Home >News > ProMED翻訳情報(348回) ~インドにおける2014年の人の狂犬病事例~

ProMED翻訳情報(348回) ~インドにおける2014年の人の狂犬病事例~

2015.03.09

RABIES – INDIA (13): (KARNATAKA) DOG BITE INCIDENCE

***************************************************

Date: Fri 19 Sep 2014     Source: Deccan Herald [edited]

 

 

Epidemic Diseases Hospital: 1076 cases of dog bites treated since 11 Jan 2014; 5 rabies deaths

伝染病病院:2014年1月11日から1076事例のイヌ咬症が治療された;5例の狂犬病による死亡

——————————————————————————–

In the wake of an incident, where a rabid dog bit and injured 18 persons at Nanjangud taluk of the district [Mysore district, Karnataka state], data shows that the number of dog bite cases are on a rise. As an indication of the same, dog bite cases treated at Epidemic Diseases Hospital (ED Hospital) in the city [Mysore] has outnumbered the cases of gastroenteritis, which used to be the most common form of disease referred to the hospital, earlier.

(Karnataka 州Mysore地区)のNanjangud talukで18人の狂犬病犬による咬傷があり、事件に引き続いて、イヌ咬傷事例数が上昇傾向であることをデータが示す。同様の徴候として、Mysore市の伝染病病院(ED病院)において治療されたイヌ咬傷例が、以前は病院に受け入れられたもっとも一般的な疾病形態であった胃腸炎症例を、早期に数で勝った。

 

A total of 1076 cases of category iii bites have been referred to ED Hospital since January 2014, from Mysore, Mandya, Hassan and Chamarajanagar districts. On Thursday [18 Sep 2014] alone, 23 cases were referred to the Hospital, following the incident at Nanjangud. In comparison, the number of gastroenteritis cases referred to the hospital during the year [2014] has been around 570. While people from Srirangapatna and Pandavapura taluks of Mandya district are referred due to proximity, patients from Hassan and Chamarajanagar districts have no alternatives, as no other government hospitals in the districts provide medication for category iii bites.

カテゴリーⅢに認定される咬傷の合計1076例を、2014年1月以来、Mysore、Mandya、Hassan とChamarajanagar地区から ED病院で受け入れた。Nanjangudでの事例の後、木曜日(2014年9月18日)だけで23例が病院に受け入れられた。比較として、2014年の1年間に病院で受け入れた胃腸炎症例はおよそ570であった。Mandya 地区のSrirangapatnaとPandavapura taluksからの人々は近接しているために受け入れられ、Hassan と Chamarajanagar地区からの患者は、地域における他の行政病院はどこもカテゴリーⅢ咬傷への医療を提供しないので、選択の余地がなく受け入れられた。

 

Bites from animals that cause rabies are categorised into 3, with categories ii and iii requiring medical attention. If ignored, categories ii and iii bites would lead to rabies, which is 100 per cent fatal. Vaccination is not necessary for a category i bite, as there will be no wound.

狂犬病の原因となる動物からの咬傷は三つに分類され、カテゴリーⅡとⅢは治療を必要とする。無視されるならば、カテゴリーⅡとⅢの咬傷は狂犬病を発病し、それは100%致死的である。傷の認められないカテゴリーⅠの咬傷は予防接種を必要としない。

 

Speaking to Deccan Herald, Dr M Lakshman, in-charge of Dog Bite Unit at ED Hospital, said that most of the dog bite cases referred to the hospital are from rural areas. “Dog numbers have increased in rural areas. All programmes to neuter dogs have been restricted to cities and towns,” he said. He said that even though medication for category iii bites could be treated at taluk hospitals and Primary Healthcare Centres, a lack of expertise among taluk level medical officers, resulted in most of the cases being referred to ED Hospital.”Moreover, a study conducted by Mandya Institute of Medical Sciences show that most of these officers fear administering Anti-Rabies Vaccine (ARV) and Rabies Immunoglobulins (RI), fearing adverse reactions on the patient,” he said.

Deccan Heraldに話したED病院のイヌ咬傷担当のM Lakshman博士は、病院に搬送される大部分のイヌ咬傷事例は農村地域からのものであると述べた。「イヌの数は農村部で増加している。イヌの去勢プログラムの全ては都市と町に限定されている。」と彼は述べた。カテゴリーⅢ咬傷の処方は、taluk 病院 と初期健康管理センターで治療されることができるにもかかわらず、taluk水準の医療従事者の専門知識の不足により、結果としてほとんどの症例がED病院へ搬送される、と彼は述べた。「さらに、Mandya医学研究所が行った研究で、これらの医官の大部分が、患者の副作用を恐れて、抗狂犬病ワクチン(ARV)と狂犬病免疫グロブリン(RI)の投与を心配していることがわかった。」と彼は述べた。

 

Along with training for taluk level medical officers, like ARV, RI [rabies immunoglobulin] too should be included in the National Health Policy so that these medicines are available in taluk centres too, he said.

taluk水準の医療従事者への訓練に従って、ARVのように、これらの医薬品もtalukセンターでも入手できるように、RI(狂犬病免疫グロブリン)も国家の健康方針にぜひ含まれるべきだと彼は述べた。

 

He said that cases of pet dog bites requiring treatment was less, as most of the pets are regularly vaccinated against rabies.

たいていのペットが抗狂犬病ワクチンを定期的に受けていたため、治療が必要となるペット犬による咬傷事例はより少なかったと彼は述べた。

 

“However, irrespective of the dog, people should approach doctors as soon as a dog or other animal that can cause the disease, bites. Only vaccination can prevent fatality in the case of rabies,” he added.

「しかしながら、イヌに関係なく、狂犬病に罹る可能性のあるイヌもしくは別の動物による咬傷においては、人々はできるだけすぐに医者にかかるべきである。予防接種のみが狂犬病事例における致死を防止することができる」と彼は付け加えた。

 

The surge in dog bite incidents has also increased the demand for RI at the Hospital. According to Zahara Mubeen, pharmacist at the Hospital, a couple of years ago, 20-30 vials of immunoglobulins per month were sufficient to treat category iii bites. However, during the past year and a half, requirement for immunoglobulins has increased to 150-200 vials per month, she said. She said that there was sufficient stock of medicines available to treat the growing number of dog bite cases.

イヌ咬傷事件の急増は、病院でのRI要求数も上昇させた。病院の薬剤師のZahara Mubeenによると、2〜3年前では、月に20-30バイアルの免疫グロブリンで、カテゴリーⅢ咬傷の治療に十分であった。しかし、この1年半の間では、必要とされる免疫グロブリンは、月に150-200バイアルに上昇したと彼女は述べた。増加するイヌ咬傷事例を治療することができるだけの薬剤の十分な蓄えがあると彼女は述べた。

 

In the case of dog bite, both category ii and category iii, 0.1 ml of ARV should be injected on both deltoid (shoulder) regions. The dosage should be repeated on the 3rd, 7th and 28th day. RI is injected only in the case of category iii wounds, and the dosage of medicine depends on the body weight of the individual.

イヌ咬傷事例において、カテゴリーⅡとカテゴリーⅢ共に、ARVの0.1 mlを両方の三角筋(肩)領域に接種されねばならない。その接種量は、3,7,28日目においても繰り返されねばならない。RIはカテゴリーⅢ受傷例にのみ接種され、薬剤接種量は個々の体重に依存する。

 

District Health Officer, H T Puttaswamy said that the dogs were erratic and aggressive in breeding season. “This might have triggered the incident in Nanjangud. Even though 18 persons were referred, only 4 had category iii bites and were treated,” he said.

地域の保健官である、H T Puttaswamyは、イヌは繁殖期には不安定で攻撃的であると述べた。「これが、Nanjangudにおける事件の引き金かもしれない。18人が受け入れられたにもかかわらず、たった4人がカテゴリーⅢ咬傷とされ治療された」と彼は述べた。

 

Deputy Director of Department of Animal Husbandry, Dr Devdas, said that neutering of dogs to control their numbers are taken up by concerned local administrations, such as Town Municipal Councils or grama panchayats. “If any local bodies approach us, we are ready to provide technical assistance to control the number of stray dogs,” headded. added.             [Byline: Akram Mohammed]

畜産局の次長のDevdas博士は、その数を制御するためのイヌの去勢は、町の地方自治議会または村議会のような関係する地方行政に取り上げられると述べた。「もし地方公共団体が我々に接触するのなら、我々は放浪犬の数をコントロールするための技術協力を提供する準備ができている。」と彼は付け加える。

 

Where canine rabies is poorly controlled, the economic cost is increased by the higher costs of treating people with dog bites. With or without rabies, dogs will, for a number reasons, good and ill, bite people. But when canine rabies has been eradicated, it just becomes wound trauma treatment. Karnataka public health is to be congratulated to keeping the human rabies death rate as low of 5 deaths per 1076 bites thanks to the wound treatment with immunoglobin and vaccination.But treating those 1070 or so people for their dog bites is not cheap.Getting the dogs vaccinated, and especially the rural and non-pet dogs vaccinated would within 3 to 5 years cut that cost. – Mod.MHJ

イヌ狂犬病が十分制御されていない所では、その経済的な費用は、イヌに噛まれた人々の高い治療費用のために上昇している。狂犬病の有り無し、健康と病気など、いくつかの理由から、イヌは人々を噛むであろう。しかし、イヌ狂犬病が撲滅された時、そこにはただトラウマ治療だけになるであろう。Karnatakaの公衆衛生は、免疫グロブリンとワクチンによる傷の治療の効果により、ヒトの狂犬病死の割合が1076咬傷中5人より低く維持されることにたいして祝福される状態である。しかし、これら1070以上の人々のイヌ咬傷治療は安価ではない。イヌに予防接種をすること、特に農村部とペット以外のイヌの予防接種は、この3-5年以内に費用を下げるであろう。

PageTop