Home >News > ProMED翻訳情報(344回) ~ガーナにおける狂犬病の現状~

ProMED翻訳情報(344回) ~ガーナにおける狂犬病の現状~

2015.02.26

RABIES – GHANA (02): (UPPER WEST) HUMAN, CANINE
***********************************************

Date: 20 Jan 2015   Source: Graphic On Line [edited]
Six persons have so far died from rabies in the Upper West Region this year [2015].
2015年に入ってから現在まで、北部のアッパーウエスト州では6名が狂犬病により死亡している。
The Deputy Director of Public Health in the region, Dr Winfred Ofosu, who disclosed this fact, bemoaned the high prevalence of rabies in the region due to the failure of owners to vaccinate their dogs. At a meeting with the regional epidemic management committee last Friday, Dr Ofosu said there were enough vaccines to take care of the large population of dogs in the region.
その事実を明らかにした地域公衆衛生副局長のDr. Winfred Ofosuは、所有する犬に対してワクチン接種を行わない飼い主がいることにより、地域における狂犬病の発生率が高いことを嘆いていた。先週の金曜日に行われた、地域の流行管理委員会の会合で、Dr. Ofosuは地域内に住む多く犬の個体数は多いが、それらに接種する十分量のワクチンがあると述べていた。
The meeting, which attracted all stakeholders, was to discuss their preparedness to detect and contain any health hazard that posed a threat to the people in the region.

[Byline: Daniel Russell]
すべての関係者の注目を集めた会合は、地域内の人々に危害を与えるすべての健康障害の検出と防圧に対する備えについて話すことであった。

[It is a relatively small province in the northwest corner of Ghana.

比較的ガーナの北西部角に位置する小さな州である。

On face value, this is a report of recent (this year, 2015) fatal human cases of rabies in the northwest, but the close way that human public health and veterinary services function in Ghana, it is not impossible that the speaker was referring to recent diagnoses of canine rabies, and the latter cases overflow, as we know, into the former. Either way, it is a worrying situation. – Mod.MHJ
文字通り、これは最近の(2015年)の北西部で起きた人狂犬病死亡例報告であるが、人の公衆衛生と獣医療部門が協力して報告されたもので、我々が知っているように、報告者は犬の狂犬病診断数や犬の狂犬病が頻発しているおり、それによって人の症例も増えていることを述べるのは不可能ではなかったはずだ。いずれにせよ、心配な状況である。

PageTop