-to-be-launched project for animal birth control and vaccination, sources say.          [Byline: Aabha Anoop]

地域共同体は、動物の出生制御及びワクチン接種のために、すぐに着手されるプロジェクトである‘Raksha’に全ての希望をかけている、と情報筋は話している。

[We reported earlier on a very similar situation in Himachal Pradesh(20141114.2953281) and Kerala (20140715.2612737). If there are 3 districts reporting shortages there will be 27 more in a similar situation but yet to be heard. With the very active pharmaceutical industry in India one can only pray that one of them will hear of this problem and respond appropriately.

私たちは、以前Himachal Pradesh(20141114.2953281)及びKerala(20140715.2612737)における同様のとても似た状況について報告した。もし、3地域で(ワクチンなどの)不足の報告があるのならば、27以上のまだ把握していない同様の状況が存在するだろう。インドにおいてはとても活況な製薬産業があり、それらの一つがこの問題を聞き、そして的確に対応することを願うのみである。

 

PageTop