Home >News > ProMED翻訳情報(340回) ~インドでの抗狂犬病ワクチンの不足~

ProMED翻訳情報(340回) ~インドでの抗狂犬病ワクチンの不足~

2015.02.17

RABIES – INDIA (08): (KERALA) LACK OF VACCINE AND IMMUNOGLOBIN

**************************************************************

Date: Mon 14 Jul 2014    Source: The Hindu [edited]

 

Anti-rabies vaccine in short supply

不足している抗狂犬病ワクチン

———————————–

Government hospital borrows vaccine from nearby hospitals.

政府病院は近所の病院にワクチンを借りている。

 

A few hospitals in the district [Ernakulam district, Kerala state] are facing erratic supply of rabies vaccine, though the district medical office claims there is no supply shortage.

(Kerala州Ernakulam地区)の幾つかの病院は、地区保健所が供給不足はないと主張する一方で、狂犬病ワクチンの一貫性のない供給に直面している。

 

However, anti-rabies immunoglobin injectibles — a one-time medicine if the bite is severe and there is tissue damage — are neither being supplied by government nor available in the market. Local hospitals do not stock anti-rabies immunoglobin injectibles, for which the people are directed to either medical college or the district general hospital. A retail drug dealer said the non-availability of injectibles in the market was due to the wrong implementation tactics of the government policy. The manufacturers were asked to make the

injectibles available at half the price and didn’t give the producers time to adapt. It led to a shortfall for nearly 2 months. “The medicine, priced at around INR 2500 a vial [about USD 41.58], has now started trickling into the market,” said the retailer.

しかしながら抗狂犬病免疫グロブリン注射剤 (ひどく咬まれて組織が損傷した時に使用する単回製剤) は、政府からも供給されていないし、市場にも出回っていない。地方病院は抗狂犬病免疫グロブリン注射剤を在庫していないため、人々は医科大学か、地区総合病院にかかるしかない。小売薬ディーラーは市場における注射剤の入手不能は政府政策の誤った実施戦術によるものだ、と語った。製造業者は注射剤を半額で製造するよう打診され、生産者に適応する十分な時間が与えられなかった。その結果、二か月間にわたり不足が起こった。 『 だいたい、1バイアル2500ルピー(約41.58USドル)のその薬品は今わずかに流通し始めている 』と小売業者は語った。

 

In Paravur government hospital, the anti-rabies vaccine stocks will be available only for 2 weeks. While the government supplies are erratic, the hospital manages to stock the medicine by borrowing it from other nearby hospitals. Since it is the main hospital in the coastal area covering a number of panchayats [traditional local government systems], people knock on the doors of this hospital for any animal bite.

Paravur政府病院では、抗狂犬病ワクチンは2週間分しか在庫していない。政府の供給は不規則である一方、政府病院は抗狂犬病ワクチンを他の近くの病院に借りることによってワクチンの在庫をまかなっている。その病院はたくさんのパンチャヤット(伝統的地方政府機関)をカバーする沿岸地域にある中核病院であるため、人々は動物咬傷にはこの病院を訪れている。

 

However, the Kothamangalam government hospital that caters to the district’s tribal population too, is well stocked. The hospital has stocks to cover for over 2 months. The hospital had been providing vaccines to Paravur hospital too. Since January this year [2014] to mid June [2014], over 2000 vials of vaccine have been used in Paravur. A vial has 5 doses.

しかしながら、地区の種族の住民にも対応しているKothamangalam政府病院は十分な在庫を持っている。その病院は2か月以上を賄う在庫を持っている。その病院はまた、Paravur病院にもワクチンを供給している。今年(2014年)の1月から(2014年)6月中旬までの間、2000バイアル以上のワクチンがParavurで使用された。ひとバイアル5回分である。

 

With increasing numbers of dog bites along with other animal bites, health authorities are finding it hard to stock up the supplies. The local bodies too are clueless about how to contain the stray dog menace.   [Byline: Shyama Rajagopal]

他の動物の咬傷とともに犬咬傷の例が増加しているのに合わせ、保健局はワクチンの供給増加は困難だとみている。地方自治体も野良犬の脅威を阻止する方法がわからないでいる。

 

[Kerala is a long, narrow state on the western side of India’s southernmost point; see:

Keralaはインド最南端地点の西側にある細長い州である。

That this newspaper has published this piece from Kochi, Kerala state, indicates a high level of local concern. And if they have used “over” 2000 vaccine vials to date, that would indicate that some very significant number of dog bitten persons have presented themselves for treatment against a perceived threat of rabies.

この新聞がKerala州Kohiからこの小記事を発行したため、地方の心配を高水準のものにした。そしてもしも現在までに2000バイアル“以上”ものワクチンが使用されたならば、犬に咬まれた相当多くの人達が狂犬病の脅威を感じて治療していることを示しているかもしれない。

 

Because rabies is not a notifiable disease in India and there is no organized surveillance system of human or animal cases, the actual number of deaths may be much higher than the national estimate for 2004 of over 10000 cases. WHO estimates it at 20000 cases per year. Roughly 36 percent of the world’s rabies deaths occur in India each year, most of those when children come into contact with infected dogs.

インドでは狂犬病は届け出義務がなく、また人や動物症例の調査監視システムが確立されていないため、正確な死亡者数は国が2004年に10000人以上とした概算よりもずっと多いと思われる。WHOは毎年20000例以上と見積もっている。世界の狂犬病死のざっと36パーセントが毎年インドで発生しており、そのほとんどが感染した犬に接触をした子供たちだ。

 

Experts say that the main constraint to rabies elimination in India is the lack of coordination and the lack of a comprehensive national programme. They agree that since India shares borders with 6 countries that are all rabies endemic, it is essential that India’s rabies control efforts are coordinated regionally. Other Asian countries, such as Sri Lanka and Thailand, have made progress by taking a nationally coordinated approach, but there are signs of improvement in India . But logically, one must initiate effective control in internal states before mounting border controls unless the flow inwards is significant. Kerala clearly needs to get its veterinary act together to control and eradicate canine rabies. – Mod.MHJ

インドにおける狂犬病排除に対する主な制約は共同関係の欠如と包括的な国家計画の欠如である、と専門家は語る。インドは狂犬病が風土病化している6つの国と国境を共有しているため、インドの狂犬病規制運動が広い領域で調整されることは重要だということは専門家たちが賛同している。スリランカやタイなどのような、ほかのアジアの国々は国家的調整のアプローチによって進歩を遂げたが、インドにおける改善の徴候はそこにあるのだ。しかし理論上、国内対策を十分に行うことなく国境管理を始めるよりも前に、国内各州における効果的な管理を始めねばならない。Kerala州では犬の狂犬病を管理し根絶するのに獣医師の活躍と共にそれを行うことが明らかに必要である。

 

PageTop