Home >News > ProMED翻訳情報(350回) ~インドで発生したヒトの狂犬病事例と意見~

ProMED翻訳情報(350回) ~インドで発生したヒトの狂犬病事例と意見~

2015.03.14

RABIES – INDIA (05): (MAHARASHTRA) HUMAN, CANINE EXPOSURE

*********************************************************

In this post:

[1] Maharashtra death

[2] Comment

******

[1] Maharashtra death

Date: Tue 10 Feb 2015     Source: Times of India [edited]

 

Indapur [Maharashtra state] man dies of rabies; toll 2

インダプール郡(マハラーシュトラ州)の男性、狂犬病で死亡;死亡数2

 

A 40-year-old man died of rabies at the Naidu Infectious Diseases Hospital on Monday [9 Feb 2015], taking the city’s rabies death toll to 2 so far this year. A resident of Indapur in Mangaon in Raigad district, was bitten by a dog on his right hand a month ago. However, he did not take anti-rabies vaccine and fast-acting rabies antibodies.

40歳の男性が月曜日(2015年2月9日)、Naidu感染症病院で死亡し、インダプール郡での死亡は、今年になってこれまでのところ2人となっている。(亡くなった)ライガッド県、マーンガーオン市在住だったインダプール市出身者の住民は1ヶ月前に男性の右手を1頭の犬に咬まれた。しかし、抗狂犬病ワクチンや即時型狂犬病抗体の投与を受けなかった。

“[He] was admitted to the Naidu hospital a day before he died. His condition was critical at the time of admission,” said S T Pardeshi, medical officer of health, PMC.

「(男性は)死亡する1日前にNaidu病院に入院しました。彼は入院時には危機的でした。」とPMC(民間軍事会社)の医師であるS T Pardeshi氏は語った。

 

******

[Earlier I had checked with Merritt Clifton on the numbers of street dogs in India and related numbers of human rabies. His reply:]

「以前、私がMerritt Clifton氏とインドの放浪犬の頭数及び、人の狂犬病の例数との関連を調べていた。その彼の返事である。」

[2] Comment

Date: Mon 9 Feb 2015    From: Merritt Clifton

 

First of all, there is not actually a “high level of human rabies” now plaguing India, relative to any documented time frame in the past. We have been around the barn about this several times before [see the links below]. In truth there is now such a low level of human rabies in India that even relatively low numbers of cases compared to the historical norms now occasion great media attention and public alarm.

先ず最初に言っておきたいが、過去においてどんな期間の記録と比較しても実際のところ、現在インドを苦しませている「人の狂犬病が非常に高いレベルで発生」していることはない。我々は、以前のこの数回、この地域に居合わせたのでよく理解している。(下段のリンクを参照)。歴史的な基準と比較して少ない例数にもかかわらず、今でもメディアの強い注意喚起や公衆の警告を引き起こしているが、事実現在インドにおける人の狂犬病は低いレベルにある。

 

See 14 Jan 2015 Rabies – India (02): (MN) canine, human 20150114.3093071 for example. That posting described the response to 263 suspected rabid bites and 11 human fatalities over 4 months’ time, which would be high only compared to the norms for other parts of the world — and compared to the rest of India in recent years, which experienced only 138 documented rabies deaths in all of 2013, according to the Central Bureau of Health Intelligence. The CBI has tracked human rabies fatalities since 2003, and has documented a general downward trend, with only a couple of upward blips, over that time.

たとえば、14 Jan 2015 Rabies – India (02): (MN) canine, human 20150114.3093071 を見て欲しい。この投稿は4ヶ月間における263件の狂犬病を疑われた動物による咬傷事故と11人の死亡例に呼応して記述された。この記事は世界の他の地域の基準との単純比較で高いとしているのだろう。あるいは、中央健康情報局(CBI)によると、2013年全体でたったの138例の狂犬病による死亡者しか経験していないという近年のインドの鎮静状態と比較して高いとしていたのだろう。CBIは2003年より人の狂犬病犠牲者数を追跡しており、たった二度の上昇はあったものの、全般的に徐々に下降傾向であると報告している。

 

Second, the numbers of dogs at large in India have been falling steadily overall since federal funding for the national Animal Birth Control (ABC) program began flowing in 2003, and had actually already been dropping since 1997, when the Animal Welfare Board of India formally endorsed the ABC approach, after it had been successfully demonstrated in several major cities (notably Chennai and Mumbai).

2番目に、インド全体の犬の数は2003年に国家的な動物繁殖制御(ABC)計画のための連邦基金が投入されて以降、全体として着実に減少している。また、ABCの実施がいくつかの大都市(特にチェンナイとムンバイ)で実施されて成功したあと、インド動物福祉委員会がこの方法を公式に支持した1997年以降には、実際にはすでに減少していた。

 

To be sure, the ABC programs are still quite uneven in efficacy, and do not yet cover the entire nation. ABC particularly lags behind in the villages, where there are no strong humane societies or other service providers to implement ABC. These are also the areas where the decline and loss of the vulture population is likely to be most felt.

確かにABC計画は依然として有効性において全く一様ではないし、まだ国家全土で実施されていない。ABCはプログラムを実施するための強力な人道的組織や他の業務提供者がいない村落では特に遅れをとっている。これらは猛禽類の数の減少や消失が多く感じられるような地域でもある。

 

But other factors are also working in the direction of fewer street dogs, notably vastly increased vehicular traffic throughout India, increased use of refrigeration, and improved urban waste disposal, including the use of bulldozers to bury refuse, almost unheard of a generation ago but now routine around Indian cities.

しかし、放浪犬(路上生活犬)が減少する方向に向かうための他の要因も働いている。特にインド全土の自動車交通の大いなる増加や、(食品の)冷蔵冷凍利用の増加、廃棄物を埋めるためのブルドーザーの使用を含めた都市部のゴミ処理の改善であり、これらは一世代前にはほとんど知られていなかったが、今やインドの市街地ではほぼ日常的に行われている。

 

These are also factors in reducing the vulture population, by reducing the carrion available to all scavenging species, and the same factors that eradicated the U.S. street population, which National Family Opinion Survey founders Howard and Clara Trumbull, writing as “John Marbanks,” found was half the U.S. dog population in 1927 and 1937, but only 30 percent of the U.S. dog population by 1950, and was invisible by 1970.

これらのことも死肉を食べる全ての動物種にとって(路上の)死肉を減少させることが、猛禽類の数を減少させる要因になっている。また、「John Marbanks」として書いているのだが、National Family Opinion Surveyの創設者ハワードとクララトランブルが見いだしたアメリカの放浪犬(路上生活犬)が駆逐されたのと同様の要因である。すなわち、1927年と1937年にアメリカの犬の数は半分となり、1950年までに30%となり、1970年までには無視できるほどにまでになった。

 

 

Thanks for asking.

質問に感謝する。

Merritt Clifton, editor     Greenbank, Washington     USA

 

This latest Indian report reinforces, yet again, the importance of treating rabid dog bites with urgency. And an area where Public Health should step in if the person bitten cannot afford the appropriate immune serum treatment and vaccinations.

And, yet again, my thanks to Merritt for his informed contribution.

この最新のインドの報告は狂犬病犬による咬傷事故の際の緊急な処置の重要性をさらにもう一度強固にしている。そして公衆衛生部局のある地域は、咬まれた人が適切な免疫血清処置やワクチン接種を受ける費用がない場合には介入すべきである。そしてさらにもう一度、メリット氏の情報の寄稿に謝意を申し上げる。

PageTop