Home >News > ProMED翻訳情報(351回) ~イスラエルで発生したネコの狂犬病~

ProMED翻訳情報(351回) ~イスラエルで発生したネコの狂犬病~

2015.03.14

RABIES – ISRAEL: (HAZAFON) FELINE, HUMAN EXPOSURE

*************************************************

Date: Wed 11 Feb 2015       Source: Arutz Sheva [edited]

 

A rabid cat was discovered on [7 Feb 2015] in the southern Golan Heights community of Natur. The cat was caught, the Health Ministry announced.

狂犬病の猫が2015年2月7日に南ゴラン高原のNatur村で発見された。その猫は捕獲されたと厚生省が発表した。

 

The Health Ministry requests that anyone who was in contact with the affected feline, or whose pets came into contact with the area in which the cat was found, direct themselves to the Health Offices in Tiberias, or to the health clinic closest to their homes.

厚生省は、その狂犬病の猫と接触をした全ての人、あるいはその猫が発見された地域で接触したペットの飼い主に対してTiberiasの保健所または最寄りの診療所へ自ら直行するように要請している。

 

[This is the 4th lab-confirmed rabies case in north-east Israel since the start of 2015. The other cases involved 2 dogs and a wolf.

According to information disseminated by Dr Roni Ozari, Director of Israel’s Field Veterinary Services, on 10 Feb 2015, the cat attacked 2 children, one adult and a domestic dog, before being shot. The laboratory test was performed at the rabies centre, Kimron Veterinary Institute. The bitten persons have undergone post-exposure treatment.

本症例は、2015年当初から北東イスラエルにおける4番目に確定診断された症例である。他の症例は、2頭の犬及びオオカミであった。2015年2月10日にイスラエル軍獣医療施設長のDr Roni Ozariにより公表された情報によれば、その猫は射殺される前に2名の子供、1名の大人及び1頭の飼育犬を襲った。確定診断は、Kimron獣医学研究所の狂犬病センターで行われた。咬まれた人たちは、曝露後免疫処置を実施されている。

 

The previous rabies case in a cat in Israel was recorded in 2011.

Since 1996, 14 cats have been reported rabid (lab confirmed) in Israel. The number of stray cats in Israel is roughly estimated at a 6 to 7 digit figure; some localities apply stray-cat sterilisation policy; results are debatable.

イスラエルにおける猫の狂犬病の以前の症例は、2011年に記録されている。1996年以来、イスラエルにおいて14頭の狂犬病猫(確定診断済み)が報告されている。イスラエルにおける野良猫の頭数は、ざっと6から7桁と推定される。;一部の地方では野良猫の避妊政策を適用している。結果には議論の余地がある。

 

The total number of (lab-confirmed) rabies cases during 2014 was 14,including wolves (4), dogs (3), foxes, jackals, badgers (2 each) and one calf. All cases were found in the north-eastern part of the northern (HaZafon) district, bordering Lebanon and Syria.

2014年中の狂犬病症例数(確定診断された)総数は14例で、オオカミ(4)、犬(3)、キツネ、ジャッカル、アナグマ(各2)及び子牛であった。すべての症例がレバノン及びシリア国境の北部(HaZafon)地域の北東部で発見された。

 

The disease in wildlife, rife until the late ’90s, particularly in foxes, has been successfully controlled throughout the country by oral vaccination (baits spread by aircraft).

90年代の後半まで流行していた野生動物における狂犬病、特にキツネは、経口ワクチン接種(航空機により散布した疑似餌)により国内全域でコントロールすることに成功していた。

 

Rabies has been reintroduced during the recent 5 years into the areas bordering Syria and (to a lesser extent) Lebanon.

狂犬病は、最近5年間においてシリアとレバノン国境(より狭い地域)で再侵入している。

 

Israel’s last human rabies case was reported in 2002. – Mod.AS

イスラエルにおける最後の人狂犬病症例は2002年に報告された。

 

PageTop