Home >News > ProMED翻訳情報(341回) ~OIE報告 スロバキアで発見されたキツネの狂犬病~

ProMED翻訳情報(341回) ~OIE報告 スロバキアで発見されたキツネの狂犬病~

2015.02.17

RABIES – SLOVAKIA: (PRESOV), FOX, OIE

*************************************

Date: Wed 7 Jan 2015   Source: OIE, WAHID weekly disease information 2015; 28(02) [edited]

 

Rabies, Slovakia

狂犬病、スロバキア

————

Information received on [and dated] 7 Jan 2015 from Dr Jozef Bires, Director & Chief Veterinary Officer, State Veterinary and Food Administration, Ministry of Agriculture, Bratislava, Slovakia

スロバキアのブラチスラバにある農業省国家獣医食品局の主幹・主任獣医官のJozef Bires博士より2015年1月7日に受け取った情報

 

Summary

Report type: Immediate notification

Start date: 26 Dec 2014

Date of pre-confirmation of the event: 30 Dec 2014

Report date: 7 Jan 2015

Reason for notification: reoccurrence of a listed disease

Date of previous occurrence: 22 Aug 2013

Manifestation of disease: clinical infection

Causal agent: Lyssavirus

Serotype: Not Typed

Nature of diagnosis: laboratory (basic and advanced)

This event pertains to the whole country.

要約

報告様式:即時通知

開始日:2014年12月26日

事象確定前の日付:2014年12月30日

報告日:2015年1月7日

通知理由:取り上げられた疾病の再発生

以前の発生日:2013年8月22日

疾病の発現様式:顕性感染

病因:リッサウイルス

血清型:非型別

診断の種類:(基礎および先進的)実験室

この出来事は国内全体に関係している。

 

New outbreaks

Outbreak 1: Plavec, Stara Lubovna, Presov

Date of start of the outbreak: 26 Dec 2014

Outbreak status: continuing (or dated resolved not provided)

Epidemiological unit: Not applicable

Affected animals: species / susceptible / cases / deaths / destroyed /slaughtered

Red Fox: _Vulpes vulpes_ (Canidae) / – / 1 / 1 / 0 / 0

新たな発生

発生1:Plavec, Stara Lubovna, Presov(各スロバキアの地名)

発生開始した日:2014年12月26日

発生の状態:継続中(または解決した日付の報告なし)

疫学的単位:該当なし

罹患動物:種/感受性/症例数/死亡数/殺処分数/屠殺数

アカギツネ:Vulpes vulpes (イヌ科) / – / 1 / 1 / 0 / 0

 

Epidemiology:

Source of the outbreaks(s): Unknown or inconclusive

Epidemiological comments: Perished wild red fox found in the area of Plavec village near the border with Poland. In the Stara Lubovna region, oral vaccination of wild red foxes has been performed regularly twice a year since 2000.

疫学:

発生の原因:不明または不確定

疫学的見解:ポーランドとの国境に近いPlavec村の一郭で死亡した野生のアカギツネが発見された。Stara Lubovna地域で2000年から定期的に年二回、野生のアカギツネに対する経口ワクチン投与が実施されている。

 

Control measures

Measures applied: control of wildlife reservoirs; no vaccination; no treatment of affected animals

Measures to be applied: no other measures

規制措置

適用された処置:野生動物リザーバーの制御;予防接種なし;罹患動物の治療をしない

適用すべき処置:その他処置なし

 

Diagnostic test results

Laboratory name and type / Species / Test / Test date / Result

Veterinary and Food Institute, Dolny Kubin (national laboratory) / RedFox / direct fluorescent antibody (FAT) test / 30 Dec 2014 / positive

Veterinary Institute, Zvolen (national laboratory) / Red Fox / direct fluorescent antibody (FAT) test / 5 Jan 2015 / positive

Veterinary Institute, Zvolen (national laboratory) / Red Fox / polymerase chain reaction (PCR) test / 5 Jan 2015 / positive

診断結果

研究所名と種別 / 動物種 / 検査 / 検査日 / 結果

獣医食品研究所、Dolny Kubin(国立研究所) / アカギツネ / 直接蛍光抗体法(FAT) / 2014年12月30日 / 陽性

獣医学研究所、Zvolen(国立研究所) / アカギツネ / 直接蛍光抗体法(FAT) / 2015年1月5日 / 陽性

獣医学研究所、Zvolen(国立研究所) / アカギツネ / ポリメラーゼ連鎖反応法(PCR) / 2015年1月5日 / 陽性

 

Future reporting

The event is continuing. Weekly follow-up reports will be submitted.

今後の報告

この出来事は継続中である。追跡週報が報告されるだろう。

 

The location of the outbreak can be seen on the interactive map included in the OIE report at the source URL above.

発生場所は発信源の上記URLからOIEの報告を含んだ対話型地図で閲覧が可能である。

 

[With the development of oral vaccines and bait delivery systems, the elimination of rabies and other diseases circulating in wildlife became a realistic possibility. Large-scale oral vaccination programmes have eliminated fox rabies from Western Europe and greatly reduced incidence in Central Europe. The oral vaccination campaign in Slovakia started in 1993. The last fox rabies case reported in Slovakia was in 2006, after which it was regarded as rabies-free until a new case was reported a year ago (Pro MED post 20130110.1490773).

『 経口ワクチンとワクチン含有餌の投下システムの開発により、野生動物間で循環している狂犬病とその他の病気を排除することが現実的に可能となっている。大規模経口ワクチン接種プログラムはキツネの狂犬病を、西ヨーロッパから根絶させ、中央ヨーロッパでの発生を激減させた。スロバキアにおける経口ワクチン接種運動は1993年に始まった。スロバキアでキツネの狂犬病が最後に報告されたのは2006年であり、1年前に新しい症例が報告されるまでその後は狂犬病フリーと考えられていた。

 

This finding is an alert that the virus is circulating in the fox population despite vaccination efforts.

この知見はワクチン接種の努力にもかかわらずキツネの群の間でウイルスが循環しているという警告である。

 

PageTop