Home >News > ProMED翻訳情報(356回) ~チュニジアの一部地域における狂犬病の状況~

ProMED翻訳情報(356回) ~チュニジアの一部地域における狂犬病の状況~

2015.04.13

RABIES – TUNISIA (02): (TUNIS) HUMAN

************************************

Date: Wed 25 Feb 2015      Source: La Presse de Tunisie [in French, trans. Copy Ed.LMI, edited]

 

Rabies is back; vaccination is the only asset

狂犬病は戻っている。ワクチン接種のみ有用である。

———————————————

It was believed rabies was eradicated in the last century, but it is back. The cause: the accumulation of abandoned trash and waste. Rabies remains a widespread disease all over the world, and is responsible for tens of thousands of deaths each year. It is usually transmitted by a bite from infected dogs. Rabies is not a disease of the past, it is still present in Tunisia.

狂犬病は前世紀中に駆逐されると信じられていたが、再燃している。原因は放棄されたゴミと残飯の蓄積である。狂犬病は全世界に広がる疾病を維持しており、毎年数万人の死亡の原因である。狂犬病は通常感染した犬の咬傷により伝播される。狂犬病は過去の病気ではない。チュニジアでは未だに存在している。

 

Recently, the locality of Borj Cedria, a southern suburb of Tunis, was declared a rabies-infected area. A child died of this disease as a result of infection. The number of deaths by this anthropozoonose has dramatically increased. 6 cases of rabies were reported in 2013, and 3 in 2014 as of last September, while the average in the past 10 years was a maximum of 2 cases a year and even none between 2001 and 2009, according to the Ministry of Health.

最近、チュニスの南部郊外であるBorj Cedria地方は、狂犬病感染地域であると発表された。一人の子供が狂犬病感染の結果、死亡した。この動物から人に感染する人獣共通感染症による死亡者の数は劇的に増加している。健康省によると、過去10年の平均は年間最大2例で、2001年から2009年までの間は報告が全くなかったのに、2013年に6例、2014年9月現在で3人の狂犬病が報告された。

 

315 cases in 2013

2013年の315例

—————–

According to the OIE, over 70 000 people worldwide die from rabies each year. Rabies is an acute, fatal encephalomyelitis that affects animals and humans, and is one of the most serious and most feared zoonoses the world over. It is an infectious and viral disease most often from the bite of infected dogs, and can kill animals and humans after the onset of symptoms.

OIE(世界獣疫局)によると、毎年世界中で7万人以上の人が狂犬病で亡くなっている。狂犬病は動物や人に感染する急性で致命的な脳脊髄炎である。そして、世界中でもっとも重篤で恐れられている人獣共通感染症の1種である。狂犬病は主に感染した犬の咬傷から起きるウイルス性感染症である。そして、発病後動物や人を死亡させる。

 

The dirt and household trash, industrial and hospital waste are the main cause of canine rabies. Hundreds of stray dogs feed off garbage cans and may contract the rabies virus that they will transmit to humans. According to a veterinary source, 315 cases of canine rabies were reported in 2013, including 3 deaths [sic].

排泄物や家庭のゴミ、工業(廃棄物)や病院の廃棄物が犬の狂犬病の主な原因である。数百頭の放浪犬が台所のゴミ入れから餌をあさり、人に伝播する狂犬病ウイルスに(感染し、)罹患する可能性がある。獣医部門の情報では、2013年に3名の死亡を含む315頭の犬狂犬病が報告された。(原文のまま)

 

360 vaccination centers now open

360カ所のワクチン接種センターが開設中である。

——————————–

A rabies control program has been implemented since 1982, and deaths from the virus were rare. But after the revolution, the control program was lax and the accumulation of waste and trash became the sources of several diseases, including hepatitis and rabies. The only way to prevent this deadly viral disease is through vaccination. The Ministry of Health implemented in all regions of the country 360 centers of vaccination for domestic animals against the disease to prevent any possible contamination of humans in case of bites.

狂犬病制御計画は1982年より実施されており、そのウイルスによる死亡はまれだった。しかし革命後、制御計画の実施が手薄となり、廃棄物やゴミの蓄積は、肝炎や狂犬病を含むいくつかの疾病の原因となった。この致死的ウイルス疾患を防ぐためのただ一つの方法はワクチン接種を通じて行うことである。健康省は、咬傷による人へのいかなる(ウイルス)汚染の可能性を防御するため、国内の全ての行政区で、病気に対する飼育動物のための360カ所のワクチン接種センターを稼働させた。

 

41 000 vaccine doses against rabies were distributed in the regions. The Ministry of Health recommends to separate immediately infected animals from healthy animals, to provide free medical care for everyone bitten by dogs, and to remind everyone that when bitten by a suspicious animal to clean and rinse the wound before going to the closest hospital. Furthermore, municipal services were asked to fight rabies by removing the trash on the streets and taking care of the growing number of stray dogs.[Byline: Neila Gharbi]

狂犬病ワクチン41,000ドーズが行政区に配布された。健康省は健康な動物から感染動物を即座に隔離し、犬に咬まれた人は誰もが無料の医療を受け、さらに疑い動物に咬まれたときは、誰もが一番近い病院に行く前に傷口をきれいにして洗い流すように勧告している。さらに、自治体は路上のゴミ箱を取り除き、放浪犬の数の増加に気をつけることで狂犬病を抑制するよう求められた。

[This account refers to the city of Tunis, not the entire country of Tunisia. Checking the OIE records, animal rabies has been a constant in the country for decades. The present unrest has resulted in the breakdown of civil services and an explosion of the feral dog population feeding on the garbage and trash. Unvaccinated they provide an ample opportunity for this disease to spread in the canine population, and overflow into the human metropolitan population, quite apart from rural cases.

この投稿記事はチュニスの市街地に言及しているのであり、チュニジアの国全体ではない。OIEの記録を調べると、動物の狂犬病は何十年にもわたって国内で絶えず続いている。現在の社会の混乱は、結果として行政機能の崩壊や、残飯やゴミを食べることでの放浪犬の頭数の爆発的増加をもたらしている。ワクチンを打っていない犬は、犬の間でこの病気が拡がるのに良いチャンスをもたらしている。そして、田舎の事例は別として、都市部で暮らす人たちに影響を与える。

PageTop