Home >News > ProMED翻訳情報(343回) ~インドで発生した狂犬病による人の死亡事例~

ProMED翻訳情報(343回) ~インドで発生した狂犬病による人の死亡事例~

2015.02.26

 

RABIES – INDIA (02): (MANIPUR), CANINE, HUMAN

*********************************************

Date: 14 Jan 2015  Source: E-Pao [edited]

 

A 50-year-old man who was showing clinical signs of rabies expired early today [14 Jan 2015], taking the official toll of dog-bite-related death to 11, even as there is no let up in the number of new cases, with the cumulative figure since October last year [2014] reaching 263.

狂犬病の臨床徴候を示した50歳の男性が本日早く(2015年1月14日)に息を引き取った。昨年(2014年)10月以降累積数263件に及び、新しい事例の数を止めることもできず、犬の咬傷事故に伴う死者は公的に11件となった。

 

T (50), a resident of Mata was brought to the district hospital yesterday [13 Jan 2015], and the hospital Superintendent Dr Arke had maintained that there were very minimal chances of his recovery in a press briefing held at the Deputy Commissioner’s office yesterday.

マタ市の住民T氏(50歳)は昨日(2015年1月13日)区立病院に運ばれた。その病院の病院長であるArke博士は、昨日副院長室で行われた記者発表で、その方の回復の見込みはほとんどないと断言した。

 

With today’s [14 Jan 2015] fatality, the official toll that stood at 10 till yesterday has surged to 11 as another case of dog-bite related death was added to the list as well. The victim identified as E (46) of Lanva expired sometime in November 2014, and the attending doctors had even made the family wrap the corpse with polythene sheeting and advised them to burn his clothing besides compulsory vaccination of all his relatives.

本日(2015年1月14日)の死亡に伴い、昨日まで公表値10件だったイヌ咬傷事故の関連死亡者数は1件がリストに加えられて11件に増加した。ランバ市のE氏(46歳)と判明している犠牲者は2014年11月の某日に息を引き取った。立ち会った医師は家族に遺体をポリエチレン製の布で包むようにさえ指示し、彼の衣服を燃やし、さらに親戚全ての強制的なワクチン接種を助言した。

 

1.5-year-old T of Hengjang village was reportedly bitten by a dog on 1 Jan 2015 [same name but resident of a different village – Mod.MHJ].

An alarming figure in the official figures that was dispatched to the Principal Secretary (Health) was the large disparity in the number dog-bite cases, as vaccine administered to patients to date stands only at 11 against the reported cases of 263.

The medical officials had yesterday [13 Jan 2015] said most of the patients have procured the vaccine privately, but it still is not known whether all the remaining 252 patients received the vaccine.

報告によると、ヘンギアン村の1.5歳になるTちゃんは2015年1月1日に一頭の犬に咬まれた(同名だが違う村の住民である。モデレータMHJ)。事務局長(保健省)に速報された公式データの中に犬咬傷事故発生数に大きな差異のある憂慮すべき数字があった。263件の咬傷事故の報告に対して、これまで患者にワクチン接種されたのはたったの11件だった。医療担当者は昨日(2015年1月13日)、患者のほとんどは個人でワクチンを入手したが、残りの252名の全ての患者が(現在も)ワクチン接種を受けているかどうかは依然不明であると述べた。

 

Another cause of concern is the potency of the vaccine procured privately, as it has been claimed that failure to maintain cold-chain will render the vaccine impotent.

It may be noted that the Medical Superintendent of district hospital Churachandpur had yesterday [13 Jan 2015] declared that the cases are clinically rabies and would surely be positive if they are tested.

もう一つの憂慮の原因は、コールドチェーンの破綻はワクチンを無効にすると主張されていることから、私的に手に入れたワクチンの有効性である。区立病院であるChurachandpurの病院長が昨日(2015年1月13日)、複数の症例は臨床的に狂犬病であり、検査をすれば確実に陽性だろうと述べたことは注目するべきかもしれない。

 

Nevertheless, the Veterinary Department is still struggling to obtain the necessary sample (dog’s brain) for confirmation, as all the cases reported so far are done so after the dog concerned has been disposed of. Official sources said that to test for the presence of rabies, it will be necessary for dog owners to chain the dog and put it under observation to see whether it dies within a couple of weeks, but people seem unaware or unwilling to wait for that and instead kill the dog immediately after it bites someone.

[Byline: S Singlianmang Guite]

このような状況だが、これまでの全ての症例の報告が、検査すべき犬が処分された後になっているために、獣医局は未だに確定検査に必要な材料(犬の脳)を入手しようと奮闘しているような状況である。狂犬病の存在を調べるためには、犬の飼い主は犬を鎖につなぎ、2週間以内に犬が死ぬかどうかを見るために監視下に置くことが必要であるが、住民は観察結果を待つことを意識していないか、望まないようで、飼い犬が誰かを咬んだ後はすぐに犬を殺処分している、と公的な情報筋は述べた。

 

[This report is somewhat confusing. Is the number of human rabies cases 11 or 263, or does the latter refer just to humans believed to have been bitten by a “rabid” dog? Another confusion is whether any protection is provided by privately purchased vaccine, or even whether the latter has been subjected to quality testing and/or controls.

「この報告は少し混乱している。ヒトの狂犬病症例数が11なのか263件なのか?もしくは後者は「狂犬病の」犬に咬まれたと信じている人たちに言及しているのだろうか?もう一つの混乱は、どれくらいの防御(PEP)が個人的に購入したワクチンによって賄われてれているのかどうか、もしくは後者はワクチンの品質検査および(もしくは)管理検査を受けているのかどうかである。

 

However one looks at the situation in Churachandpur, it is patently clear that rabies both of dogs and humans is of significant public health concern, and there is urgent need for an effective canine rabies control and eradication programme. – Mod.MHJ]

Churachandpur区の状況を見ても、犬と人の両者で狂犬病が公衆衛生上の大きな問題になっていることが明確であり、効果的なイヌ狂犬病の制御と淘汰計画が至急必要である。」

PageTop