Home >News > ProMED翻訳情報(339回) ~バリ島における狂犬病予防対策の現状 2題~

ProMED翻訳情報(339回) ~バリ島における狂犬病予防対策の現状 2題~

2015.02.17

RABIES – INDONESIA (08): (BALI) CANINE
**************************************
[1] Date: Fri 4 Jul 2014  Source: The Jakarta Post, Bali Daily [edited]
The island-wide rabies vaccination program is slowly gaining ground, but much still needs to be done to stop the spread of rabies across Bali. The Denpasar Veterinary Agency has been studying both rabid and healthy dogs and the effectiveness of the vaccination program. Agency head Ketut Diarmita confirmed that vaccination could protect 70 percent of the targeted dogs. However, not all areas are currently covered and data was incomplete.

島全体の狂犬病ワクチン接種プログラムは、少しずつその成果を現しつつあるが、バリ全体に蔓延する狂犬病を根絶するためには、さらなる規模の拡大が必要である。Denpasar【訳者注:バリ州の州都で、バリ島南部にある】の獣医局では、健康なイヌと狂犬病に罹患した犬の両方について、およびワクチン接種プログラムの有効性についての研究がおこなわれている。その局長であるKetut Diarmitaは、このワクチン接種(プログラム)は、対象としたイヌの70%に免疫を賦与することを確かめた。しかし、目下(バリ島)全域で行われているわけではなく、データは不完全である。

“The results of the vaccination program will be different on paper and in the field. On paper, the vaccine may work effectively for about a year, but in the field, we found samples showing some dogs were only immune for 6 months,” Diarmita said. “Dogs,” he further said, “must receive the appropriate dosage, but officers in the field often find it difficult to inject dogs,” he said adding that a booster program must be put in place. “The vaccination program must cover at least 80 percent of the island’s dog population for it to be effective. However,” Diarmita admitted, “many dogs were not being immunized.”

“予防接種プログラムを行った結果は、紙上と現場では違いが出るでしょう。紙上では、このワクチンが、約1年間効果を持続させるだろうとされていますが、実際の現場では、複数のイヌにおいて、6か月のみしか免疫が持続しないことを示す試料を我々は見つけています。”とDiarmita は述べた。”イヌでは”と彼はつづけた。”適切な量(のワクチン)を投与しなければなりません。しかし、現場の職員たちは、その量を犬に接種することが難しいことにしばしば気づきます。” 彼は、ブースター接種プログラムも行わなければいけないと付け加えた。”ワクチン接種プログラムを効果のあるものにするためには、少なくとも島内のイヌの80%に対して行わなければなりません。しかしながら、多くのイヌたちは(狂犬病に対する)免疫されていないのです。” とDiarmita は認めた。
According to Balai Besar Veteriner (BBV) 2012 data, the vaccine could increase a dog’s immune system by around 60 percent, which was better than the previous year’s boost of only 42 percent.

Balai Besar Veteriner (BBV;【訳者注:Google翻訳すると「獣医センター」】) の2012年のデータによると、ワクチンはイヌの免疫体制を約60%増大した。これは昨年の42%だけの増加より良い。

Previously, Bali Governor Made Mangku Pastika had ordered the Veterinary Agency to cull stray dogs to support the administration’s efforts to end the rabies epidemic, which was in line with a regional bylaw on the eradication of rabies. Bylaw No. 15/2009 stipulates that dog owners must keep their pets at home and have them vaccinated regularly. Anyone in violation of the bylaw can be sentenced to a maximum 6 months in prison and a fine of IDR 50 million (USD 4187). However, in spite of the bylaw, many dogs continue to roam freely.

以前、バリ州知事であるMade Mangku Pastikaは、獣医局に対して、狂犬病の流行を終わらせるための当局の努力を支援するべく、野良犬を淘汰するよう命じた。それは、狂犬病を根絶するための地域の条例とも合致していた。条例15/2009は、イヌの飼い主はペットを家にとどめ置き、定期的にワクチン接種を受けさせなければならないと規定している。条例違反者は誰であれ、最大6か月の禁錮および50,000,000インドネシアルピア(4,187アメリカドル)の罰金を科せられる。しかし、この条例にも拘らず、多くのイヌが自由に歩き回り続けている。

Since November 2008, 147 people have died after contracting rabies.

2008年の11月より、147名の人が狂犬病に罹って死亡している。
Meanwhile, animal rights groups and international organizations have petitioned the governor’s policy. “Eliminating animals is not the solution,” the petition reads.

一方で、動物の権利を保護するグループや国際組織は、この知事の方針に(対し)請願を行っている。”動物の淘汰では解決しない” と請願書は書いている。
According to the bylaw, only animals that showed obvious signs of the disease should be killed; however, a study by Dayan University’s Husbandry School said the dogs were often poisoned. According to members of the Bullhead, a punk rock band from Katangese, who initiated the petition, this sort of procedure was extremely cruel. The band started the petition on <http://change.org>; the introduction reads: “Dear Mr. governor, do not eliminate stray dogs as you want.” As of Thursday morning [3 Jul 2014] the petition had 1300 signatures.   [Byline: Luh De Suriyani]

条例によると、明らかな疾病の徴候が見られる動物のみが殺されるべきである。しかし、Dayan University’s Husbandry Schoolの調査では、イヌはしばしば毒で殺されている。この請願を始めたカタンガ人のパンクロックバンド” Bullhead “のメンバーに言わせると、この種のやり方はひどく残酷であるとのこと。このバンドがウェブ上で始めた請願【訳者注:上記URLではこの文章へのアクセスは難しい。以下のフェイスブックの記事(https://www.facebook.com/massiveradio/posts/10152315970038742)の方がアクセスは簡単】の前置きでは、”親愛なる知事殿、望んで放浪犬を殺すようなことはやめて下さい”と書いている。木曜日の朝[2014年7月3日]現在、この請願は1300人の署名を得た。


Communicated by: Lisa Warden

******
[2] Date: Wed 2 Jul 2014    Source: The Jakarta Post, Bali Daily [edited]

The Food and Agriculture Organization (FAO) of the United Nations has questioned the Bali administration’s policy to cull stray dogs in an attempt to curb rabies on the island, a senior official admitted.

国連の食糧農業機関 (FAO)は、島内での狂犬病を防止する試みとして高官が認可した、野良犬を淘汰するというバリ州政府の方針に疑問を呈した。

The provincial husbandry agency head, I Putu Sumantra, told Bali Daily on Monday [30 Jun 2014] that he had been contacted by a FAO official from the Sri Lanka office. “They questioned and protested our policy of culling stray dogs,” Sumantra said. Sumantra hesitated to give more details. However, he said that FAO had contacted him after reading about the new policy in several media, including The Jakarta Post.

州の農業局の長であるI Putu Sumantraは、月曜日[2014年6月30日]のBali Daily紙上で、スリランカのオフィスのFAO職員から連絡を受けたと述べた。”彼らは、野良犬を淘汰するという我々の方針に懐疑的であり、抗議している。”とSumantraは述べた。彼は、詳細を述べることをためらった。しかし彼は、The Jakarta Post紙を含むいくつかのメディアによる新たな方針を読んだ後、FAOが彼と連絡を取っていると述べた。
As reported previously, Bali Governor Made Mangku Pastika has stated that any stray dogs must be killed immediately to prevent people from being bitten. During a meeting at the governor’s office on Thursday last week [26 Jun 2014], Pastika said that the provincial Animal Husbandry Agency’s rabies team must implement the 2009 rabies prevention bylaw firmly in an attempt to curb rabies on the island. “If any stray dogs are found, feel free to eliminate them. It has been stipulated in the bylaw that dog owners have to confine their pets at home,” Pastika said at that time.

前述の通り、バリ州の知事であるMade Mangku Pastikaは、人々への咬傷を防ぐため、いかなる野良犬であってもすぐに殺されるべきだと述べた。先週の木曜日[2014年6月26日]に知事のオフィスで行われた会合で、Pastikaは、州の畜産局の狂犬病チームは、島内での狂犬病防止のために、2009年(制定)の狂犬病防止条例をしっかりと実行しなければならない、と述べた。”もし野良犬を見つけたら、排除するべきだ。条例には、イヌの飼い主はペットを家に留めおかねばならないと明記されている。”とも述べた。
In April 2013, the FAO presented awards to Bali’s provincial administration for its successful efforts in preventing and mitigating rabies on the island.

2013年4月に、FAOは島内における狂犬病防止および沈静化のための素晴らしい取り組みに対し、バリ州政府に賞を授与した。
Sumantra said he had explained to the FAO the reason for culling stray dogs. “I explained that we will only cull stray dogs, as they have caused rabies to rise in Bali again,” he said. Sumantra said that the administration had been forced into making the policy after attempts to reduce rabies had stalled.

Sumantraは、FAOに対して野良犬を淘汰する理由を説明したと述べた。”私は、バリ島内にふたたび狂犬病を発生させるので、我々は野良犬を淘汰しているだけだと説明した。”と彼は語った。Sumantraはまた、狂犬病を減らす試みが頓挫した後、当局はこのような方針を立てざるを得なかったと述べた。
Rabies 1st broke out on the island in November 2008, and to date [4 Jul 2014] 147 people have died from the disease. Cases of rabies in humans have decreased continuously since 2010, with 4 deaths in 2008, 28 in 2009, 82 in 2010, 23 in 2011, 8 in 2012, 1 in 2013 and 1 in 2014.

狂犬病が最初にこの島で発生したのは2008年の11月で、今日[2014年7月4日]まで147名の人々が命を落としている。ヒトの狂犬病の発生は2010年から減り続けており、2008年の死亡者数は4人、2009年は28人、2010年は82人、2011年は23人、2012年は8人、2013年と2014年はそれぞれ1人であった。
Sumantra stated that the agency had found around 50 rabies-infected dogs during the January-June period this year [2014]. The dogs were found across the island, with the exception of Badung.

Sumantraは、当局は今年[2014年]の1-6月にかけ、約50匹の狂犬病に罹患したイヌを見つけていると述べた。これらのイヌは、Badung県を除く島全域で見つかった。
The uncontrolled population of stray dogs is allegedly leading to the increasing number of rabid dogs. The agency predicted that the stray dog population would increase from approximately 325,000 dogs last year [2013], to around 450,000 to 500,000 stray dogs this year [2014].

伝聞ではあるが、把握されていない野良犬の集団は、狂犬病に罹るイヌの数を増やしているとのことである。当局は、野良犬の数は、昨年[2013年]の約325,000匹から、今年[2014年]は約450,000 ~ 500,000匹程度にまで増えたと予測している。
Sumantra said that 4th mass vaccination program was currently underway, targeting around 325,000 dogs. “But during the vaccination drive, our team realized there were more than 450,000 dogs now, as many stray dogs have been breeding. There are no longer enough vaccinations to curb rabies,” he stated.

Sumantraは、現在、325,000匹のイヌを対象とした、第4回目の大規模なワクチン接種プログラムを実行中であると語った。”しかし、ワクチン接種を行っている間に、多くのイヌが繁殖し、今や450,000匹以上いるということに我々のチームは気付いた。もはや、(この)ワクチン接種は、狂犬病を抑えるには十分ではない。”と彼は述べた。
Enacted in 2009, the rabies prevention bylaw stipulates that dog owners have to keep their pets at home and have them vaccinated regularly. Anyone in violation of the bylaw faces a maximum of 6 months in jail or a fine of IDR 50 million (USD 4170). However, many dog owners are still unaware of the bylaw and let their dogs roam free. This had also resulted in a high cost for rabies prevention.

2009年に制定された狂犬病防止条例は、イヌの飼い主はペットを家にとどめ置き、定期的にワクチン接種を受けさせなければならないと規定している。この条例の違反者は誰でも、最大6か月の禁錮あるいは50,000,000インドネシアルピア(4,187アメリカドル)の罰金を科せられる。しかし、多くのイヌの飼い主はまだこの条例を知らず、彼らのイヌを自由に歩き回らせている。これも、狂犬病の防止を高くつくものにさせている。
The epidemic led the Bali administration to provide free vaccines for dogs and affected humans.    [Byline: Ni Komang Erviani]

(狂犬病の)流行により、バリ当局はイヌおよび住民に無料のワクチンを提供した。


Communicated by: Lisa Warden

[Our thanks to Lisa for these 2 very informative reports. Clearly, lessons are going to be learned as the Balinese control and eradication program continues. We cannot but agree with FAO in this matter, as stray dog elimination tactics merely antagonise the dog owning population and render vaccination less effective without community support. – Mod.MHJ

これら2つの、非常に有益なレポートを提供してくれたLisaに感謝する。バリで続いている(狂犬病の)制御、根絶のためのプログラムは、教訓として学ばれるだろう。この問題に関しては、我々はFAOに同意せざるを得ない。野良犬を淘汰するという戦略は、単にイヌを飼っている人々の反発を招くというだけでなく、地域社会のサポートを失い、ワクチン接種の有効性を低下させることにもなるからである。

PageTop