Home >News > ProMED翻訳情報(352回) ~サウスカロライナ州で発生した事例(345回)に関する意見~

ProMED翻訳情報(352回) ~サウスカロライナ州で発生した事例(345回)に関する意見~

2015.03.14

RABIES – USA (02):(SOUTH CAROLINA)CANINE, HUMAN EXPOSURE, COMMENT

*******************************************************************

Date: Sat 17 Jan 2015     From: Patricia Burke, DVM <drpaburke@verizon.net> [edited]

 

Re: Rabies – USA: (SC) canine, human exposure 20150116.3098002

————————————————————–

This report is either, as usual from news organizations, misreporting facts, or someone broke many state laws.

報道機関からいつものように出たこのレポートは、事実を誤報しているか、またはだれかが多くの州法を破ったものである。

 

The secondary purpose of rabies vaccination is protection of an animal, the primary is to create “herd immunity” and to prevent endemic canine rabies in dogs — which leads to an estimated 30-50 000 human deaths a year in the world. Vs. less than 10 a year in the US.(Since 2004, no human case of rabies from a US native dog — people were exposed in other countries, from bats, wildlife, or transplanted tissue).

狂犬病のワクチン接種の第2の目的は動物の防御であるが、第1の目的は、”集団免疫”を作って、世界中で毎年3-5万人の人の死を起こしている風土病であるイヌの狂犬病を防止することである。一方アメリカでは年間10例未満である。(2004年以来、アメリカ自国のイヌによるヒト狂犬病症例はない — 人々は、他の国で、あるいはコウモリや野生動物から、移植組織から曝露されていた。)

 

Considering not all dogs get vaccinated at all (rates vary from mediocre to abysmal) realistically a far fewer number of ‘pediatric’ patients would get a series of 2 or 3 vaccinations, which would protect all of them. 12 to 16 weeks is considered old enough, most will respond to the vaccination, young enough that few are ‘out and about’ interacting with other animals. The fact is one single vaccination with currently available 3 year rabies vaccines are proven to protect for a minimum of 3 years — in dogs with no maternal immunity. After the 2nd or 3rd, the animal is likely immune for life.

It is not cost effective to prove this, when a relatively small percentage live to natural old age. Dogs having had only one vaccination as a pup, should be scrutinized differently. Thus a standard of one vaccination at 12-16 weeks, or if presented older with no vaccination history, a dog is vaccinated, a year later to catch those that might not have responded, and then every 3 years (if using a 3 year vaccine) has been established. The possibility of a non-responder is addressed by the 10 day quarantine if the dog bites a human.

すべてのイヌが予防接種を受けるというわけではないと考えると(その率は平凡なものから底知れないくらい悪いものまで多様である)、ごく少数の子犬は、現実的には彼ら全員を防御する一連の2回または3回のワクチンを受ける。12週令から16週令は十分な年齢と考えられ、ほとんどがワクチンに反応するだろう。僅かな若齢犬は他の動物と接触に対して回復する。実のところ、現在利用できる3年間有効狂犬病ワクチンによる1回の予防接種は、母子免疫(移行抗体)のない犬において最低3年間防御することが立証されている。2回目あるいは3回目の後に、その動物は終生免疫を持つ可能性が高い。比較的少数が自然に年を取って生きているとしても、これを証明することは、費用効果が良くない。子イヌのときに1回のワクチン接種を受けただけのイヌは、違った風に精査されるべきである。たとえば、12-16週令での 1回の標準的なワクチン接種、あるいは接種歴のない老犬が見つかった場合、イヌは、免疫の出来ていないかも知れない個体を捕らえるためにその1年後にワクチンを接種し、(もし3年のワクチンが使用されるなら)そこから3年ごとに設定される。イヌがヒトを咬んだなら、非応答犬の可能性は10日の検疫によって対処される。

 

So, with the prime directive of human protection, its all standardized — a dog is given a 1st vaccination, is revaccinated in a year and then as manufacturer’s recommendations (there are 1, 3 and 4 year vaccines). State and local ordinances, often arcane and non-scientific, may add other caveats. If this pup was old enough to “catch rabies” it was old enough to respond to vaccination. I have given a few pups being moved to high risk countries a series of 2 vaccinations in order to increase protection (there are references as to safety in younger dogs) but only ‘certified’ the vaccination given over the age mandated by state law.

したがって、ヒト防御の重要な指示により、すべて標準化されており、イヌは1回目のワクチンを受けて、1年以内に再接種を受ける。その後メーカーの推奨に従う(1年、3年、4年間有効ワクチンがある)。しばしば不可解で非科学的な国と地方の条例は、他の警告を加えるかもしれない。この子イヌが”狂犬病に感染する”のに十分な年齢であったとしたら、それはワクチン接種に反応するのに十分な年齢だったということである。私は、防御力を増加させるために、ハイリスク国に移動された少数のイヌに一連の2回のワクチン接種を行った(それらは、幼若犬に対して安全であるという証明がある)が、州法によって義務付けられた年齢を超えたものにワクチンを接種した、ということを証明したに過ぎない。

 

The reason why vaccination after exposure — the basis of rabies “treatment” in humans, works is — rabies is a slow virus, which has to travel up axons to the CNS. A dog is consider immunized 28 days after the 1st vaccination partially to cover the possibility they are already incubating virus from an unknown exposure; if they are alive in 28 days, the immunization by vaccination beat out the virus! I can’t think of a medical reason why a puppy, which had been bitten by a skunk, but had not bitten a human, couldn’t have been vaccinated with a killed virus at any age. Texas, which has some of the most sensible and justifiable rules and regulations, does allow an unvaccinated animal to be vaccinated once, again in 3 and 8 weeks (and quarantined 90 days). I don’t know what age Texas would consider too young. Many states would force euthanasia in a case like this.

— ヒトにおける狂犬病”処置”の基礎として働く — 曝露後ワクチン接種の理由は、狂犬病は中枢神経系に向かって軸索を移動するゆっくりとしたウイルスであるからである。イヌは、未知の曝露によりウイルスすでに潜伏しているという可能性をカバーするために、1回目のワクチン接種の28日後に免疫される、と考える;彼らが28日間生きていれば、ワクチン接種による免疫はウイルスを打ち負かす!私は、スカンクにかみつかれたが人を咬んでいない子イヌが、どんな年齢であれ、なぜ不活化ワクチンを受けることができなかったのか、その医学的な理由について思い浮かべることができない。最も賢明で正当な規則をいくつか持っているテキサスでは、ワクチン未接種の動物に1回のワクチンとその後3週目と8週目に再びのワクチンを受けさせること(そして90日間の検疫を受ける)を許可している。私は、テキサスがどんな年を若すぎると考えるかということについて知らない。多くの州はこのようなケースに安楽死を強制する。

 

Logically the cost of a lengthy quarantine is a death sentence for most beloved adult pets, much less a puppy either recently obtained or one of a litter. A puppy, or a human bit on the face, will have a shorter incubation than a large dog bit on a leg or a person on the foot so it is possible the pup still would have succumbed. The dog is only a risk to humans or other animals for the last 10 days of an infection — that is the time they can pass the virus on. Because at one time we used modified live rabies vaccines which could occasionally cause disease, and to remove any other variables, a dog which bites a human, with a current, lapsed, or no vaccination can never be vaccinated until 10 days has passed. If the animal has to be euthanized before 10 days, based on its vaccination status and the situation, the brain may be checked. If alive and healthy in 10 days, it can be euthanized, or vaccinated.

論理上、長い隔離の費用は、最近手に入れた子イヌまたは一腹の子のうちの1頭は言うまでもなく、それ以上に最愛の大人のイヌのペットのための死刑宣告である。顔を咬みつかれた子イヌまたはヒトは、足を咬みつかれた大型犬またはヒトより短い潜伏期であるので、子イヌはなおさら死んでいるのである。イヌは感染の最後の10日間、ヒトや他の動物へのリスクとなるだけである — それは、彼らがウイルスをうつすことができる時間である。なぜなら私たちが、時おり病気を引き起こすことがあり得る狂犬病弱毒生ワクチンを使用した時、また他のいかなる不確定要素も取り除くために、現在効果が消えているあるいはワクチン未接種でヒトを咬んだイヌは、10日を経過するまで決してワクチン受けられないのである。もし動物が10日より前に安楽死させられなければいけないなら、そのワクチン接種の信頼性と状況に基づいて、脳をチェックされるかもしれない。もし10日間生存し健康ならば、安楽死させられるか、もしくはワクチン接種を受けることができる。

 

Years ago, a dog showing signs of rabies was allowed to progress and die to optimize a solid diagnosis, but with the sophistication of testing now, the dog which shows signs of rabies within the 10 days of inflicting a human bite, it is euthanized and the brain checked.

数年前、狂犬病の兆候を示したイヌは信頼できる診断を確実にするために経過観察をし、死を待ったが、現在の検査の高度化により、ヒトを咬傷させ10日以内に狂犬病の兆候を示したイヌは、安楽死させられて脳を検査される。

 

Either someone didn’t follow the law, or the history presented is wrong. Skunk (big risk wildlife) bites puppy and runs off. Pup presented to a veterinarian, whether “old enough” to vaccinate or not, whether vaccinated upon entry into quarantine or not, would be quarantined, or possibly confined at home, for between 45 and in many states, 180 days. If during that time it shows signs of illness consistent with rabies — euthanasia and rabies tested. Pup bites human, regardless of vaccination or exposure history, it is not vaccinated, monitored or quarantined for 10 days, and if signs of rabies commence, euthanized and rabies tested. This pup was likely maintained at home, where it died, and then it was checked. When or if a medical professional was involved prior to this — I would be surprised if they didn’t misinterpret or ignore many DOH [department of health] or DEM [department of environmental management] rules. As to a question posed about the pup getting immune-globulin — ignoring expense, remember the prime directive — that wouldn’t be considered, much less allowed, for AKC [American Kennel Club] best in show!

誰かが、法律や提示された病歴に従わなかった、ということは間違っている。スカンク(リスクの大きい野生動物)は、子イヌを咬んで逃げる。獣医師に診せた子イヌが、ワクチン接種に対して”十分な年齢”かどうか、検疫入った時にワクチンを接種されているかどうかによって、45日から多くの州で180日の間、検疫されるか可能であれば家で監禁される。もしその期間に、それが狂犬病と一致している病気の徴候を示すなら — それは安楽死され狂犬病の検査を受ける。ワクチン接種あるいは曝露の履歴にかかわらず、ヒトを咬んだ子イヌは、ワクチン接種をせず監視され10日間の検疫を受け、もし狂犬病の始まりの徴候があったなら、安楽死されて狂犬病の検査を受ける。この子イヌはたぶん、家におかれて、そこで死に、それから検査を受けた。もし医学系の専門家が関係した、またはこれに先がけて関係したなら – 例え彼らが多くのDOH[保健局]またはDEM[環境管理部門]の規則を誤解あるいは無視しなかったとしても、私は驚くであろう。子イヌが免疫グロブリンを得ることに関して提出された疑問について — 費用を無視して、主たる指示を忘れないように — AKC[アメリカンケンネルクラブ]の最高のショーにおいては考慮されず、許されている!

 

Patricia Burke, DVM

Providence, Rhode Island

USA

<drpaburke@verizon.net>

 

[My thanks to Dr. Burke for filling out the necessary background to the proper management of this disease in dogs. – Mod.MHJ]

[イヌのこの病気の適切な管理への必要なバックグラウンドを仕上げるためにBurke博士に私は感謝する。 – Mod.MHJ]

PageTop