Home >News > ProMED翻訳情報(338回) ~ウラジミール地域で発生した飼い猫からの狂犬病曝露~

ProMED翻訳情報(338回) ~ウラジミール地域で発生した飼い猫からの狂犬病曝露~

2015.02.07

RABIES – RUSSIA: (VLADIMIR) HUMAN ex DOMESTIC CAT
*************************************************

Date: Mon 7 Apr 2014    Source: Arguments and Facts, AiF.ru [in Russian, trans. Mod.NP,edited]

According to the regional Department of Rospotrebnadzor [Federal Service for Consumer Protection and Human Welfare], a resident of the village of Smolino Kovrovsko in the Vladimir region contracted rabies after being bitten by his domestic cat at the end of February [2014]. Recently, the 50-year-old man owner of the animal was hospitalized in intensive care unit with a diagnosis of rabies. He had not undertaken any measures to protect himself [after being bitten].

Rospotrebnadzorの地域課 (連邦消費者保護および福祉局)によると、ウラジミール地域のSmolino Kovrovskoという村の住人が2014年2月末に自身の飼い猫に噛まれて狂犬病に罹った.最近、その動物の飼い主であった50才の男性が狂犬病と診断されて集中治療室で入院している。彼は咬まれた後に何も処置を受けていなかった。

According to the office of Rospotrebnadzor, when the man was bitten by this animal, he was referred for medical aid to the local medical assistant, but he was not vaccinated. After a few days the cat started to demonstrate inadequate behavior. The owner called the local vet who euthanized the cat.

Rospotrebnadzorの担当局によると、この男性が飼い猫に咬まれた際、彼は地域の医療アシスタントに医療処置を依頼したが、ワクチンは接種されなかった。数日後にその猫は異常な行動をみせはじめ、飼い主は地元の獣医師に連絡し、その猫を安楽死させた。

For some reason the cat’s behavior did not arouse suspicions in the owner. The vet also did not take any measures.

何らかの理由により、その猫の行動は飼い主に疑いを起こさせなかった。獣医もまた何の処置もしなかった。

The 1st symptoms of the disease appeared in the owner of the animal at the end of March 2013. The ambulance doctors diagnosed ILI [influenza-like illness]. On 5 Apr 2014 the patient’s condition deteriorated and he was admitted to the intensive care unit with a diagnosis of rabies

その飼い主の初期症状は2013年(2014年?)の3月に見られたが、救急医はILI(インフルエンザ様疾患)と診断していた。2014年4月5日、患者の様態が悪化し、狂犬病と診断されて集中治療室に移された。

Now quarantine measures have been applied in Smolino village. Employees of Rospotrebnadzor believe that the cat could have contracted the virus from a fox. 2 domestic dogs, bitten by foxes died in the area in the last 2 months.     [Byline: Sergey Zyryanov]

現在検疫措置がSmolino村で行われている。Rospotrebnadzorの労働者はその猫はキツネから狂犬病に感染したと信じている。過去2ヶ月間で、2頭の飼い犬がキツネに咬まれて死亡している。

Rospotrebnadzor states that effective treatments for rabies does not exist. The only way to protect from the disease is a prompt course of vaccination after exposure.

Rospotrebnadzoは狂犬病に対して効果的な治療は無いとしている。狂犬病を予防する唯一の方法は迅速に曝露ワクチン接種を一通り行うことである。


Communicated by: ProMED-RUS

[Cases of rabies in humans in the Vladimir region have now been registered for the 2nd year in a row. In February 2013, a 43-year-old man died from rabies in another district in the Vladimir region. He was bitten by a raccoon dog and referred for medical aid only after he developed clinical manifestations of the disease. A total of 6 cases of human rabies were diagnosed in Russia last year (2013). – Mod.NP

ウラジミール地域におけるヒトの狂犬病症例は2年続けて登録された。2013年2月にウラジミール地域の別の区域で43才の男性が狂犬病で死亡している。その男性はタヌキに咬まれ、発症してから医療機関を受診していた。昨年(2013年)はロシア全体で合計6症例が狂犬病と診断されている。

Though the virus was not recovered from the cat, it should be possible to obtain it from this Smolino villager and type it. And frankly, cats prefer to have no interactions with a fox, healthy or rabid, as it is usually lethal for the cat. If it had been bitten by a fox and escaped the trauma would have been obvious. It is more usual for cats to get infected from sick rabid bats. A rabid bat is a choice plaything for a cat. – Mod.MHJ

ウイルスは猫から分離されなかったが、その飼い主であったSmolino村住人から採取しタイピングを行う事が可能なはずである。率直に言って、キツネは通常猫を殺すので、正常であろうと狂犬病に感染していようと、猫はキツネとの接触を好まない。猫がキツネに咬まれ、逃れたとしても、明らかな外傷を負うであろう。猫は狂犬病で発病したコウモリから感染することがより一般的である。狂犬病にかかったコウモリは猫が遊びの対象にすることがある。

 

PageTop